AdGuard for iOS

【WWDC21】Apple、iOS 15でSafariのWeb拡張機能を追加予定
驚くべきことが起こりました。アップル社は予想に反して、SafariのWeb拡張機能(Web Extensions)をモバイル端末にも搭載することになりました。 これで、すべてのAppleデバイスで使用できる拡張機能の利用が可能になります。
AdGuard for iOS v4.2: YouTube広告ブロック用拡張機能、ルールコンバーター改善など
前バージョンから約4ヶ月をかけて、2つのベータ版を慎重にテストした上でv4.2をリリースしました。 重要な新機能はYouTube広告ブロック用Safari拡張機能です。
iOSのSafariでより効率的にYouTube広告をブロックする方法
YouTube広告表示仕組みの変化に対応したシンプルなiOS用ソリューションを考案しました!AdGuardショートカットの登場と使い方について。
SafariでのYouTube広告表示の対策とこれからについて
Safariのコンテンツブロッキングには、特殊なところが結構あって使いにくい。その結果のひとつが、YouTubeに表示される広告です。なぜこのようなことが起こるのか、そして防ぐことができるのか?
【iOS版AdGuard】システムワイドブロックを設定する方法
iOSでのシステムワイドブロックとは、Safariブラウザ以外、つまり他のアプリやブラウザで、ネットワークレベルで広告やトラッカー(個人情報追跡ソフト)をブロックすることです。お使いのiOSデバイスでの設定方法のご説明です。
AdGuard for iOS v4.1: ネイティブDNSサポートと新「ローレベル設定」
前回のバージョンリリースから2ヶ月を切ったところで、またまたやってきました。iOS版AdGuard 4.1の登場です!何が変わったのかを見てみましょう。
AdGuard for iOS v4.0.4: DNS-over-QUICサポートとSwift Safari Converter
4.0.4アップデートは主に不具合修正と小さな改善ですが、DNS-over-QUICのサポートとSafari Swiftコンバーターも導入しちゃいました。
アップル、Safari Web Extensionsを発表:Safariコンテンツブロッカー利用への影響
Safariの新バージョンは、他ブラウザおの多くが使用しているWebExtensions APIを搭載するとアップルが発表。これは、広告ブロッカーをどう影響するのかについて考えました。
iOS版、ブラウザ拡張機能版、Safari(Mac)版AdGuardの新バージョンで変わったこと
3つの製品のマイナーアップデートをまとめて、変わったことについて書きました。
iOS用AdGuardとAdGuard Proの機能概要|詳しい使い方
iOS用AdGuard/AdGuard Proの機能を徹底的に解説しました。
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!