業界ニュース

【WWDC21】Apple、iOS 15でSafariのWeb拡張機能を追加予定
驚くべきことが起こりました。アップル社は予想に反して、SafariのWeb拡張機能(Web Extensions)をモバイル端末にも搭載することになりました。 これで、すべてのAppleデバイスで使用できる拡張機能の利用が可能になります。
iOSのSafariでより効率的にYouTube広告をブロックする方法
YouTube広告表示仕組みの変化に対応したシンプルなiOS用ソリューションを考案しました!AdGuardショートカットの登場と使い方について。
SafariでのYouTube広告表示の対策とこれからについて
Safariのコンテンツブロッキングには、特殊なところが結構あって使いにくい。その結果のひとつが、YouTubeに表示される広告です。なぜこのようなことが起こるのか、そして防ぐことができるのか?
AdGuard DNS、European Resolver Policyをいち早く採用
AdGuard DNSがEuropean Resolver Policyを採用したことを発表したく思います。 このポリシーとは何か、なぜ採用することになったのかを説明いたします。
AdGuard、偽装トラッカー見つけ出すためウェブをすみずみまでスキャンしました(CNAME追跡対策)
ユーザーの個人情報を追跡するために、トラッキング企業はプライバシーを侵害する方法をどんどん編み出しています。その中でも特に厄介なのが、CNAMEベースのトラッカーです。AdGuardは、ウェブ全体をスキャンして、それらをすべて見つけ出しました。
【iOS 14.5】クッキー代わりになるAppleの新技術「PCM」
ユーザーのウェブ上広告活動を追跡する方法としてのクッキーは、徐々に過去のものになりつつあります。Apple、代替手段として「PCM」を導入。しかし、それはどれだけ優れているのか?調べてみたところ、少なくとも物議を醸すものである。
タダより怖いものはない: 2100万人のユーザー情報が漏えい
数日前にCyberNewsが報じたように、2100万人ものユーザーの資格情報を含むデータベースが人気のハッカーフォーラムで今販売されている。何が起きたのか、また、このような漏えいの危険性は何なのかを把握してみましょう。
“偽装トラッカー”脅威とその対処方法
いわゆる「偽装トラッカー」は、広告ブロッカーを欺いて、ユーザーの個人情報を取得する新方法です。その仕組み、そしてなぜ機能しないのかを説明。
広告ブロッカー・デベロッパー・サミット2019:ブロッカーたち、力をあわせる
9月27日、広告ブロック業界の主要プレイヤーたちがアムステルダムでサミットを開催しました。 AdGuardも参加したので、感想を書きました。
偽広告ブロッカーの話 第2弾|今度はクッキーと詐欺広告も
またまた、Chromeウェブストアにおいて悪意のある偽広告ブロック拡張機能を見つけたので、拡張機能インストールの際は十分ご注意ください。 詳細は本記事にて。
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!