AdGuard DNS

AdGuard DNSは、広告ブロック、プライバシー保護、ペアレンタルコントロールの代替ソリューションです。初期設定が簡単で、端末のプラットフォームやデバイスに関係なく、オンライン広告、トラッカー、フィッシングに対する必要最小限の保護を提供します。
セットアップ方法は?
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
仕組み
どこでも広告をブロック
お気に入りのアプリやゲーム、ウェブサイトの広告、ビデオ広告やバナー広告を非表示にします。多様な広告フィルタが利用でき、定期的に更新されるため、最高のフィルタリング品質を保証します。
プライバシーを保護
個人情報の保護を他の何よりも大切にしています。 AdGuardを使用すると、個人情報を盗もうとするオンライントラッカーや分析システムから個人情報守ることができます。
家族保護モード
ファミリー保護モードを使用すると、通常の広告ブロックとプライバシーセキュリティに加えて、成人向けコンテンツサイトへのアクセスを制御し、セーフサーチをブラウザに適用できます。
フィルタリングのカスタマイズ
特定のアプリやブラウザをフィルタリングしたくないですか?問題ありません。ワンタップでフィルタリングから除外できます。
AdGuard DNSはどのデバイスでも広告をブロックします。またお子様をオンラインで保護する一番簡単な方法です!
FAQ
DNSとは?
DNSとはDomain Name Systemの略です。 インターネットの「アドレス帳」と考えてください。お使いのブラウザやアプリが認知できないドメイン名を、認知できるIPアドレスに変換するためにその「アドレス帳」を使います。
AdGuard DNSとは?
AdGuard DNS は無料でご利用頂けるドメインネームシステムです。現在ご利用中のDNSサーバーからAdGuard DNS に切り替えるだけで広告をブロックできます。
AdGuard DNS はどんな動作をするの?
AdGuard DNS を使用すると、ウェブサイトから広告リクエストが送信されるたびに、AdGuardのサーバーは空応答が返却されます。AdGuardには膨大な数の広告目的ドメイン名のデータベースがあり、このデータベースは定期的に更新されています。
広告をブロックする以外には何ができるの?
We offer two different modes. "Default" mode is for blocking ads, trackers, malware and phishing websites. "Family protection" does the same, but also blocks websites with adult content and enforces "Safe search" option in browsers that provide it.
AdGuardをプライバシー保護重視にするのは何ですか?
AdGuard DNSは、ユーザーのプライバシー安全を確保するためにいくつかの手段を講じています。 DNSCrypt、DNS-over-HTTPS(DoH)プロトコル、DNS-over-TLS(DoT)プロトコルをサポートしております。
DNSCryptとは?
AdGuard DNSでは、通常のクライアント/サーバー間プロトコルの代わりに、特定の暗号化されたプロトコル(DNSCrypt)を使用できます。 これにより、すべてのDNSリクエストが暗号化されるため、リクエストの傍受やそれに続く盗聴や改ざんを防止できます。
DoHとDoTとは?
これらは近代的なセキュアDNSプロトコルであり、ますます人気を集めており、近い将来に業界標準になるつつであります。 両方ともDNSCryptよりも信頼性が高く、両方ともAdGuard DNSでサポートされています。
AdGuard DNSが無料で使える理由は?
We use AdGuard DNS functionality as a part of other AdGuard software, most of which are distributed on a pay-to-use basis. We might also develop a paid version of AdGuard DNS based on the current one, more advanced and with more features.
AdGuard DNSを使用できる端末は?
使用可能デバイスの制限はありません。このページでは、プラットフォームごとに個別の設定マニュアルを参照することができます。
AdGuard DNSが使用するポートは?
AdGuard DNS uses default port 53. In case port 53 is blocked or unavailable, use port 5353 instead.
FAQに記載のない質問があります。どうすればいいですか?
I have some troubles or questions that are not covered by this FAQ. What do I do? You will find everything related to AdGuard DNS on GitHub, or you can just ask us by contacting our support: support@adguard.com. We will answer you as soon as possible.
AdGuard DNSサーバーマップ
New Jersey Chicago Dallas Seattle London Paris Amsterdam Frankfurt Silicon Valley Sydney Tokyo Singapore
AdGuard DNSが使用されていません
デフォルトのAdGuard DNSが設定されています
家族保護モードのAdGuard DNSが設定されています
初期設定ガイド
Windows
macOS
Android
iOS
Ubuntu
ルーター
DNS Privacy
Windows
[スタート]メニューまたはWindows検索でコントロールパネルを開く
[ネットワークとインターネット]カテゴリから[ネットワークと共有センター]を開く
画面の左側にある[アダプタ設定を変更]を開く
[アクティブな接続]を開き、右クリックして[プロパティ]を選択
リストの「インターネットプロトコルバージョン (TCP / IP)」から「プロパティ」を開く
[次のDNSサーバーアドレスを使用する]に次のように入力してください デフォルトサーバーの場合
176.103.130.130
176.103.130.131
ファミリー保護サーバーの場合
176.103.130.132
176.103.130.134
IPv6サーバーをご希望の場合は次のアドレスをご利用ください
デフォルトサーバーの場合
2a00:5a60::ad1:0ff
2a00:5a60::ad2:0ff
ファミリー保護サーバーの場合
2a00:5a60::bad1:0ff
2a00:5a60::bad2:0ff
macOS
Click on Apple icon and go to System Preferences
Click on Network
Select the first connection in your list and click Advanced
Select the DNS tab and add following addresses to the list of DNS servers:
176.103.130.130
176.103.130.131
for "Default" servers;
176.103.130.132
176.103.130.134
for "Family protection" servers.
You can use
2a00:5a60::ad1:0ff
2a00:5a60::ad2:0ff
and
2a00:5a60::bad1:0ff
2a00:5a60::bad2:0ff
addresses respectively for Internet Protocol Version 6 instead.
Android
From the Android Menu home screen, tap Settings
Tap Wi-Fi on the menu. The screen listing all of the available networks will be shown (it is impossible to set custom DNS for mobile connection)
Long press the network you're connected to, and tap Modify Network
On some devices, you may need to check the box for Advanced to see further settings. To adjust your Android DNS settings, you will need to switch the IP settings from DHCP to Static.
Change set DNS 1 and DNS 2 values to following:
176.103.130.130
176.103.130.131
for "Default" servers;
176.103.130.132
176.103.130.134
for "Family protection" servers.
You can use
2a00:5a60::ad1:0ff
2a00:5a60::ad2:0ff
and
2a00:5a60::bad1:0ff
2a00:5a60::bad2:0ff
addresses respectively for Internet Protocol Version 6 instead.
iOS
From the home screen, tap Settings
Choose Wi-Fi in the left menu (it is impossible to configure DNS for mobile networks)
Tap on the name of the currently active network
In the DNS field enter our DNS addresses:
176.103.130.130
176.103.130.131
for "Default" servers;
176.103.130.132
176.103.130.134
for "Family protection" servers.
You can use
2a00:5a60::ad1:0ff
2a00:5a60::ad2:0ff
and
2a00:5a60::bad1:0ff
2a00:5a60::bad2:0ff
addresses respectively for Internet Protocol Version 6 instead.
Ubuntu
Click on Network Icon (top-right panel by default) and click on Edit Connections to open Network Connections Manager.
Find your connection name, highlight it and click on Edit
Now click on IPv4 Settings tab and change the Method to Automatic (DHCP) addresses only.
Type in IP addresses of our DNS servers, separated by commas to the DNS Servers field:
176.103.130.130
176.103.130.131
for "Default" servers;
176.103.130.132
176.103.130.134
for "Family protection" servers.
You can use
2a00:5a60::ad1:0ff
2a00:5a60::ad2:0ff
and
2a00:5a60::bad1:0ff
2a00:5a60::bad2:0ff
addresses respectively for Internet Protocol Version 6 instead.
Click on «Save».
ルーター
Open the preferences for your router Usually you can access it from your browser via a URL (like http://192.168.0.1/ or http://192.168.1.1/). You may be asked to enter the password. If you don't remember it, you can often reset the password by pressing a button on the router itself. Some routers have a specific application which should be already installed on your computer in that case.
Find the DNS settings Look for the DNS letters next to a field which allows two or three sets of numbers, each broken into four groups of one to three numbers.
Enter our DNS server addresses there:
176.103.130.130
176.103.130.131
for "Default" servers;
176.103.130.132
176.103.130.134
for "Family protection" servers.
You can use
2a00:5a60::ad1:0ff
2a00:5a60::ad2:0ff
and
2a00:5a60::bad1:0ff
2a00:5a60::bad2:0ff
addresses respectively for Internet Protocol Version 6 instead.
DNS Privacy
DNSCrypt:
“デフォルト”: sdns://AQIAAAAAAAAAFDE3Ni4xMDMuMTMwLjEzMDo1NDQzINErR_JS3PLCu_iZEIbq95zkSV2LFsigxDIuUso_OQhzIjIuZG5zY3J5cHQuZGVmYXVsdC5uczEuYWRndWFyZC5jb20
“ファミリー保護”: sdns://AQIAAAAAAAAAFDE3Ni4xMDMuMTMwLjEzMjo1NDQzILgxXdexS27jIKRw3C7Wsao5jMnlhvhdRUXWuMm1AFq6ITIuZG5zY3J5cHQuZmFtaWx5Lm5zMS5hZGd1YXJkLmNvbQ
DNS-over-TLS:
dns.adguard.comストリングを“デフォルト”に使うか、dns-family.adguard.comを“ファミリー保護”に使ってください。
DNS-over-HTTPS:
https://dns.adguard.com/dns-queryストリングを“デフォルト”に使うか、https://dns-family.adguard.com/dns-queryを“ファミリー保護”に使ってください。