AdGuard DNS

AdGuard DNSは、広告ブロック、プライバシー保護、ペアレンタルコントロールの代替ソリューションです。初期設定が簡単で、端末のプラットフォームやデバイスに関係なく、オンライン広告、トラッカー、フィッシングに対する必要最小限の保護を提供します。
レビュー 10671 評価
セットアップ方法は?
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
レビュー 10671 評価
セットアップ方法は?
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
どこでも広告をブロック
お気に入りのアプリやゲーム、ウェブサイトの広告、ビデオ広告やバナー広告を非表示にします。多様な広告フィルタが利用でき、定期的に更新されるため、最高のフィルタリング品質を保証します。
プライバシーを保護
ユーザーの個人情報保護は私たちAdGuardの第一優先です。 AdGuardを使用すると、インターネット閲覧中に個人情報を盗もうとするオンライントラッカーや分析システムから、ユーザー様自身とユーザー様の個人情報が保護されます。
家族保護モード
ファミリー保護モードを使用すると、通常の広告ブロックとプライバシーセキュリティに加えて、成人向けコンテンツサイトへのアクセスを制御し、セーフサーチをブラウザに適用できます。
使い方簡単
AdGuard DNSはアプリケーションのインストールなどまったく不要です。Windows、macOS、Android、iOSのどのデバイスでも使用できます。
AdGuard DNSサーバーマップ
AdGuard DNSが使用されていません
デフォルトのAdGuard DNSが設定されています
家族保護モードのAdGuard DNSが設定されています
"フィルタリングなし"AdGuard DNS構成を使用しています
New York Chicago Toronto Dallas Seattle London Paris Amsterdam Frankfurt Los Angeles Sydney Tokyo Singapore Atlanta Seoul
初期設定ガイド
Windows
macOS
Android
iOS
Ubuntu
ルーター
DNS Privacy
[スタート]メニューまたはWindows検索でコントロールパネルを開く
[ネットワークとインターネット]カテゴリから[ネットワークと共有センター]を開く
画面の左側にある[アダプタ設定を変更]を開く
[アクティブな接続]を選択し、右クリックして[プロパティ]を選択
リストの[インターネットプロトコルバージョン4 (TCP / IP)]から[プロパティ]を開く
[次のDNSサーバーアドレスを使用する]を選択して以下のものを入力してください:
IPv4
"デフォルト"サーバーの場合:
94.140.14.14
94.140.15.15
"ファミリー保護"サーバーの場合:
94.140.14.15
94.140.15.16
IPv6
"デフォルト"サーバーの場合:
2a10:50c0::ad1:ff
2a10:50c0::ad2:ff
"ファミリー保護"サーバーの場合:
2a10:50c0::bad1:ff
2a10:50c0::bad2:ff
注:「非フィルタリング」DNSサーバーは安全で信頼性の高い接続を提供しますが、「デフォルト」および「ファミリー」サーバーが行うようなフィルタリングは行いません。使い方などをわからない場合は「非フィルタリング」サーバーを使用しないでください。
IPv4
"非フィルタリング"サーバーの場合:
94.140.14.140
94.140.14.141
IPv6
"非フィルタリング"サーバーの場合:
2a10:50c0::1:ff
2a10:50c0::2:ff
画面左上のAppleアイコンをクリックして、[システム環境設定]に移動します
ネットワーク]をクリックします
リストの最初の接続を選択し、[詳細…]をクリックします
DNS]タブを選択し、「+」を押してDNSサーバのリストに次のアドレスを追加してください:
IPv4
"デフォルト"サーバーの場合:
94.140.14.14
94.140.15.15
"ファミリー保護"サーバーの場合:
94.140.14.15
94.140.15.16
IPv6
"デフォルト"サーバーの場合:
2a10:50c0::ad1:ff
2a10:50c0::ad2:ff
"ファミリー保護"サーバーの場合:
2a10:50c0::bad1:ff
2a10:50c0::bad2:ff
注:「非フィルタリング」DNSサーバーは安全で信頼性の高い接続を提供しますが、「デフォルト」および「ファミリー」サーバーが行うようなフィルタリングは行いません。使い方などをわからない場合は「非フィルタリング」サーバーを使用しないでください。
IPv4
"非フィルタリング"サーバーの場合:
94.140.14.140
94.140.14.141
IPv6
"非フィルタリング"サーバーの場合:
2a10:50c0::1:ff
2a10:50c0::2:ff

AdGuard for Androidの場合

Android版AdGuardをダウンロード。アプリケーションのメインメニューで、設定 -> DNSフィルタリング に移動します。
DNSサーバを変更 を押すと、プロバイダーのリストに AdGuard DNS および AdGuard DNS ファミリープロテクション が表示されます。
それらのいずれかを選択すると、少し経つと下の方に「設定がてきようされました」という通知が表示されて完了です。

その他の場合

Androidメニューから、設定 をタップします
メニューの Wi-Fi (もしくは「接続」→「Wi-Fi」等)をタップします。使用可能なすべてのネットワークをリストする画面が表示されます(※モバイル通信に対してはカスタムDNSを設定することは不可能です)
現在接続しているネットワークを長押しし(もしくは横の⚙アイコンを押すなど、端末によります)、ネットワークの変更詳細 などをタップします
一部のデバイスでは、さらに設定を確認するには詳細設定 のチェックボックスにチェックを入れたりするなどの必要があったりします。Android DNS設定を調整するには、IP設定/IPアドレスを DHCP(動的)から Static(静的)に切り替える必要があります。
DNS 1DNS 2 の値を次のものに変更してください:
IPv4
"デフォルト"サーバーの場合:
94.140.14.14
94.140.15.15
"ファミリー保護"サーバーの場合:
94.140.14.15
94.140.15.16
IPv6
"デフォルト"サーバーの場合:
2a10:50c0::ad1:ff
2a10:50c0::ad2:ff
"ファミリー保護"サーバーの場合:
2a10:50c0::bad1:ff
2a10:50c0::bad2:ff
注:「非フィルタリング」DNSサーバーは安全で信頼性の高い接続を提供しますが、「デフォルト」および「ファミリー」サーバーが行うようなフィルタリングは行いません。使い方などをわからない場合は「非フィルタリング」サーバーを使用しないでください。
IPv4
"非フィルタリング"サーバーの場合:
94.140.14.140
94.140.14.141
IPv6
"非フィルタリング"サーバーの場合:
2a10:50c0::1:ff
2a10:50c0::2:ff

iOS版AdGuardをご利用の場合:

App StoreからiOS版AdGuardをダウンロードします。アプリケーションのメインメニューから、「DNS通信を保護」セクションに移動します。※ プレミアム版をお持ちでない場合は、購入する必要があります。
DNS通信を保護」スイッチをオンにして、「DNSサーバ」をタップします。
AdGuard DNS」または「AdGuard DNSファミリー」を選択します。

その他の場合:

iOS端末のホーム画面から、「設定」をタップします。
Wi-Fi」を選択します(モバイル通信に対してはDNSを構成することはできません)。
現在アクティブなネットワークの名前をタップします。
DNSを構成」をタップし「手動」を選択し、「サーバを追加」で私たちのDNSアドレスを入力してください:
IPv4
"デフォルト"サーバーの場合:
94.140.14.14
94.140.15.15
"ファミリー保護"サーバーの場合:
94.140.14.15
94.140.15.16
IPv6
"デフォルト"サーバーの場合:
2a10:50c0::ad1:ff
2a10:50c0::ad2:ff
"ファミリー保護"サーバーの場合:
2a10:50c0::bad1:ff
2a10:50c0::bad2:ff
注:「非フィルタリング」DNSサーバーは安全で信頼性の高い接続を提供しますが、「デフォルト」および「ファミリー」サーバーが行うようなフィルタリングは行いません。使い方などをわからない場合は「非フィルタリング」サーバーを使用しないでください。
IPv4
"非フィルタリング"サーバーの場合:
94.140.14.140
94.140.14.141
IPv6
"非フィルタリング"サーバーの場合:
2a10:50c0::1:ff
2a10:50c0::2:ff
ネットワークアイコン(デフォルトでは右上のパネル)をクリックし、コネクションを編集をクリックしてNetwork Connections Managerを開きます。
接続名を見つけてハイライトし、編集 をクリックします
IPv4設定]タブをクリックして、[方法]を「自動(DHCP)アドレスのみ」に変更します。
DNSサーバー]フィールドにコンマで区切って次のDNSサーバIPアドレスを入力してください:
IPv4
"デフォルト"サーバーの場合:
94.140.14.14
94.140.15.15
"ファミリー保護"サーバーの場合:
94.140.14.15
94.140.15.16
IPv6
"デフォルト"サーバーの場合:
2a10:50c0::ad1:ff
2a10:50c0::ad2:ff
"ファミリー保護"サーバーの場合:
2a10:50c0::bad1:ff
2a10:50c0::bad2:ff
注:「非フィルタリング」DNSサーバーは安全で信頼性の高い接続を提供しますが、「デフォルト」および「ファミリー」サーバーが行うようなフィルタリングは行いません。使い方などをわからない場合は「非フィルタリング」サーバーを使用しないでください。
IPv4
"非フィルタリング"サーバーの場合:
94.140.14.140
94.140.14.141
IPv6
"非フィルタリング"サーバーの場合:
2a10:50c0::1:ff
2a10:50c0::2:ff
ルーターの設定を開く 通常、URL(http://192.168.0.1/http://192.168.1.1/ など)を介してブラウザからアクセスできます。 パスワードの入力を求められる場合があります。 覚えていない場合は、ルーター自体でボタンを押すことでパスワードをリセットできます。 一部のルーターには、その場合にコンピューターに既にインストールされている特定のアプリケーションがあります。
DNS設定を見つける 数字の2〜3セット(それぞれ1〜3桁数字の4つのグループに分かれる)を入力可能のフィールドの隣にある DNS という文字を探します。
そこに私たちのDNSサーバーアドレスを入力してください:
IPv4
"デフォルト"サーバーの場合:
94.140.14.14
94.140.15.15
"ファミリー保護"サーバーの場合:
94.140.14.15
94.140.15.16
IPv6
"デフォルト"サーバーの場合:
2a10:50c0::ad1:ff
2a10:50c0::ad2:ff
"ファミリー保護"サーバーの場合:
2a10:50c0::bad1:ff
2a10:50c0::bad2:ff
注:「非フィルタリング」DNSサーバーは安全で信頼性の高い接続を提供しますが、「デフォルト」および「ファミリー」サーバーが行うようなフィルタリングは行いません。使い方などをわからない場合は「非フィルタリング」サーバーを使用しないでください。
IPv4
"非フィルタリング"サーバーの場合:
94.140.14.140
94.140.14.141
IPv6
"非フィルタリング"サーバーの場合:
2a10:50c0::1:ff
2a10:50c0::2:ff
DNS-over-HTTPS
これらの文字列をAdGuard DNSの設定に使用してください:
"デフォルト"サーバーの場合:
https://dns.adguard.com/dns-query
"ファミリー保護"サーバーの場合:
https://dns-family.adguard.com/dns-query
"非フィルタリング"サーバーの場合:
https://dns-unfiltered.adguard.com/dns-query
DNS-over-TLS
これらの文字列をAdGuard DNSの設定に使用してください:
"デフォルト"サーバーの場合:
dns.adguard.com
"ファミリー保護"サーバーの場合:
dns-family.adguard.com
"非フィルタリング"サーバーの場合:
dns-unfiltered.adguard.com
DNS-over-QUIC
これらの文字列をAdGuard DNSの設定に使用してください:
"デフォルト"サーバーの場合:
quic://dns.adguard.com
"ファミリー保護"サーバーの場合:
quic://dns-family.adguard.com
"非フィルタリング"サーバーの場合:
quic://dns-unfiltered.adguard.com
DNSCrypt
これらの文字列をAdGuard DNSの設定に使用してください:
"デフォルト"サーバーの場合:
sdns://AQMAAAAAAAAAETk0LjE0MC4xNC4xNDo1NDQzINErR_JS3PLCu_iZEIbq95zkSV2LFsigxDIuUso_OQhzIjIuZG5zY3J5cHQuZGVmYXVsdC5uczEuYWRndWFyZC5jb20
"ファミリー保護"サーバーの場合:
sdns://AQMAAAAAAAAAETk0LjE0MC4xNC4xNTo1NDQzILgxXdexS27jIKRw3C7Wsao5jMnlhvhdRUXWuMm1AFq6ITIuZG5zY3J5cHQuZmFtaWx5Lm5zMS5hZGd1YXJkLmNvbQ
"非フィルタリング"サーバーの場合:
sdns://AQMAAAAAAAAAEjk0LjE0MC4xNC4xNDA6NTQ0MyC16ETWuDo-PhJo62gfvqcN48X6aNvWiBQdvy7AZrLa-iUyLmRuc2NyeXB0LnVuZmlsdGVyZWQubnMxLmFkZ3VhcmQuY29t
モバイル用AdGuardアプリによるDNSプライバシー
AdGuard for AndroidやAdGuard for iOSをお使いの場合、単に、アプリ内DNSサーバー設定で「AdGuard DNS」を選択してご希望のプロトコルタイプをお選びください。詳細な手順はナレッジベースをご覧ください。
AdGuard DNSはどのデバイスでも広告をブロックします。またお子様をオンラインで保護する一番簡単な方法です!
FAQ
DNSとは?
DNSとはDomain Name Systemの略です。 インターネットの「アドレス帳」と考えてください。お使いのブラウザやアプリが認知できないドメイン名を、認知できるIPアドレスに変換するためにその「アドレス帳」を使います。
AdGuard DNSとは?
AdGuard DNS は無料でご利用頂けるドメインネームシステムです。現在ご利用中のDNSサーバーからAdGuard DNS に切り替えるだけで広告をブロックできます。
AdGuard DNS はどんな動作をするの?
AdGuard DNS を使用すると、ウェブサイトから広告リクエストが送信されるたびに、AdGuardのサーバーは空応答が返却されます。AdGuardには膨大な数の広告目的ドメイン名のデータベースがあり、このデータベースは定期的に更新されています。
広告をブロックする以外には何ができるの?
2つの異なるモードを提供しています。「デフォルト」モードは、広告、トラッカー、マルウェア、フィッシングサイトをブロックするためのモードです。「ファミリー保護」も同様ですが、アダルトコンテンツを含むウェブサイトをブロックし、対応しているブラウザでは「セーフサーチ」オプションを強制的にオンにします。
AdGuardをプライバシー保護重視にするのは何ですか?
AdGuard DNSは、ユーザーのプライバシー安全を確保するためにいくつかの手段を講じています。 DNSCrypt、DNS-over-HTTPS(DoH)プロトコル、DNS-over-TLS(DoT)プロトコルをサポートしております。
DNSCryptとは?
AdGuard DNSでは、通常のクライアントとサーバー間プロトコルの代わりに、特定の暗号化されたプロトコル(DNSCrypt)を使用できます。 これにより、すべてのDNSリクエストが暗号化されるため、リクエストの傍受やそれに続く盗聴や改ざんを防止できます。
DoHとDoTとは?
これらは近代的なセキュアDNSプロトコルであり、ますます人気を集めており、近い将来に業界標準になるつつであります。 両方ともDNSCryptよりも信頼性が高く、両方ともAdGuard DNSでサポートされています。
「DoQ」って何?
DNS-over-QUIC(略:DoQ)は新しいDNS暗号化プロトコルで、AdGuard DNSはこれを一番先にサポートし始めているパブリックリゾルバです。では、DoQの優れているところは?DoHやDoTとは異なり、DoQはQUICをトランスポートプロトコルとして使用し、最終的にDNSを本来のUDP上動作に導きます。これによって、QUICが提供する全てのメリットが実現します: すぐに適用される(OOTB)暗号化、接続時間の短縮、データパケットが失われた場合のパフォーマンス向上、など。また、QUICはトランスポートレベルのプロトコルであることが前提となっており、DoHで起こりうるメタデータ漏洩のリスクもありません。
DNSSECとは?
AdGuard DNSは、保存されたDNSレコードの真正性をデジタル署名で検証できるDNSSEC技術をサポートしています。これは、DNS クエリと応答を偽造したり、その内容を変更したりすることを目的とした現在および潜在的な攻撃からの保護を提供すると同時に、他のオンライン脅威からも防御します。
AdGuard DNSが無料で使える理由は?
当社では、AdGuard DNSの機能を他のAdGuard ソフトウェアの一部として使用しており、そのほとんどは有料で配布されています。また、現在のものをベースに、より高度で、より多くの機能を備えたAdGuard DNSの有料版を開発する可能性もあります。
AdGuard DNSを使用できる端末は?
使用可能デバイスの制限はありません。このページでは、プラットフォームごとに個別の設定マニュアルを参照することができます。
AdGuard DNSが使用するポートは?
AdGuard DNS はデフォルトのポート 53 を使用します。ポート 53 がブロックされているか、利用できない場合は、代わりにポート 5353 を使用します。
FAQに記載のない質問があります。どうすればいいですか?
このFAQに載っていないトラブルや疑問がありますが、どうすればいいですか?AdGuard DNS に関連するすべての情報は GitHub にありますが、サポートに連絡して質問することもできます: support@adguard.com(日本語対応)。素早くお答えします。

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは単なる広告ブロッカーではなく、最高のウェブ体験を実現するために必要なすべての機能を組み合わせた多目的ツールです。 広告や危険なウェブサイトをブロックし、ページの読み込みを高速化します。またオンラインでお子様を保護する機能も提供しています。 詳細
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for Mac

他の広告ブロッカーとは異なり、AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されています。 Safariやその他のブラウザの広告を取り除くだけでなく、追跡、フィッシング、不正行為から端末を守ります。 詳細
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Androidデバイスに最適なソリューションです。 AdGuardは他の広告ブロッカーとは対照的に、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。 詳細
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

Safariの最も進んだブロッカー: すべての広告とカウンタをブロックすることに加え、ページの読み込みを高速化や、個人データの保護も行います。 50種類以上のフィルタが用意されているため、好みに応じてフィルタリングを調整できます。 詳細
App Store
からダウンロード

AdGuard拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。 詳細
詳細
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。 詳細
App Store
からダウンロード
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。 詳細

AdGuard DNS

AdGuard DNSは、広告ブロック、プライバシー保護、ペアレンタルコントロールの代替ソリューションです。初期設定が簡単で、端末のプラットフォームやデバイスに関係なく、オンライン広告、トラッカー、フィッシングに対する必要最小限の保護を提供します。 詳細

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。 詳細
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
詳細
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!