メニュー
日本語

Google Play に AdGuard がない理由

長年にわたってよく聞かれる質問のなかで、
「なぜ AdGuard for Android はGoogle Playストアにないのか?」
というものがあります。

簡単に申し上げますと、私たちが決めたことではありません。
Googleの方針が原因です。

2013年3月、サードパーティの「他のプロパティやサービス」をGoogle Play搭載アプリが妨害することを禁じるという、開発者規約のゆるい文言に違反しているとして、グーグルはPlayストアから広告ブロックアプリの削除を開始しました。

翌年、リリースされたばかりのAndroid版AdGuardもこの粛清の影響を受け、2014年11月25日に「AdGuard for Android」はGoogle Playストアから削除されました。
しかし、AdGuard公式ウェブサイトからは今でもダウンロードできます

Google Play には、「AdGuard コンテンツブロッカー」がありますが、このアプリは、Googleの成約の影響で、Samsung Internet ブラウザとYandexブラウザでしか広告をブロックすることができないため、「AdGuard for Android」に比べて機能が容赦無く制限されたものとなっています。
したがって、全アプリで広告をブロックできる「AdGuard for Android」をAdGuard公式ウェブサイトからダウンロードしてご利用いただくのがおすすめです。

このような事態に至った経緯、Playストアの大虐殺の後に私たちがどのようにアプリ配信モデルを適応させたか、なぜGoogle PlayでAdGuardコンテンツブロッカーアプリ(ただしAdGuard for Androidは除く)をまだ見つけることができるのか、そして私たちの今後の希望について詳しく知りたい方は、以下の続きをお読みください。

グーグルによる広告ブロッカーへの取り締まりタイムライン

2013年まで、グーグルはGoogle Playストアにおいて広告ブロックアプリを容認していました。

当時、Google PlayにはAdAway、AdFree、Ad Blocker、AdBlock Plusなど、コンテンツフィルタリング機能を提供するアプリが多数存在していました。

しかし2013年3月13日、グーグルが一夜にして複数の広告ブロックアプリをストアから引き上げたことですべてが変わりました。
アプリの開発者たちは、デベロッパー配布契約の第4.4条に違反したことを知らせる同一の通知をグーグルから受け取ったのです。

これは広告ブロックコミュニティにとって青天の霹靂でした。

「Ad Blocker」がGoogleから受け取った通知のスクリーンショット
「Ad Blocker」がGoogleから受け取った通知
ソース: Pastebin

実際、4.4. 「禁止される行為」の文言は非常に曖昧で、ほぼどんな理由でも、どんなアプリでも削除することができるものでした。
4.4.の文言は以下の通りでした:

あなたは、本ストアの利用において、商品の開発または配布を含め、Androidユーザー、Google、またはモバイルネットワーク事業者を含む(ただし必ずしもこれらに限定されない)第三者のデバイス、サーバー、ネットワーク、またはその他の資産やサービスを妨害、中断、損害、または不正な方法でアクセスする行為を行わないことに同意するものとします。あなたは、本ストアから取得した顧客情報を使用して、本ストアの外部で本製品を販売または配布することはできません。

AdGuard for Android もこの取り締まりを免ることはありませんでした。
2014年11月25日、正式ローンチからわずか2週間でPlayストアから削除されました
口実は同じで、デベロッパー規約の4.4.項違反とのことでした。

しかし、Google Playストアの話はこれで終わりではなかった。
2016年、Googleはそのデベロッパー向けポリシーを微調整し、どのような行為が禁止されているかを明確にし、初めて広告ブロッカーを直接ターゲットとして名指しした。

Googleの開発者規約は広告ブロッカー対象に
Source: Google のデベロッパー向けポリシー

しかし、おもしろい点がある。
この文言だと、自分の中で広告をブロックする広告ブロックアプリ、すなわちブラウザ内広告ブロッカーのような亜p類に対して、多少のゆとりを残していると解釈することができる。

グーグルが広告ブロックを全面的に禁止しなかった理由については、推測することしかできないが、
一説には、サイドローディングを煽り、Safariでの広告ブロックを許可しているアップルを優位に立たせたくなかったとも言われている。

理由は何であれ、広告ブロック系アプリはGoogle Playストアに戻ってきました(ただし、厳しい制限付きで)。

でも、Google PlayにAdGuardアプリがあるようだが?

AdGuard コンテンツブロッカー」というアプリ(※AdGuard for Android と混同しないように)は、Google Playに戻ることができたなアプリの一例です。

2016年7月に行会され、Google Playストアで利用可能な唯一のAdGuardアプリです。

その機能はかなり限定的で、対象のコンテンツブロックAPIをサポートしているブラウザ、YandexまたはSamsung Internetのモバイルブラウザでのみで広告をブロックできます

別のブラウザを使いたい場合や、他のアプリでトラフィックをフィルタリングしたい場合は、AdGuard コンテンツブロッカーは無力です。

アドガードとグーグルの関係のタイムライン
AdGuardとGoogle Playのタイムライン

なぜ一部の広告ブロックアプリはそのままGoogle Playで配布できているのか?

広告ブロッカーができること、できないことに関しては、不確定要素が多い。
グーグルは過去に、広告ブロッカーを許可しているモバイルブラウザ専用に設計された広告ブロッカーも気まぐれでブロックし、気まぐれでブロックを解除したりすることができることを示している。

さらに、Google Playストアには、Blokadaのように、他のアプリで広告をブロックし、すべてのブラウザで動作すると主張するアプリや、DuckDuckGo Private Browser for Androidのようにアプリ内のトラッカーをブロックできる機能を誇るアプリがまだ存在する。

これらのアプリの開発者は、他のアプリに干渉しないため、グーグルのポリシーに準拠していると主張するかもしれない。
しかし、グーグルの場合、絶対にそうとは言い切れない。
グーグルの独自ルールの実施には一貫性がなく、デベロッパーは自分のアプリがルール違反と判断されるかどうかを予想するしかない。

言うまでもなく、グーグルはいつでもポリシーを変更して広告ブロッカーへの締め付けを強化できるため、ストアから引き抜かれるという脅威が、現在も配布されている広告ブロックアプリにとってダモクレスの剣のようにぶら下がっている。

Google Playストアから削除された後の対応

デバイス上のすべてのアプリのトラフィックをフィルタリングする AdGuard for Android がGoogle Playストアを通じて配布できなくなった後、私たちはユーザーにアプリとそのアップデートを提供する別の方法を見つけなければなりませんでした。

そこで、AdGuard for Android をAdGuard公式ウェブサイトやその他のチャネルを通じて配布することにしました。

また、自給自足のアップデート配信システムを構築しましたので、アプリの手動アップデートを心配する必要もありません。

AdGuard for Android は Google Playストアに搭載されていないにもかかわらず、公式ウェブサイトからの配布で AdGuard for Android は現在3000万近くのインストール数を突破しています

もう一つのAdGuardサービスである「パブリック AdGuard DNS」」は、インストールすることなく利用することができ、1日の利用者数は7000万人を超えています。

要するに、Google Playストアなしでも、やれることはあるということです。

AdGuard for Android が Google Play に戻ることはあるのでしょうか?

もちろん、アプリの機能を犠牲にすることなくGoogle Playストアに戻る機会があれば、それを選んだでしょう。
このストアが提供する知名度の向上により、広告ベースのトラッキングをブロックし、プライバシーを保護することができるアプリをより多くの人々に紹介することができます。
現実には、ほとんどのカジュアルユーザーはGoogle Playストアからのみアプリをインストールしており、トラッカーや広告から身を守るチャンスを逃していることになる。
我々は、広告ブロッカーに対するグーグルの制限は不合理であり、反競争的であると考えている。
私たちは、グーグルがその姿勢を改め、蔓延するトラッキング技術と侵略的な広告から身を守るための選択肢とツールを人々に提供することを願っています。

この記事を気に入っていただけましたか?

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
App Store
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。

AdGuard Temp Mail β

匿名性とプライバシーを保護する、無料の捨てメアド(一時メールアドレス)ジェネレーター。メインのメールサービスに迷惑メールは届きません!
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7

AdGuard for Android TV

AdGuard for Android TV は、広告をブロックし、プライバシーを保護し、スマートテレビのファイアウォールとして機能する唯一のアプリです。Webの脅威に関する警告を受け取り、セキュアDNSを使用し、トラフィックを暗号化しましょう。セキュリティを向上して、広告なしでお気に入りの番組をお楽しみください!
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。