メニュー
日本語

ChatGPTベースの検索エンジン:Google検索と競合できる製品の登場か?

新しい検索エンジンが登場するたびに、話題になる傾向がある。

数年前のDuckDuckGoがそうで、昨年はマイクロソフトのCopilot(同社のBing検索エンジンのAI搭載版)もそうだった。

最近では、ジェフ・ベゾス(Amazonの共同創設者)が支援するAI検索スタートアップ、Perplexityにも同じことが起きている。
PerplexityのCEOはすでに、Googleはレガシーで古いものとして見られるようになるだろう」と言い、PerplexityはGoogle検索を歴史のゴミ箱に送るだろうと語っている。
月間約1000万人のユーザーを持つ製品としては、かなり大袈裟な予測ではあるが。

しかし、Google検索の優位性はずっと続いていて、一見崩れそうにないため、世間は新たな潜在的挑戦者が現れるたびに興奮する。

そこで、その次の挑戦者は、ChatGPTを開発した米OpenAIが制作中と言われている検索エンジンになりそうだ。

ウェブ検索用のChatGPT

The Information は、OpenAIが独自の検索エンジンを開発中であると報じた

その検索エンジンが独立したアプリになるのか、それともChatGPTのもう一つの機能になるのかはまだ不明だ。
しかし、この報道によれば、ChatGPTより速く、ChatGPTと同じくらい要約する機能が優れている可能性があるという。

実際、ChatGPTはすでに検索エンジンとして使用することができる。
2023年の秋以降、プレミアムユーザーは手動で有効にする必要がある「Browse with Bing」機能を使ってウェブを検索することができる。

しかし、「Browse with Bing」はまだ大きな話題にならず、Googleユーザーを奪い取れるものにもなっていない。
なぜなら、このChatGPTのブラウジング機能を試してみたところ、驚くほど遅いことがわかりました。
やっぱり、ChatGPTは本来、ウェブ検索のために作られたのではありません。

しかし、もし今回のChatGPTの新機能やOpenAIの新アプリがウェブ検索を念頭において作られているのだとしたら?
Googleを完全に追い落とせるのか、それとも単なる一時的な流行になるのか?

Googleにとって危険な競合となるのか?

OpenAIが検索製品に取り組んでいるという報道は、テックコミュニティの注目を集めた。

米Gizmodoは、(まだ未公開の)その製品や機能がグーグルにとって"災いをもたらす"とまで仮説を立てている。
「アルトマン氏はグーグルにっとって、目覚めることのできない悪夢だ」と、ギズモードのマックスウェル・ゼフは書いていおり
「毎週1億人以上がChatGPTを利用しており、すでにグーグル検索に頼る人の数を減らしているようだ」と論じている。

まあ、仮にそうだとしても(その確たる証拠はないが)、ChatGPTがGoogleの検索市場シェアに大きく食い込んだわけではないことは確かだ。
ウェブ検索市場は成長すると予測されているが、グーグルのシェアは80%前後で推移している。

そして、最新四半期におけるGoogle検索の収益は投資家を失望させ、親会社であるアルファベットが期待していた481億ドルを少し下回った前年同期比では13%増だった。

私たちは以前、このような流れを何回も見てきた

Googleの圧倒的な優位性(インドのようにシェアが90%に達する市場もある)を崩すチャンスがあるとすれば、それは恐らくMicrosoftのBingだろう。

2023年2月初旬にマイクロソフトのAIを強化した検索エンジンが登場したとき、我々ユーザーの多くはその将来性に大いに期待した。
"Microsoft's AI-Boosted Bing Can Run Rings Around Google Search"(マイクロソフトの、AIで強化されたBingはGoogle検索を凌駕できる)とCNETは語り、検索クエリ10個のうち8個でBingの方が優れていると評価した。

そして、私たちAdGuardも感銘を受けた

また、Bingの市場シェアは2位であり10%を占めており、3位のYahooに8%もの差をつけている

つまり、AIは、マイクロソフトの検索エンジンがGoogleと本格的に競争しないまでも、少なくともグーグルに顕著な差をつけるのに役立つ、欠けている材料(一種のスーパーフード)だと思われた。

ところが、検索エンジン市場における真の競争を見たかったのは山々だが、それは今のところ、まだまだ夢物語であることが判明している。

Bloombergが的確に指摘しているように、一部のアナリストが予測していた伝説的な「初iPhoneのような瞬間」は実現していない。
また、刷新されたBing AIをめぐるあらゆる宣伝や騒ぎにもかかわらず、その市場シェアは、AIを搭載したモデルチェンジを発表した時点から1ポイントも増加していない。
バケツの中の一滴であり、大変革ではない。

ただし、誤解しないでほしい。
私たちは、マイクロソフトがすぐに成功を収められなかったことをほくそ笑んでいるわけではない。

しかし、Google検索のライバルになりそうな企業は、今のところ何度も何度も、危険な挑戦者になることに失敗しているように見えるのが現実だ。

これまでのところ、グーグル打倒を試みた企業・ベンチャーはすべてゴールに到達しておらず、無名またはインターネットの墓場に身を置くことになったいくつかの企業のことは本当に残念に思っている。

例えば、広告のない有料検索エンジンNeevaの終焉がその一例で、プライバシー重視の広告なしウェブという壮大で感動的なビジョンは、実現する運命にはなかった
昨年Neevaが閉鎖されたとき、最大の問題は、より良い体験のためにお金を払うようユーザーを説得することではなく、「そもそも新しい検索エンジンを実際に試してもらう気持ちにさせること」だったと、Neevaの共同創設者たちは書いている。

それはあまりにも遍在している

Google検索がプリインストールされたデバイスを使用しているユーザーに対し、新しい検索エンジンに切り替えるよう説得することが、OpenAIの新しいウェブ検索用製品が直面する問題となる。

そしてアルファベット(Googleの親会社)も、そのような状態を確実に維持しようとしている。
昨年、CEOのスンダー・ピンチャイは、iPhoneのデフォルト検索エンジンであり続けるために、グーグルがアップルにSafariの検索収益の36%を支払っていることを明らかにした(様々な推定によると、その金額は180億ドルから200億ドルの間)。

また昨年、Googleが、検索を含むGoogleアプリをデフォルトのオプションにするために、サムスンに4年間で80億ドルを支払うことで合意したことも明らかになった。

グーグルの競合になるであろう企業には、そのような資金があるのだろうか?

このような状況だと、最初から負け戦のように思える。
Chromeユーザーにブラウジングの習慣を改めるよう説得するのは、どれほど苦労しないといけないのか。

OpenAIの新しい検索製品が公開されれば、Google検索のライバルとして上記のような課題のすべてに対応できるのだろうか?
これからの進展でわかることだが、その可能性は高くないだろう。

この記事を気に入っていただけましたか?

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
App Store
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。

AdGuard Temp Mail β

匿名性とプライバシーを保護する、無料の捨てメアド(一時メールアドレス)ジェネレーター。メインのメールサービスに迷惑メールは届きません!
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7

AdGuard for Android TV

AdGuard for Android TV は、広告をブロックし、プライバシーを保護し、スマートテレビのファイアウォールとして機能する唯一のアプリです。Webの脅威に関する警告を受け取り、セキュアDNSを使用し、トラフィックを暗号化しましょう。セキュリティを向上して、広告なしでお気に入りの番組をお楽しみください!
ユーザーレビュー: 13865
星5つのうち4.7
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。