AdGuard for Android v3.6.3: Android 12対応とv4.0に向けての準備

GitHubにあるAdGuard for Androidのリリースノートを読むと、v4.0のリリースが近づいていることがわかります。

私たちはそれを熱烈に待ち望んでいまして、リリース日が毎回長引く時は「まあ今回なら4.0寸前のバージョンで間違いないだろう」と焦ることもありました。

少しバラしますが、こちらがバージョン4.0に登場する新しいメイン画面です

しかし、私たちが言うところのAdGuard for Androidの新しい時代の幕開けは、中間的なアップデートの必要性を排除するものではありませんし、これまでに行われた変更やすべての作業範囲を無効にするものでもありません。
v3.6.3での変更点は多岐にわたりますが、すべては“アプリの中”にあるものです。
以前、このようなタスクは理解するのが難しいため一般ユーザーにとっては興味のないものだと考えていましたが、このような変更は製品の中核をなすものです。

分かりやすいものとしては、Android 12への対応というのがあります。
私たちはAdGuard for Androidバージョン3.6.3を新しいAndroid 12上で徹底的にテストし、100%の互換性を保証できると言っても過言ではありません。
もしあなたがAndroid 12のアーリーテスターの方であれば、ぜひご自身でもお試しください。

v3.6.3アップデートで導入された変更点をさらにいくつかご紹介します。

このバージョンでは、CoreLibs(AdGuard独自のフィルタリングエンジン)の更新に重点を置きました。
つまり、既存の修飾子の優先順位を処理し、いくつかの新しい修飾子を追加しました。
例えば、$denyallow, $redirect-rule, $removeheader, $specifichide
独自の広告フィルタを作成したいと思っているユーザの方なら興味を持ってもらえる変更かと思います。

そのほか、ユーザースクリプトの除外が正しく動作するようにし、見つかった問題/不具合をすべて修正しました。
なかでも、富士通端末での不具合対策もあります。


AdGuardアプリをアップデートして、ぜひご感想を下のコメント欄やSNS・フォーラムでお聞かせください。

皆さんがv4.0を待ち望んでいると思いますが、私たちも同じです。
お待ちいただく価値は絶対にあるという自信だけはあります。

筆/訳: Valery Yanovsky タグ: AdGuard for Android 新バージョン
2021年9月13日
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
【期間限定】最大65%OFF「Back to School」キャンペーンとクイズ
クイズにチャレンジして、AdGuard広告ブロッカーライセンスとAdGuard VPNサブスクリプションの期間限定割引をGET!お得な価格でのご購入を検討されている方はお見逃しなく。
AdGuard VPNが競合製品より優れている理由
AdGuard VPNを他社製品と区別してユニークなものにしている重要なポイントは13個あります。AdGuard VPNがなぜ他に類を見ないのか、そしてその機能を最大限に活用するにはどうすればよいのかを見ていきましょう。
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!