Mac用『AdGuard VPN』の初ベータ版

AdGuard VPN for Macのオープンベータ版の初登場でございます。
この記事には、AdGuard VPN for Windowsの非常によく似たベータリリースについて書かれた双子記事があります。
なぜなら、実際にこの2つの開発は並行して行われましたからです。

Windows版と同様に、このMac版のより安定したベータバージョンは、アルファ版のリリースの4ヶ月後に登場します。

公開されたばかりのアルファ版をユーザーの皆様にお試しいただきましたが、これほど多くの方々からご意見をいただけるとは思いませんでした。
ありがとうございます!

いただいたフィードバックをもとに、ベータ版をリリースする前に、たくさんの修正を行い、たくさんのタスクを解決しました。

"バグを修正する"ということは、よく言われることですが、実際どんな作業なのかあまり説明されることはありません。
今回、私たちはいくつかの実例をあげることにしました。

今回のベータ版では、再起動しても設定やダークテーマがリセットされないようにしたり、前のVPNサーバーから切断せずにVPNサーバーに接続するとIPが変更されるようにしました。
アプリ起動時の自動接続除外リストのインポート/エクスポートクラッシュレポートウィンドウメニューバーの項目などを実装しました。
これ以外にも技術的な作業はたくさんありました。

さらに、過小評価されるべきではない利点の1つは、このAdGuard VPNがAdGuard広告ブロッカーと完全なる互換性があることです。
ぜひ、ご自身で2つのアプリを併用してみてお楽しみください。


AdGuard VPN for Mac betaをインストールして、ぜひ第一印象をお知らせください!

※AdGuard VPN for Macは、現在macOS 10.15 CatalinaとmacOS 11 Big Surに対応しています。より前のバージョンのmacOSへの対応は近日中に導入予定です。

筆者: Valery Yanovsky タグ: AdGuard VPN 新バージョン
2021年5月20日
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
Windows用『AdGuard VPN』の初ベータ版
AdGuard VPN for Windowsのオープンベータ版の初登場でございます。 アルファ版のリリースから4ヶ月が経過し、より安定したベータバージョンをリリースする準備が整いました。
SafariでのYouTube広告表示の対策とこれからについて
Safariのコンテンツブロッキングには、特殊なところが結構あって使いにくい。その結果のひとつが、YouTubeに表示される広告です。なぜこのようなことが起こるのか、そして防ぐことができるのか?
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!