メニュー
日本語

【AdGuardニュース】Redditは広告に優しくなり、米国の監視法にプライバシー重視の修正案、Appleはエコシステムを解放するよう迫られる

【今回のAdGuardニュースダイジェストの内容】

  • Reddit、広告のオプトアウトオプションを一部削除
  • Amazon、Alexaのセキュリティ機能の一部を有料化
  • Apple、自社の閉鎖的なエコシステムを開放するよう迫られる
  • 政府監視団が米国の監視法の一部をプライバシー重視で変更予定
  • Meta、Instagram削除なしThreadsアカウントの削除を可能に

Reddit、広告パーソナライゼーションのオプトアウトオプションを削除

Redditは今年、なかなか失望以外の何物でもありませんでした。
RedditがAPIを使用するためにサードパーティの開発者に課金する動きは最も人気のあるRedditクライアントアプリのいくつかがRedditを辞めることにつながり、インターネット諸君はこれに関してまだ控えめに動揺している。
当時私たちは、この動きの原因はRedditが広告収入を逃したくないからだと推測し(Redditはサードパーティクライアントに表示される広告から利益を得ることができない)、Redditはやはりさらにもう少し評判を犠牲にしてまで広告収入を増やしたいようだ。

Gif_spongebob

同プラットフォームは現在、投稿の作成、コミュニティへの参加、アップボート・ダウンボートなど、Reddit上での行動に基づく広告パーソナライズオプトアウトするオプションを廃止すると発表している。

それを可能にするトグルは、新しい「プライバシー設定」のデザインから消えてしまっている。
Redditは、プラットフォーム上でのあなたの活動に基づく広告パーソナライズをオプトアウトするオプションは、まだ不明な「特定の場所」にのみ残ると述べた。

ビフォー:

Before

アフター:

After

ポジティブな点として、Redditは、アルコール、ギャンブル、妊娠、減量など、特定のデリケートなカテゴリーからの広告を「より少なく」表示するオプションをユーザーに提供すると述べた。

広告パーソナライゼーションの一部からオプトアウトする機能を削除するというレディットの決定は、ユーザーエクスペリエンスにはさほど影響しないと主張しているが、それほどシンプルな話ではない。
ユーザーが目にする広告の数は変わらないかもしれないが、高度にターゲット化され、ウェブ上でストーカーされているような不気味な感覚を味わうことになる。
さらに重要なのは、以前は広告パーソナライゼーションをオプトアウトすることで、Redditが個人情報収集をある程度防いでいた期待があったものの、今はそれもなくなっている。

残念なことに、Redditは過剰なユーザーデータ収集という方向に向かっていると思われます。

Amazon、Alexaのセキュリティ機能の一部を有料化(ペイウォールでロック)

私たちは、音声アシスタントが常にあなたの話を聞き、録音されたデータを業者と共有していることについて警戒する、プライバシーにうるさい人間です。

しかし、音声アシスタントが偉大な助っ人でもあることは明らかです。
なかでも、煙やCOを検知するアレクサの機能は、全ユーザーが利用できる数多くの便利な機能のひとつでした。
しかし、それも長くは続かない。

アマゾンは、ガラス破りの音検知と同様に、これらの機能を有料化すると発表したThe Vergeが報じた
これらの機能は今まではAmazon Echoデバイスの標準機能セットの一部だったが、2024年10月からはサブスクリプションが必要になる。
料金は5.99ドル(約890円)からスタートし、Amazonプライム会員の場合はそのままだが、一般の場合は猶予期間を経て月額14.99ドル(約2,200円)に上がる。

これはアマゾンによる残念な動きであり、特にアレクサのユーザーにとっては、便利な機能がなくなるだけでなく、命を救う可能性のある有用機能がなくなるレベルになるからだ。
他のほとんど役に立たない機能(迷惑な"by the way"サジェストとは異なり、これらの機能は実際に生命や財産を救う可能性がある。

このことを念頭に置けば、アマゾンのミッション・ステートメント「地球上で最も顧客中心の企業になる」は、ますます冗談のように聞こえ始めている。

EU、アップルに対し、エコシステムを開放するよう求める

EUはアップルに対し、その閉鎖的エコシステムを競合他社に開放するよう再び要求した
EUの業界責任者であるティエリー・ブルトンは、アップルがデジタル経済の「ゲートキーパーら」を対象としたEUの新しい競争法である「DMA」(Digital Markets Act=デジタル市場法)に準拠するよう急ぐ必要があることを示唆した。

Gif_open_the_gates

ブルトン氏は、iPhoneユーザーはアップルの自社製品に縛られるのではなく、電子財布、ブラウザー、アプリストアの異なるサービスから選択する自由を持つべきだと述べた。

つまり、EUはAppleに対し、アップル・ペイだけでなく、PayPalやVenmoのような別の電子財布を利用できるようにすることを期待しているのだ。
また、Safari以外のブラウザも試せるようにすべき(Safariはブラウザとして決して最悪の選択肢ではないが、選択肢があることが重要)だという。
そして、F-Droidのような独立したサードパーティーストアや開発者のウェブサイトなど、App Storeとは別のソースからアプリをダウンロードできるようにすべきだという((アンドロイドユーザーはすでにダウンロードできる))。

アップルは、その高いセキュリティとプライバシー基準のためにエコシステムをクローズド(閉鎖的)に保つ必要があると主張しているが、ブルトンはこの主張に異議を唱え、DMAはセキュリティやプライバシーを損なわないと述べた。

アップルは9月、欧州委員会から正式に6つのゲートキーパーのひとつに指定された(残りの5社はメタ、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、バイトダンス)。
これは、アップルが遅くとも2024年3月6日までにDMAに準拠しなければならないことを意味する。
アップルはこの変更に抵抗しており、ギリギリまで延期しているようだが、その期限はとうに過ぎている。

私たちは長い間、アプリストア市場におけるグーグルとアップルの二社独占が、高額な手数料、不透明な審査プロセス、一貫性のない開発者ルール実施で、開発者とユーザーの双方を苦しめていると主張してきた。

DMAが施行され、競争が激化することで、アプリストアがアプリを奪い合うようになり、手数料の引き下げや審査プリセスの改善が促されることを期待しています。

米監視機関、令状なき監視の抑制を提言...ついに実現か

米連邦政府のプライバシー・自由監視委員会(PCLOB)は、同国の現行の監視法に対する珍しい批判を発表した。
『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙が報じたところによれば、この監視団は賛否両論ある決定の中で、悪名高い外国情報監視法(FISA)は「プライバシーと市民的自由の重大なリスクをもたらす」と認定した。

年末に期限切れとなるFISAは、その702条で外国人へのスパイ活動を許可する一方で、令状なしにアメリカ人の個人情報を掃引するため、広く非難されている。
監視団の多数派は、この条項の廃止を求めず、代わりに法律の範囲を制限するための複数の修正案を提案した。
修正案のうちのひとつは、アメリカ人に関連する傍受されたデータにアクセスする前に、(ほとんどの場合)まずは裁判所の承認を得ることを情報機関に義務付けるというものだ。

これは、反プライバシー的なこの法律の改正を求める圧力が高まっていることを示す歓迎すべき兆候である。
1978年までさかのぼるこの法律は、いまだにアメリカの情報機関によって大いに利用されている。
昨年、機関らは米国市民のデータに対して340万件という驚異的な令状なし捜索を行った
これは前年から大幅の増加だった。
これらの捜索のほとんどは、安全保障上の懸念によって正当化されたものではなく、無作為に行われたものだと考えても間違いではないだろう。

このような大量監視は、現在ではなく過去に追いやるべきだというのが私たちの確固たる信念です。

Threads、インスタグラムを失うことなくアカウント削除が可能に

Metaが大々的に発表し、今では忘れ去られかけのテキストベースのソーシャルネットワークThreads(スレッズ)を覚えていますか?
「プライバシーの悪夢」として広く認識されてきたこのネットワークが、ついにInstagramのプロフィールを削除することなくアカウントを削除できるオプションをユーザーに提供する予定。
スレッズのための独立したアカウント削除機能は、12月までに利用可能になると予想されている。

以前は、ユーザーはThreadsを無効にするか、非公開に設定することしかできなかったが、それでMetaはThreadsのデータを保存し、使用することができていた。

スレッズは7月に立ち上げられ、短期間で1億人のサインアップを集め、大々的に宣伝された。
しかし、それ以来、このプラットフォームの人気は急落し、現在の月間ユーザー数はわずか2,370万人と推定されている。
また、fediverse(Mastodonも含まれる複数の分散型ソーシャルプラットフォームのネットワーク)との約束されている統合など、いくつかの重要な機能もまだ導入されていない状態である。

アカウント削除ボタンは歓迎すべき追加機能だが、Threadsやその他のMetaサービスが抱える他の多くの問題、特にプライバシーの分野(Threadsのプライバシー系問題について以前にも書いたことがあります)への対処にはなりません。
そのため、Threadsのアカウントを自分で削除できたとしても、プライバシー懸念に対しては大した慰めにはなりません。

この記事を気に入っていただけましたか?

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
App Store
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。

AdGuard Temp Mail β

匿名性とプライバシーを保護する、無料の捨てメアド(一時メールアドレス)ジェネレーター。メインのメールサービスに迷惑メールは届きません!
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7

AdGuard for Android TV

AdGuard for Android TV は、広告をブロックし、プライバシーを保護し、スマートテレビのファイアウォールとして機能する唯一のアプリです。Webの脅威に関する警告を受け取り、セキュアDNSを使用し、トラフィックを暗号化しましょう。セキュリティを向上して、広告なしでお気に入りの番組をお楽しみください!
ユーザーレビュー: 13935
星5つのうち4.7
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。