メニュー
日本語

Metaの新SNS「Threads」を徹底解説 プライバシー面での懸念点

メタ社の新しいテキスト・動画・画像共有SNS「Threads」(スレッズ)は、ローンチから5日間で1億人の登録者を獲得し、ChatGPTの最速成長アプリ記録を更新するなど、ソーシャルメディアシーンに華々しく登場した。

一部では「Twitterキラー」のレッテルを貼られ(イーロン・マスク所有のプラットフォームはすでに不調だったと主張する人も多いだろうが)、Threadsは7月6日のデビュー直後から人気が急上昇した。

Threadsをめぐる話題は、ローンチから2週間を経て(特にEU圏を除く地域では)やや沈静化した。
新しく作られたこのアプリは、最初の熱狂の後、デイリーアクティブユーザー(DAU)とエンゲージメントを失っている
これは確かに良い兆候ではないが、死の前兆とも言い難い。

Threadsに対するこれまでの反応は正反対である。
退屈で失敗する運命にあると言う人もいれば、究極のTwitter代替SNSになる最高のチャンスだと主張する人もいる。

Threadsが急浮上するのか、それとも「Google+」のように沈没するのかは、まだわからない。

Threadsの機能はまだ初歩的なものだ。
例えば、Threads上でDMを送ることはできないし、Metaはまだfediverseに接続するという約束も果たしていない。
fediverseとは、互いにデータを共有できる独立したサーバーのネットワークで、TwitterのライバルであるMastodonもfediverseにいる。

Threadsには今のところ広告はないが、それはすぐに変わるだろう。

そして、Threadsに広告が掲載されるようになれば、ユーザーから収集されたデータをもとに広告が掲載されるようになるだろう。

だからこそ、Threadsのデータ収集がどのように機能しているのかを知ることが重要なのです。

その他にも、

  • なぜMetaはEU圏をローンチ対象外にしたのか
  • Threadsのアカウントを削除するとどのような影響があるのか

といった重要かつ切実な疑問があります。

ガイド的な本記事では、それらすべてにお答えします。

Threadsはどのようなデータを収集するのか?

Threadsは時間の経過とともに機能を追加し、よりユーザーフレンドリーになる可能性が高いが、はるかに大きな懸念は、機密性の高いユーザーデータに対する貪欲さであり、これがなくなることはないだろう。

Top10VPNによる調査によると、Threadsは、Twitterよりも45%多くの個人情報を収集している。
しかし不思議なことに、ThreadsはTwitterとは異なり、ウェブ上であなたを追跡するために使用できるデータは収集しないと主張している。
なお、App Storeのプライバシーラベルでこれを主張しているが、プライバシーラベルはアプリメーカーによる自己申告であり、アップルによる検証は行われていない。

App Storeにおけるスレッズのプライバシーラベル

Threadsが収集しているデータ(自己主張) ソース:アップルのApp Store

TwitterのApp Store上プライバシーラベル

Twitterが収集しているデータ(自己主張) ソース:アップルのApp Store

前述したように、これは、Threadsが収集するデータのほうが少ないという意味ではない。
実際のところ、ThreadsはTwitterよりも多くのデータを収集している。
「あなたのオンラインIDにリンクされたデータ」カテゴリーでは、Threadsは健康とフィットネス、金融情報に関するデータと機密情報を収集していると述べている。
App Storeの開発者向けガイドラインによると、後者の「機密情報」は性的指向、妊娠・出産情報、宗教的・政治的信条、生体情報、遺伝情報、人種・民族情報、労働組合への加入など、あらゆるものを意味する。

アップルのデベロッパーズガイドにある「機密情報」の説明
ソース: Appleのデベロッパ向けガイドライン

ユーザーの立場からすれば、最も重要なことは、収集されたデータがどのように使用されるか、もしくはどのような使用が意図されているかということである。

そういう意味では、「サードパーティ広告」(第三者による広告)というデータ使用目的が要注意です。
なぜかというと、この目的のために収集されたデータは、第三者と「共有」(実質的には売却)される可能性があり、第三者による広告のターゲティングが可能になるからです。

スレッズはサードパーティ広告目的のために、以下のデータをマーケティング担当者らと共有することができます:
購入履歴、財務情報、正確な位置を含む位置情報、物理的な住所、メールアドレス、名前と電話番号、連絡先、写真やビデオなどの投稿コンテンツ、検索履歴、閲覧履歴、使用状況データ、診断データ、および「その他のデータ」

一方Twitterであれば、第三者による広告のために、すべての連絡先のうちメールアドレスのみを使用し、財務情報は使用しないと主張している。
ただし、もう一度言いますが、これらのApp Store上「このアプリはこのようなデータを収集しますよ」というラベルは基本的にアプリの自己申告であるため、それなりの用心が必要である。

でもサードパーティ広告といっても、Threadsには広告ないんじゃないの?
と思われるかもしれません。

はい、今のところ、Threadsは、(自分を「Threads, an Instagram app」と名付け、Instagramの不可欠な一部であると主張しているにもかかわらず)広告を表示していない。

インスタグラムはメタ社にとって巨大な広告収入源だ。
2022年には、インスタグラムの広告がメタの収益の約44%を占め、2025年までにメタの主な収益源としてフェイスブックを上回ると予想されている。

App StoreでのThreads
App Storeにおいて、スレッズは自分を「Threads, an Instagram app」(インスタグラムのアプリであるスレッズ)と名付けている

MetaのThreadsアプリに広告を期待する

Threadsにはまだ広告がないかもしれないが、MetaのCEOであるマーク・ザッカーバーグは、アプリが十分に大きくなり、「10億人への明確な道筋」に達したら、どうやって現金化するかを考え始めるだろうとほのめかしている。

Instagramの“やり方”からすれば、遅かれ早かれThreadsにも広告が大量に登場する可能性が高いと言えるだろう。

ザッカーバーグ氏のスレッズへのメッセージのスクリーンショット

広告主はすでに列をなしていると言われており、広告のターゲットを絞るために利用できるThreadsのユーザーデータへの広範なアクセスを手に入れられるという見通しに目を輝かせている。

メタ社は早ければ今年中にもスレッズに広告を導入し始めるかもしれないという話もあり、ある広告担当幹部はスレッズがクリスマス休暇前に広告を表示し始めるかもしれないとSlate誌に語った

そこで、EUでThreadsアプリは現在提供されていないという事実もあります。

Metaは今年の第1四半期に欧州市場で63億ドルを売り上げた
EUでアプリを利用できるようにしないことで、潜在的な広告売上で数十億ドルを逃すリスクがある。

では、なぜEUでアプリがリリースされていないのだろうか?

ThreadsがEUで利用できない理由

Threadsは100カ国以上でローンチされているが、EU加盟国はその中には含まれていない。

さらに、Meta社は、EUに拠点を置くユーザーがVPN経由でThreadsにアクセスすることをブロックしていることも確認した

この異常な排斥の理由は、厳格なヨーロッパのデータ保護とプライバシーに関する法律で、違反すると多額の罰金が科されるため、Metaはそれに抵触することを恐れているようだ。

Meta社は最近、欧州の裁判所で苦境に立たされている。
7月初め、欧州司法裁判所は、「正当な利益」(GDPR上、企業がユーザーデータを処理するために主張できる6つの法的根拠のうちの1つ)は、Metaの行動ターゲティング広告運用には適切ではないと判断した。
裁判所は、Meta社は広告でユーザーをターゲットにする前にユーザーの同意を得なければならないとし、Meta社の広告ベースビジネスモデルに大きな打撃を与えた。

メタ社はすでに1月、フェイスブックを利用する前提としてパーソナライズされた広告をユーザーに受け入れさせたとして4億1,400万ドルの罰金を科せられた後、データ処理の法的根拠を「契約上の必要性」から「正当な利益」に変更しなければならなかった。
これで、Metaにはもう選択肢がなくなっているようだ。

メタのような「ゲートキーパー」らの権限を抑制することを目的としたEUの新法、デジタル市場法(DMA)の施行が迫っており、EUで広告ビジネスを維持する同社の仕事はさらに難しくなっている。

Metaの情報源を引用して、Guardian紙は、DMAがThreadsのEUでの発売「延期」の主な理由であると報じた。
DMAの第5条(a)によると、ゲートキーパーは、自社のコア・プラットフォーム・サービスのいずれから発信された個人データを、自社のコア・サービスのもう一つのものから発信された個人データと組み合わせてはならない、またはサードパーティ・サービスからの個人データと組み合わせてはならない。

つまり、MetaがInstagramとThreadsという2つの別個のサービスから得たデータを組み合わせ、ユーザーの詳細なプロファイルを作成し、パーソナライズされた広告のターゲットを絞った場合、DMAに違反する可能性があるということだ。

そして、ここがおそらく最もおおしろいところだ。
スレッズは本当に別のアプリなのか?

スレッズとインスタグラム:切っても切れないコンビ?

Threadsは拡大し続けるMetaファミリーの一部であり、WhatsAppのような独立したメンバーとは異なり、厳密にはMetaのもう一つのサービスであるInstagramの子孫である。

InstagramとThreadsは、多くの人が奇妙に感じるであろう方法でくっついている:
ThreadsはGoogle Play StoreやApple App Storeで独自のアプリとして載っているが、Instagramを削除せずにThreadsのアカウントを削除することはできない。

Threadsのプライバシー設定をクリックしても、変更できる項目は非常に限られており、さらに細かく設定するには「other privacy settings」(その他のプライバシー設定)をタップする必要がある。

Threads のプライバシー設定
Threads の profile settings のスクリーンショット

インスタグラムと一緒にしかスレッズを削除できないというのは、ユーザーの選択肢とデータに対するコントロールを制限することになり、不公平に思える。
Threadsしか停止するができないので、MetaにはThreadsのデータを保存して使用する抜け道が残されている。

これは、プライバシーとアプリの透明性を気にするすべての人にとって大きな赤信号だ。
Threadsのプライバシーポリシーには、
「Instagramの設定で、あなたのThreads情報を閲覧、管理、ダウンロード、削除するためのさまざまなツールを提供しています」
とあり、この文言を意図的に曖昧にしている様子だ。

結論:Threadsのデータプライバシーへの影響

Threadsの急成長は、大きな関心を呼び起こしたが、同時に、そのデータ収集慣行、Instagramへの依存、より厳格なプライバシーおよびデータ保護法が存在するEUではローンチしてないことに関する深刻なプライバシー上懸念も生み出している。

利用するしないにかかわらず、共有する内容には注意しましょう。
Metaにデータが使用されるかもしれないし、データを削除しようろ思えばInstagramのアカウントも削除しなければならないかもしれない。

この記事を気に入っていただけましたか?
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7
App Store
からダウンロード
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 12775
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。