メニュー
日本語

App StoreとGoogle Playの問題 (アプリ開発者目線)

歴史的に、アプリストアには「仲間」が少なく、「敵」が多い。
まあ敵というのは文字通りではありませんが、とにかくアプリストアに深刻な問題を抱えた人、会社、組織がたくさんいます。
その理由の1つは、アプリストアが課す莫大な手数料です。
(まっとうにお金を稼ごうとしているアプリ開発者であれば、30%は冗談じゃないレベルです)。
もう一つの理由は、アプリストアがアプリを独占し、完全に管理していることです。

その結果、アプリストアの市場支配力を低下させることを目的とした様々な訴訟(Epic Games対Apple訴訟が有名な例)や政府の取り組みに関するニュースを耳にすることが多くなっています。
このような取り組みは、すでにロシア韓国オランダで行われています。
そして最後に、米国上院司法委員会は、法律となった場合状況を劇的に変化させ、GoogleとAppleにアプリストアの完全な支配を放棄させる法案を可決しました。
これは、とりわけ、アプリのサイドローディングや代替支払処理ツールの使用が可能になることを意味します。

しかし、営利団体である私たちAdGuardが、法外なストア手数料に関する不満をここでお話しするわけではありません。
それは、重要でないからではなく、AdGuardの私たちは、何よりもまず、自分たちをソフトウェア・エンジニアだと考えているからです。
私たちの最優先事項は、ソフトウェアの開発で良い仕事をすること、そしてこの世界に何か新しいもの、実際に役立つものをもたらすことです。
なので、この記事ではその点に注目したいと思います。

美しい理念と残酷な現実

コンセプトとしては、アプリストアは実に素晴らしいものです。
ストアからアプリをインストールするのは簡単だし、開発者にとっては、配布、アップデート、支払い処理など、さまざまな面倒が見られます。
もちろん、アプリストアがアプリのセキュリティと一定レベルの品質を多かれ少なかれ保証していることは言うまでもありません。

しかし、悲しいことに、時が経つにつれて、アプリストアのガイドラインは大きくなっていきました。
アプリストアのガイドラインは、セキュリティや品質に関する定義にとどまらなくなってきたのです。
競合他社を蹴落とすためという理由だけでは説明しきれない、さまざまな制約が生まれたのです。

複数のアプリを開発し、人気アプリストアにアップロードしている私たちは、「どうすればアプリを改善できるか」ではなく、「Apple/Google審査でリジェクトされないためにはどうすればいいか」という観点で考えるようにプレッシャーをかけられているのです。
こんなアプローチは、どのようにイノベーションを促進できるのか?

さらに付け加えると、「ゲームのルール」は存在しないのです。
どんなに詳細なガイドラインがあっても、異なる解釈の余地があるのです。

ああ、あなたは新しい機能を思いついたので、それがあなたのアプリをストアから削除する理由になるかどうか知りたいですか?
残念ですが、それを確認する唯一の方法は、時間とリソースを費やして新機能を実装し、アプリを審査に出し、神に祈ることだけです。
私たちはその経験をかなり積んできています。
この経験は常にポジティブだったとは言えません。GoogleのGoogle PlayストアとAppleのApp Store([1], [2] )の両方で、AdGuardアプリを削除される経験があります。

しかし、この2つの大アプリストアは、互いに比べて大きな違いがあります。

Googleだと、通常、アプリの新バージョンはストア審査を通ることを期待することができます。
しかし、あなたのアプリは、どの瞬間でもストアから追い出される可能性があります。
それが起こった場合、Google Playストアのサポートなどに連絡がほぼとれません。標準化されたボットの応答しか返ってこないのです。
Playストアにアプリがないことは、どんなビジネスにとっても悪夢です。
しかし、少なくともAndroidにはアプリをサイドロードするオプション(いわゆる「野良アプリ」)があるため、本当に作りたいのであれば、Googleが作らせたいアプリではなく、自分が思い描くアプリを作る余裕はあります。

AppleのApp Storeは全く別の話です。
もしレビュアーがあなたのアプリを気に入らず、数あるApp Storeのガイドラインのいずれかに従っていないと判断した場合でも、彼らに連絡を取って考えを変えてもらうよう試みることができます。
私(Andrey Meshkov)自身、App Storeのレビューチームの担当者と何度も電話をして、彼らの判断を変えてもらおうとしましたが、そのほとんどは成功しませんでしたが、私はこの機会に感謝しています。

しかし、ある電話は私の記憶に深く刻み込まれている。
余計なことは省き、彼らが言っているルール条項は私のケースには適用できないと主張したのです(そして、私は現在でもその主張を貫いています)。
ある時、言い争うのに疲れたのか、アップルの審査担当者はこう答えた。

いいか、私たちはアップルだ。これは私たちのルールであり、私たちはそれを好きなように解釈する。あなたにできることは従うだけ。

それに対する反論はなかなか出てこない。
あとは、その時点でできていたことの半分をロールバックし、残った機能でアプリを公開するしかありませんでした。
そして、AdGuard for iOSを見るたびに、もっといろいろなことができたはずだと思い、少し寂しくなります。

エピローグ

誤解のないようにお願いします。
私Andrey Meshkovは、アプリストアが悪の化身であり、みんなはアプリを手動でインストールすることに喜んで戻るべきだという意見を支持するものではありません。
しかし、現在のアプリストアは、開発者を制限し、開発者の創造性を阻害していると断言します。
その点では進歩が見られず、制限の数は増え続けているだけです。

この問題に対する簡単な解決策はないと思いますし、この記事は解決策を提供することを意図したものではありません。
結局のところ、AppleやGoogleのような企業は、無作為に人を雇うことはほとんどないのです。
彼らは皆、非常に知的な人物であり、また別の開発者からこれ以上アドバイスを受ける必要はないのです。
私はただ、私たちの話が天秤の一点になり、AppleとGoogleが開発者と開発者の動機についてほんの少しでもよりよく理解する助けになると信じたいのです。


本記事の英語原文はAdGuardのCo-Founder & CTOのAndrey Meshkovが書きました。

コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
バレンタインキャンペーン 💚
大切な人や身近な人に、安全でクリーンなインターネットをプレゼントしていかがでしょうか。期間限定割引実施中💚
【AdGuard for Windows v7.9】DNS bootstrap設定機能とパフォーマンス改善
1つのベータ版と2つのリリース候補版を経て、AdGuard for Windows v7.9リリースに至りました。 DNS設定での新ブートストラップ機能、UI改善、パフォーマンス向上など。
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。