【AdGuard for Mac v2.6】DNSフィルタリング, Apple Silicon対応, Montereyに対応

朗報!AdGuard for MacにDNSフィルタリングとApple Siliconのネイティブサポートが追加されました。
これらの機能は、以前からベータテスターの方々にご利用いただいていましたが、本日ようやくリリースポイントに到達しましたので、すべてのユーザーの皆様にご利用いただけるようにばりました。

DNSフィルタリング

多くのユーザーから、AdGuard for MacにいつDNSフィルタリングが追加されるのかという質問を受けました。
この機能は、Windows版、Android版、iOS版AdGuardに前から実装されており、私たちのMac版アプリに統合する時もついに来ました。

アプリ設定にDNS設定に関する個別タブを追加しました

「でもこの機能は私には何の得があるの?」
と思われるかもしれません。

これからは、ISPがデフォルトで提供するDNSサーバーに頼る必要はなく、既知のDNSプロバイダからDNSサーバーを選んだり、カスタムDNSサーバーを追加したりと、自由に選択することができるのです。
また、DNSブロックリストやホワイトリストにドメインを追加したり、DNSルール構文を使って複雑なルールを追加したりすることもできます。
さらに、お好みのDNSフィルタを追加することもできます。様々なフィルターとそのリンクはこちらをご覧ください。

もちろん、DNSCrypt、DoH、DoT、DoQなどのプロトコルにも対応しています。
なお、AdGuard DNSは、最先端のDNS-over-QUICプロトコルをサポートする最初のパブリックDNSリゾルバとなっています。

Appleシリコンネイティブサポート

М1に対応し、AdGuard for MacはApple Silicon上で動作するように完全に最適化されています。
この意味がよくわからないという方は、M1をサポートしたAdGuard for Safariのリリースを紹介した別のブログ記事をお読みいただくことをお勧めします。

実は、AdGuard for MacのM1対応は、ベータ版やナイトリー版で随分前に実装されていたのですが、今回ようやく全てのユーザーに提供されることになりました。

Montereyサポート

macOS Montereyは、今年の秋に登場する最新のmacOSバージョンの名称です。
AdGuard for Mac v2.6とmacOS Montereyの互換性をテストしたところ、両者はシームレスに動作しました。
あとは、最新のmacOS 12がリリースされるのを待って、その上でAdGuardを試すだけです。


いつものように、変更点の完全なリストはGitHubでご確認いただけます。

新バージョンを気に入っていただけると幸いです。
皆様からのフィードバックをお待ちしておりますので、ご意見やご感想をぜひ下のコメント欄やソーシャルネットワークでお聞かせください。

筆/訳: Valery Yanovsky タグ: AdGuard for Mac 新バージョン リリースノート
2021年10月16日
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
【AdGuard for Windows v7.7】DNS-over-QUIC対応, CoreLibs更新, 新DNS設定
AdGuard for Windowsの最新バージョンは、できる限り多くのバグを取り除くための最終的な研磨です。また、いくつかの新しい設定も追加いたしました。
【AdGuardニュースまとめ】アドレスバーに広告, FB故障後でも自信満々のザッカーバーグ, アプリがまた端末上写真をスキャン
今回のダイジェストは、気分を盛り上げるようなものではありませんが、重要なことを取り上げています。10月前半にはすでに多くのことが起こりましたが、おそらくこれからも大きな変化が起こるでしょう。
AdGuardのダウンロードが開始しました インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! モバイル端末にもAdGuardをインストール: