iOS版『AdGuard VPN』v1.0.5: より速いサーバー、対象外リストへの即追加、ショートカット

AdGuard VPN for iOS バージョン1.0.5を紹介いたします!初のベータ版が正式にリリースされてから2ヶ月半が経過しました。当時と現在を比べて一体何が変わったのでしょうか。

まず第一に、AdGuard VPNサーバーは、以前よりもはるかに高速に動作するようになりました。これは実際に目に見えて感じられる変化です。ベータ版からご利用いただいている場合は、違いを感じられるはずです。

そして、主な新機能の登場です。直接ブラウザからVPN対象外リストにウェブサイトを追加することができるようになりました(現在SafariとChromeに対応しています)。
もう、アプリを開いてドメインやサブドメインを手動で入力する必要はありません。

「VPN対象外リスト」とは、特定のウェブサイトだけでVPNをオフにしていたい場合に役立つAdGuard VPNのアプリ内機能です。

【現在ブラウザで開いているサイトをVPN対象外リストに追加する方法】
①ブラウザの共有メニュー → AdGuard VPN

②「無効にする」を押す → サイトがVPN対象外リストに追加され、完了です。このサイトでのVPNはオフになります。

(このサイトで再びVPNをオンにするには、対象外リストで、サイト横チェックボックスのチェックを外すか、リストからサイトを削除してください。)

こちらの流れのGIFも参考にしてください。

次に、便利性を少し向上させるためのマイナーな機能です。
iPhone上のAdGuard VPNアプリ用ショートカットを追加しました(AdGuard VPNのアプリアイコンを長押しタップすると現れます)。

ショートカットには「接続する」/「切断する」、「ロケーションを選択する」、「ホーム画面を編集」、「Appを共有」、「Appを削除」というオプションが含まれています。必要なものを押すと、AdGuardがすぐにリダイレクトします。

いつものように、いくつかの変更は“舞台裏”、つまり外ではあまり見えないアプリ内で実装されています。アプリの安定性を改善し、見つかっているすべてのバグを修正しました。


『AdGuard VPN』は勢いを増しており、私たちは常に新しい機能に取り組んでいます。新しいリリースを見逃さないようにしてくださいね。

今日はここまでです。AdGuard VPNアプリをアップデートして、使ってみて楽しんでください。
何らかの理由でまだご利用いただいていない場合は、ぜひお試しください。
App Storeへのリンクはこちらです

また、AdGuard VPNについてさらに情報を確認したり、話し合いやご質問されたい場合はぜひ意見交換ページ(AdGuardのGitHub、フォーラムやSNSのリンクが載っている総合ページ)を訪れてみてください。

筆/訳: Valery Yanovsky タグ: AdGuard VPN 新バージョン リリースノート
2021年2月7日
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
Windows用AdGuard VPN、初公開 (アルファ版)
Windowsユーザーの皆様にぜひ喜んでもらえると嬉しいお知らせがあります。ついに、Windows用AdGuard VPNの初のアルファ版をリリースしました。 数チームの努力の成果を皆様にお届けできることを誇りに思っています。
AdGuardバレンタイン❤️キャンペーン
驚くかもしれませんが、広告ブロッカーやVPNは、意外とロマンチックな贈り物になったりします。バレンタインデー向けに、AdGuardの40%OFFセールとAdGuard VPNの60%OFFセールを実施しております。
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!