AdGuard プライバシーポリシー

AdGuard for Androidに関するプライバシー通知

2019年11月06日
基本方針: 私たちはユーザー様の個人データを共有したり販売したりすることは一切ありません。私たちはユーザープライバシーを守る“闘士”達の一員であることを誇りに思い、この原則の厳守と可能な限りの透明性を強くお約束します。
本プライバシー通知には、当社が収集する可能性のあるすべての情報が記載されており、その理由と使用方法について説明しています。収集する情報には、AdGuard製品のフル機能を提供するために不可欠な情報のみが含まれます。
プライバシーは基本的な人権であると私たちは信じております。 そのため、AdGuardの機能について透明性を保ち、アプリによってあらゆる情報が収集される目的を詳細に説明しています。

AdGuard for Androidが収集できるデータとそのタイミング

ライセンス状態のチェック

AdGuardはライセンスの状態を確認するためにサーバーに接続します。その際には以下の情報が送信されます。
アプリケーション識別子
アプリケーションのバージョン
デバイス名(ユーザーがご自身のライセンスキーでアクティベートしたデバイスの一覧を表示できるように、個人アカウントで使用)
ライセンスキー
アプリケーションの言語
ビルド識別子
このデータを使用して、ライセンスの状態を確認し、ライセンスをデバイスにバインドします。この情報は、adguard.comの個人アカウントでユーザーのライセンスキーを表示するためにも使用されます。
ユーザーはadguard.comの個人アカウント情報(ログインとパスワード)を入力して、アプリのプレミアム機能を有効にすることもできます。この場合、アプリはユーザーを認証するためにこのログインとパスワードのペアをサーバーに送信します。

ライセンスのリセット

ライセンスはユーザーの要求に応じてリセットされます。その際には以下の情報が送信されます。
アプリケーション識別子

試用期間のリクエスト

ユーザーが試用期間を要求すると、次の情報がサーバーに送信されて有効になります。
アプリケーション識別子
ユーザーの電子メールアドレス(アクティベーション手順およびその他の事前資料が指定された電子メールアドレスに送信されます)
アプリケーションの言語
ビルド識別子

アプリのアップデート確認

AdGuardはアプリケーションの更新を確認するためにサーバーに接続します。その際には以下の情報が送信されます。
アプリケーション識別子。
アプリケーションのバージョン。
アプリケーションの言語。
更新のチャンネル。
更新の確認は定期的に実行されます。このデータを保存したり将来使用したりすることはありません(ただし、AdGuard製品のインストール総数を数えるために匿名形式で集計しています)。

ブロックフィルタの更新確認

AdGuardはブロックフィルタの更新を確認するためにサーバーに接続します。その際には情報は送信されません。このアプリケーションは、すべてのフィルタバージョンと利用可能な更新を含むファイルを定期的にダウンロードします。

ウェブページに対する苦情の送信

アプリ内からウェブページの問題に関する報告を送信できます。アプリは自動的に reports.adguard.com ウェブページを開き、その設定に関するいくつかの情報を転送します。その後ユーザーはこれを変更または削除できます。
ユーザーが手動で「送信」ボタンをクリックしてこの情報を送信することに同意しない限り、この情報はどこにも保存または送信されません。その場合、レポートはGitHubで公開(ただし匿名)になります。

サポートへのメッセージの送信

ユーザーはアプリから直接サポートにメッセージを送信できます。その場合、次の情報がメッセージと指定されたメールアドレスとともに送信されます:
アプリケーション識別子
アプリケーションのバージョン
デバイス名(デバイスの製造元名とデバイスモデル名の両方が含まれます)
Androidのバージョン
Androidのカーネルバージョン
有効なフィルタの一覧
アプリの構成
「システムレポートの送信」オプションが有効になっている場合、プログラムは(トラブルシューティングの目的で)追加情報も送信します:
アプリケーションスレッドとそのスタックトレースの一覧
ログファイルの内容
インストールされているアプリケーションの一覧

自動クラッシュレポート

最初の起動時に、ユーザーはAdGuardが自動クラッシュレポートを送信することを許可するかどうかを尋ねられます。送信する場合(そして送信する場合にのみ)、アプリがクラッシュしたときに以下の情報が私たちのサーバーに送信されます。
デバイス名前とモデル。
OSのバージョンとカーネルのビルド。
Root状態。
識別し得ないAndroid ID。
RAMの合計と空きの量。
画面の向き。
画面の解像度と密度。
アプリケーション名とバージョン。
クラッシュに関連する情報(エラーメッセージとスタックトレース)。
このデータは開発者によってクラッシュを調査して潜在的な問題を解決するために使用されます。

技術的およびインタラクションデータ

初の起動時に、ユーザーはAdGuardが技術データおよびインタラクションデータを送信することを許可するかどうかを尋ねられます。許可した場合のみ、以下の情報が送信されます:
合成テレメトリID(アプリのインストール時に生成されるランダムな文字列)
アプリの構成(有効なモジュール、アクティベーションステータス)
デバイス情報(タイプ、画面サイズ、言語、Androidバージョン)
アプリ内で表示される画面の名前
データがAdGuardに送信されると、サーバーログの一部としてIPアドレスが一時的に収集される場合があります。
このデータは内部でのみ使用され、第三者と共有されることは絶対ありません。
この情報の使用方法は次のとおりです。
どの機能が最も使用されているかを調べる
アプリの使用中にユーザが直面する可能性のある問題を見つける
UI / UXの間違いを見つけて修正する
私たちのアプリについてユーザの方々が好きまたは嫌いなものを学ぶ

ブラウジングセキュリティのウェブサイトチェック

「フィッシングやマルウェアから保護」オプションが有効になっている場合、AdGuardはユーザーがアクセスする前にすべてのウェブサイトをチェックします。この目的のためにはLookup APIを使用し、訪問したウェブサイトに関する情報がハッシュプレフィックスの形式で送信されます。このため、私たちにはどのウェブサイトにアクセスしたかを判断することはできません。

ブラウジングセキュリティコミュニティ

「ブラウジングセキュリティの開発に協力」オプションが有効になっている場合、アプリは定期的に匿名のセキュリティ関連データを送信します。
AdGuardが潜在的に信頼できないと識別した訪問先のウェブサイトのURL(これらへのアクセスは「ブラウジングセキュリティ」モジュールによってブロックされます)
特定された脅威の性質に関する情報
上記の情報は、AdGuard for Androidによって収集される際に、通例他の個人情報とは関連づけられず、AdGuardソフトウェアの他のユーザーたちからの類似の情報と集計して分析のために匿名で使用されます。
AdGuardのダウンロードが開始しました インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! モバイル端末にもAdGuardをインストール: