AdGuard プライバシーポリシー

AdGuard for iOSのプライバシーに関する通知
2019年11月06日
基本方針: 私たちはユーザー様の個人データを共有したり販売したりすることは一切ありません。私たちはユーザープライバシーを守る“闘士”達の一員であることを誇りに思い、この原則の厳守と可能な限りの透明性を強くお約束します。
本プライバシー通知には、当社が収集する可能性のあるすべての情報が記載されており、その理由と使用方法について説明しています。収集する情報には、AdGuard製品のフル機能を提供するために不可欠な情報のみが含まれます。
プライバシーは基本的な人権であると私たちは信じております。 そのため、AdGuardの機能について透明性を保ち、アプリによってあらゆる情報が収集される目的を詳細に説明しています。
iOS版AdGuard/AdGuard Proが収集できるデータとそのタイミング
Safariコンテンツブロッカーのブロックフィルタの更新の確認
Safariコンテンツブロッカーのブロックフィルタの更新を確認するために、AdGuardがサーバーに接続します。その際には以下の情報が送信されます。
アプリケーションの言語
アプリケーション識別子
フィルタ更新確認は1日1回実行されます。取得したデータは保存しませんが、アクティブユーザーの総数を特定するために集計しています。
バグレポートの送信
AdGuardユーザーは、アプリメニューの「バグレポートを送信」ボタンをクリックしてバグを報告することができます。その際にはメッセージテキストと入力したメールアドレスとともに以下の情報も送信されます。
ログファイルの内容
アプリケーション識別子
アプリによって作成されたSafariルールを含む .jsonファイル
有効なブロッキングフィルタのリスト
アプリケーションとOSのバージョン
デバイスモデル
選択されたロケールと地域
VPNトンネルログ
AdGuard Proの場合は以下のものも受け取ります。
アクティブなブロッキングサブスクリプションリスト
このデータは、さらなる診断およびトラブルシューティングに使用されます。
ウェブページに対する苦情の送信
ユーザは直接アプリ内からウェブページの問題に関する報告を送信できます。アプリは自動的に reports.adguard.com ウェブページを開き、アプリ設定に関するいくつかの情報を転送します。その後ユーザーはこれを変更または削除できます。
ユーザーが手動で「送信」ボタンをタップしてこの情報を送信することに同意しない限り、この情報はどこにも保存または送信されません。「送信」を押した場合、レポートはGitHubで(匿名で)公開されます。
個人アカウントへのログイン (AdGuard for iOSのみ)
AdGuard for iOSユーザーは、このオプションを使用してアプリのプレミアム機能を有効にすることができます。アプリを介してAdGuard個人アカウントにログインすると、以下の情報が送信されます。
入力されたログイン/パスワードペアまたはライセンスキー
アプリケーション識別子
デバイス識別子
アプリケーションのバージョン
デバイスの種類(iPhone X、iPad Proなど)
個人アカウントへのログアウト (AdGuard for iOSのみ)
アプリを介して個人アカウントからログアウトすると、以下の情報が私たちのサーバーに送信されます。
アプリケーション識別子
アプリケーションのバージョン
アプリの初起動 (AdGuard for iOSのみ)
アプリを初めて起動すると、次の情報が私たちのサーバーに送信されます。
アプリケーション識別子
アプリケーションのバージョン
デバイスの種類(iPhone X、iPad Proなど)
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!