AdGuard for Windows v7.6: DNS関連便利機能、AdGuard VPNとの互換性

前回、AdGuard for Windowsについての記事を掲載したのは2020年11月で、それも不明瞭なバグの修正についてでした。
私たちのWindows開発チームは、AdGuard VPN for Windowsの開発とAdGuard 8の基礎固めで忙しくしていますが、AdGuard for Windows v7.6というかなり大きな広告ブロッカーアップデートをリリースすることもできました。

通常のCoreLibs(AdGuard独自開発のフィルタリングエンジン)更新やバグフィックスの他に、この新バージョンには何があるか?
いくつかのDNS関連新機能とAdGuard VPNとの互換性などがありますので、早速見ていきましょう。

AdGuard VPNとの互換性

AdGuard for WindowsのNightly版やベータ版を除けば、今回のバージョンはAdGuard VPNとの互換性のある初のAdGuard for Windowsバージョンです。

AdGuard VPN for Windows は、現在、アルファ版という形でしか提供されていないことにご注意ください。アルファテストに参加いただく場合はこちらからどうぞ。

このアップデートで、Windows用「AdGuard」と「AdGuard VPN」という2つのアプリは、すべてのモードで一緒に動作するだけでなく、この2アプリに加えて同時にアンチウイルスソフトも問題なく使うことができるようになりました。

両アプリをインストールして、通常通りに使用するだけで結構です。あとはすべて AdGuard が自動的に対応します。

カスタムDNSフィルタ

今まで広告ブロックの設定をカスタマイズしたことがある人にとって、これは新しいコンセプトではありません。
通常の(DNS系ではない)フィルタでは、URLやローカルファイルからフィルタリストを追加したり、新しいフィルタを一から作成してカスタムルールを追加したりすることができる様に、DNSフィルタリングも大体同じことができるようになりました。

ちょっと前の話に戻りますが、v7.5では、「DNS通信の保護」モジュールを導入しました。
現在までこのDNS保護モジュールは、オンライン・プライバシーを強化するもう一つの方法として、システムのデフォルトではなく、任意のDNSサーバーを選択するオプションを提供していましたが、DNSフィルタリングをカスタマイズする具体的なオプションはありませんでした。
サーバーと暗号化プロトコルを選択して終わり、という形でした。

今回のアップデートでは、DNSフィルタリングをさらに思い通りにカスタム設定するための様々なオプションを追加しました。
これらのオプションはすべて、DNSフィルタエディタセクションにあります。

  • DNSユーザールール  DNSリクエストをブロック/許可する最も基本的な方法です。通常のユーザールールと同様に動作します。
    DNSフィルタリング構文をサポートしていますが、これはネットワークフィルタリングの構文よりもはるかに簡潔です。

  • DNSフィルタのインポート  左下にある「➕」アイコンをクリックすると、新しいウィンドウが現れます。「フィルタをインポート」ボタンをクリックして、フィルタのURLを入力するか、適切なローカルフィルタを参照します。
    このサイトには、たくさんのいいDNSフィルターが掲載されています。
    AdGuard DNSフィルターはデフォルトでAdGuardに搭載されている唯一のDNSフィルタです。

  • カスタムDNSフィルタの追加 「➕」アイコンをクリックして、「カスタムフィルタを追加」を選択することでアクセスできます。
    名前と説明を指定して、他のフィルタと同様に扱えます。
    ルールをインポートしたり、1つずつ手動で追加または削除したり、ワンクリックでフィルタをオン/オフにしたりできます。

DNS-over-QUICのサポート

DNS経由保護といえば、どのDNSサーバーを選択するか悩むことありませんか?
もちろん、私たちは自信もってAdGuard DNSをお勧めしております :)
その理由のなかでも重要なのが、AdGuardは世界で初めてDNS-over-QUIC (略して DoQ) をサポートし始めたDNSプロバイダだからです。

この最新の暗号化プロトコルは、非常に強固で実績のあるDNS-over-HTTPSやDNS-over-TLSよりも優れています。
AdGuard for Windowsのユーザーは、既にDoQのメリットを試してみることができます。

【DoQを有効にする手順】
AdGuard設定→DNS通信の保護→「AdGuard DNS」を選択し、最後にドロップダウンメニューで「DNS-over-QUIC」を選択してください。


大きな変更はこれで以上です。
バグフィックスやその他のマイナーなものもあります。いつものように、GitHubで完全変更ログをご確認いただけます。

また、v7.6に関するご感想・フィードバックを下のコメント欄やAdGuardのSNS・フォーラムでお教えいただければ大変嬉しいです。

筆/訳: Valery Yanovsky タグ: AdGuard for Windows 新バージョン リリースノート
2021年4月21日
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
AdGuard VPN、主要ストリーミングサービスに対応開始(Netflix, Amazon, 他)
Netflix、Amazonプライムビデオなどを見る方々に朗報です!AdGuard VPNはストリーミングサービスに対応いたしました。
【iOS版AdGuard】システムワイドブロックを設定する方法
iOSでのシステムワイドブロックとは、Safariブラウザ以外、つまり他のアプリやブラウザで、ネットワークレベルで広告やトラッカー(個人情報追跡ソフト)をブロックすることです。お使いのiOSデバイスでの設定方法のご説明です。
AdGuardのダウンロードが開始しました インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! モバイル端末にもAdGuardをインストール: