【AdGuardニュース②】名無し広告ブロッカーは広告を表示, ザッカーバーグはあなたの顔を削除する

不定期に出るAdGuardニュースダイジェストでございます。

先日、アドガードのCTO兼共同創業者であるAndrey Meshkov(アンドレイ・メシュコフ)が、業界の大きなイベントに登壇しました。Ad Blocker Dev Summit 2021です。
彼のプレゼンテーションをもとにしたブログ記事を公開しましたので、ぜひご一読ください。
また、カンファレンスの他のビデオと一緒に、YouTubeでも講演をご覧いただけます

このダイジェストを作成するにあたり、私たちは自分たち自身に課題を課しました。
それは、Facebook(もちろん今では「Meta」)について言及しないことです。
世界最大のソーシャルネットワークにまつわる暴露、スキャンダル、告発に、誰もが少し疲れているように感じるからです。

また、Telegramには非常に物議を醸すネイティブ広告が掲載されていますが、なぜ物議を醸すのか、何が問題で何が正しいのか、そしてもちろん私たちAdGuardがそれらに対して何をしようとしているのかについて、本格的な記事が必要だと判断しました。
そのため、このダイジェストにはそのようは情報はありません。

Metaは顔のないFacebook

おっと、すでに上記の課題に失敗してしまったようですね。
どうぢてもフェイスブックに関するニュースはあります。すみません。

「Facebookの顔認識システムを停止します」と、同社の人工知能担当副社長Jerome Pesenti氏が主張しています。

同社は、すでに認識された10億以上の顔認識テンプレート(フェイスプリント)を削除することを約束しています。

2011年に開始された顔認識機能は、Facebookが写真上の人物を自動的に検出してタグ付けしたり、ユーザーに自分のタグ付けを提案したりするものです。
この機能はユーザーの同意を得ているにもかかわらず、自分が知らない写真にタグ付けされると、ユーザーが不安になることがよくありました。

今年の2月には、Facebookがスマートグラスに顔認証機能を追加することを検討していました
この決定のリスクと悪用の可能性は極めて明白でした。
3月、フェイスブックはイリノイ州で、同州の生体情報プライバシー法に違反したとして、6億5000万ドルの訴訟で敗訴した。

明らかに、最大の評判の危機の中で、Metaは激昂した大衆を喜ばせるために何かをすることを決めました。
しかし、世間は十分に満足していません。例えば、InstagramやWhatsAppのような、他のMetaのアプリの顔認識機能については何も言っていません。

またまたもう一つのセーフサーチが登場

安全なブラウザであるBraveは、Googleの検索エンジンを独自のものに置き換えることを発表しました。
「Brave Searchは、独立したインデックスをもとに構築されており、ユーザーやその検索、クリックを追跡することはありません」 と、そのチームは主張しています。
検索エンジンの開発には膨大なリソースと専門知識が必要なので、Braveの検索エンジンを試してみる価値はあると思います。

Microsoft、人々をEdgeに導く

一方、マイクロソフトの人々は、検索やクリックに関する情報がどれほど貴重であるかをよく知っています。
WindowsのネイティブブラウザであるEdgeは半端ではありませんが、他のブラウザを好みとするユーザーが多く、設定でデフォルトブラウザをEdge以外選択する人もいます。

Windows 10と11では、スタートメニューから検索した場合、デフォルトブラウザの設定はすでに無視されており、EdgeのBing検索のみが要求を処理していました。
この替書として「EdgeDeflector」のようなアプリが登場したり、ブラウザが独自の回避策を編み出したりしましたが、現在、Microsoftはこのような対策をすべてブロックしています

あまりにも多くの人がEdgeブラウザや検索を避けたがっているからそうしているのか、それとも一人のユーザーもエコシステムから漏らしてはいけないからそうしているのか。
どちらの理由もあまり良いとは思えません。

この世に聖人はいない

10月、MozillaはFirefoxの検索候補に広告を挿入しました。
また、「あなたが検索している内容に基づいて、信頼できるパートナーから新たな関連性のある提案を表示します」同社が発表したところ、プライバシーの専門家は反発しました
このブラウザはデータを収集し、広告ターゲティングをするつもりなのか?

後にMozillaはこれをすべて「PR危機」と呼びました。
Mozilla側は説明を怠り、人々は誤解してしまったと。

ここに何が起こったかの非常に詳細な分析があります。

この検索バー広告表示機能はオフにすることができます。
Firefox設定 > 設定 > プライバシー&セキュリティ > アドレスバー > Firefox Suggest に行って、
「コンテクスト提案」と「時折、スポンサーの提案を含む」を見つけてください。
両方ともオフにしてください。

Facebookにとって世界は大きすぎる

グローバルであると同時に、Facebookはそのルーツ、つまり英語に縛られています。
フェイスブック文書からの面白い発見があります。
2018年に同社は、フェイスブック・メッセンジャーの音声トラフィック全体の50%がカンボジアから来ていることに気づきました。クメール語は、モバイルアプリのキーボードに収めるには複雑すぎることが判明したのだ。
この国の人々は、他の国では見られないほど情熱的に音声メッセージを愛していたのです。

Facebookもこの現象を調査しようとしましたが、カンボジア人の回答者は1人しかいなかった、とのことです。
あれ?Facebookはユーザーデータを得るのが得意だと思っていたのに...。

「最初のクメール語のコンピュータキーボードの開発者は、世界で最も多い74文字に対応しなければなりませんでした。ラテン語のキーボードでは、すべてのアルファベットを一度に見ることができ、直感的に入力することができます。しかし、クメール語では1つのキーに2つの文字が表示されるため、2つのキーボードを何度も切り替える必要がありました」

アラビア語はそれほど難しい言語ではありませんし、Facebookで最も使われている言語のひとつです。
それにもかかわらず、ヘイトスピーチやテロリズム、その他の禁止された活動を通常のユーザーのコミュニケーションと区別することができる人間のモデレーターとAIアルゴリズムの両方がフェイスブックには不足していることが判明しました
非常に不安定な地域であることにも関わらず。

英語以外の言語でFacebookを利用している人は、思い当たる理由がないのに投稿が削除されたり、アカウントが停止されたりすることを覚悟してください。

広告ブロッカーが広告を押し付けてくるのは何かおかしい...。

このようなことが何度も起こり、宇宙が熱死するまで起こり続けるに違いありません。
またまた、一つのブラウザ拡張機能が、YouTubeやFacebookの広告を排除できる広告ブロッカーを装っていました(彼らは神経を逆なでする方法を知っています)。
この拡張機能は、広告提供者であることが判明しました。

「実際には、正当なURLを拡張機能の開発者が管理するアフィリエイトリンクにリダイレクトさせる、欺瞞的な広告注入キャンペーンを行っている

アドインジェクション(広告注入)とは、通常は広告を掲載していないウェブページに広告やリンクを挿入することで、詐欺師は広告でお金を稼いだり、アフィリエイトサイトにリダイレクトして手数料を得たりすることができます。

何と言えばいいのでしょうか?
宇宙のエントロピーを増大させないために、AdGuardのような信頼できるベンダーの広告ブロックを使用してください。

コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
DNS: 大規模なコンテンツブロック
広告や個人情報追跡のない「より良いインターネット」への窓口を、DNSはどのようにして広げることができるのか?AdGuardの共同創設者兼CTOであるアンドレイ・メシュコフと一緒に、大規模なコンテンツブロッキングについて考えてみましょう。
【Facebook】なぜテック大手が大統領選びを“手助け”するのか
SNSのアルゴリズムは、視聴する番組や投票する人など、あなたの選択の多くに影響を与えています。その影響が具体的にどのように、誰の利益のために与えられているのかは不明です。そこで、心の自由を守るために何ができるのでしょうか。
AdGuardのダウンロードが開始しました インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! モバイル端末にもAdGuardをインストール: