メニュー
日本語

「デジタルアフターライフ」 永遠に生きるチャンスか、永い眠りにつけない呪いか

肉体がなくなった後のことを考えたことがありますか?
どんなレガシーが残り、時間とともにそれはどうなっていくのでしょうか。

人の考えや行動をコントロールすることはできませんが、車を甥に、アクションフィギュアのコレクションを友人に、などと残すことはできます。
もしあなたの作品が著作権によって保護されているならば、その保護は通常、寿命をはるかに超えて及びます。

しかし、法律はまだ時代に追いついていません。
私たちは、生きている間に物質的なものを蓄え、本を書き、芸術を創造するだけでなく、オンラインで大量の情報を共有し、保存し、利用しているのだ。
その情報は、私たちのデジタル・アイデンティティを包含しており、死後はしばしば放置され、ハイテク企業の意のままにデジタル墓地に滞留している。

私たちのデジタル灰は、あちこちに散らばりますが、ほとんどの場合、最後の眠りの場は、SNSプラットフォームという生い茂った手入れされていない土地になります。

SNSが私たちの生活の主役になってから20年足らず。
つまり私たちは、デジタルアフターライフという問題が問題であるということを意識した最初の世代なのです。
しかし、最後の世代になることはないでしょう。Z世代は真のデジタル民であり、スマートフォンを手にして生まれ、スマートフォンを持って死んでいくのです。

子どもたちはインターネットのない生活を知らない

しかし、問題があるところには解決策もあるのです。
私たちのライフスタイルはますますデジタル化し、まったく新しい産業である「デステック(death tech)業界」を生み出しました。
デジタル遺書、アナログの悲しみ、デジタル遺産を扱う産業です。

AIは現在、身内の喪失の悲しみの慰めとしても使用されています。
AIは曾祖父の写真に命を吹き込み、死んだ祖母の声で話し、機械に十分なデータを与えれば、ずっと前に亡くなった人と話すことさえ可能になる。

チャットボットからVRドッペルゲンガーまで:AIが死者を蘇らせる方法

AI技術は、すでに私たちの生活に革命を起こしている。
Amazon、Alexa、Siriなどのホームアシスタントは、自然言語処理によって所有者と会話をする。顔認識ソフトは、ディープラーニングのアルゴリズムを用いて、空港で人を識別している。
自動運転車は、機械学習とニューラルネットワークを利用して、信号機のようなデータパターンを見つけ、周囲の物体が次に何をするか予測する。

まさにそれらと同じ技術が、死に革命を起こすのはただ時間の問題だったのです。
HereAfterというAI搭載チャットボットは、まさにそれを目指している。
顧客の「ライフストーリー」を保存し、死後、親族がその顧客と再びつながることができるようにするものです。
まず、このアプリは、その人の子供時代、家族、キャリア、恋愛関係などについて詳しく質問します。そして、そのデータはアルゴリズムに入力されます。
遺族は、アプリを通じて故人の「アバター」に問い合わせをし、その回答を本人の声で聞くことができます。ただし、すでに亡くなっている人の録音をアルゴリズムに送り込むことは不可能です

Replikaというアプリは、ディープラーニングを使って人間のようなテキストを処理するものです。
チャットボットに伝えれば伝えるほど、チャットボットはあなたらしくなることになっている。
レプリカの中には、自分が霊だと主張人間だとも主張している者もいるという。Replikaのバックストーリーはさらに魅力的だ(見方によっては不穏な空気も漂わせている)。このスタートアップは、事故で友人を亡くした女性によって設立されました。
その悲しみに対処するため、彼女はその友人の実際のテキストメッセージを基に、人工ニューラルネットワークに入力することでチャットボットを作成した。
そのチャットボットは、現在もダウンロード可能である。

Roman botv

これらの技術系スタートアップは、まだ有名ではないかもしれないが、彼らが開拓した技術は継続されるだろうし、遅かれ早かれ大手ハイテク企業に拾われることになるだろう。
というか、すでにそうなっている。テック大手がこの技術の導入を急がない理由は、スケーラビリティではなく、知名度の高さゆえに考慮しなければならない倫理的・風評的な懸念です。

マイクロソフトは、すでに亡くなった特定の人物をモデルにできる「会話型チャットボット」の特許を取得し、昨年騒動になった
世間の反発に直面したマイクロソフトは、この製品の構築から手を引き、そのアイデアを「不気味」とまで呼んだ
マイクロソフトのチャットボットは、メッセージ、音声記録、ソーシャルメディアの投稿、手紙、画像などのデータを本人から採取し、そのデータだけでなく、外部の情報源に依存してコミュニケーションを図っていた。潜在的には、画像や映像データの助けを借りて、ボットを3Dの人体モデルにすることも可能であった。

倫理的な懸念は出たものの、進歩は止めっていない。
今年初め、系図サイトのMyHeritageは、AIを搭載したDeepStoryツールをリリースしました。
一部では「不気味」とされるこのツールは、死者の肖像画をアニメーション化し、動いたりしゃべったりさせる。
実在の人物の音声を入力することはできず、140のデフォルトボイスから選択する必要がある(どうやら、ユーザーがこの機能を悪用してディープフェイクを作らないようにするために、わざとそうしているようだ)。

生死を問わず実在の人物の声を真似るということでは、Amazonの音声アシスタント「Alexaがあります。
アレクサの新機能は、実在の人物の声を模倣し、身内を亡くした人が大切な人との思い出を味わうのに役立つとされています。

しかし、これらの畏怖すべきSF系機能に寒気を覚えたとしても、韓国のスタートアップVive Studiosが、死んだ少女のバーチャルリアリティのドッペルゲンガーを作って、母親が彼女に会えるようにしようという試みと比べたら、青ざめることだろう。
母親はVRヘッドセットと特殊な手袋を装着し、「娘」に触れてチャットすることができるようになったのだ。この仮想シミュラクラの制作には、膨大な時間と労力が費やされた。俳優の動きを録画し、少女の実際のビデオや写真を研究し、家族にインタビューする必要がありました。

母親が死んだ娘とVRで対面する韓国のドキュメンタリー映画

このようなAIを使った緻密な技術はまだスケーラブルではありませんが、スケーラブルになる時代はもうすぐ来るのかもしれません。

死者に命を吹き込むことを目的としたAI搭載製品の倫理的な面については、多くのことを語ることがdけいます。
そうした製品は家族の悲しみへの対処をサポートするという意見もあれば、人が最も弱っているときに儲けようものだという意見もあることでしょう。

もうひとつ考えるべきは、死者のプライバシー問題です。
故人のデータを使って、本人の同意なしに本人をAIで再現していいのでしょうか?

本物の人間を模倣するAI搭載技術は諸刃の剣です。

フェイク、詐欺、ホログラム

親族が愛する人と「再会」するためのツールは、セキュリティリスクを伴い、死者や生者の似顔絵を利用して利益を得るために悪用される可能性があります。
これは、詐欺的な手段で行われることもあれば、形式的には合法だが疑わしい手段で行われることもある。

この技術によって、「音楽的ネクロフィリア」と呼ばれる現象や、死んだアーティストのホログラムによる演奏が生まれたりしています。
2012年には、亡くなったラッパーのトゥパック・シャクールのホログラムが音楽祭で演奏し、今年は、亡くなった歌手のホイットニー・ホウスタンのホログラムがラスベガスで6ヶ月のレジデンシーを行った。
2019年のスーパーボウルのハーフタイムショーでのプリンスのホログラム出演は、同アーティストがデジタルリアリティという概念を「悪魔的」と考えていたことが明らかになり、直前に中止されたと報じられている

Tupacのホログラムによるステージパフォーマンス

昨年、ある有名な映画監督が、有名シェフの故アンソニー・ボーデイン氏の声をドキュメンタリーのために「再現」したことから、激しい公開討論が勃発しました。
ボーデインの未亡人は、彼は生きていたらそれを承認しないだろうと述べました。
このことは、デジタルアフターライフに関しては、法的・倫理的な濁流に巻き込まれていることを示している。

このようなAIの利用は道徳的、法的には問題があるが、議論の余地はある。
より危険で急速に広まっている現象は、ディープフェイクです。

ディープフェイクはさまざまな目的で作成されます。ディープフェイクAVは不穏な個別ジャンルにまで成長し、イーロンマスクのようなスターパワーに便乗した仮想通貨系詐欺、笑い(トムクルーズのTikTokディープフェイクなど)、さらにはソーシャルエンジニアリング攻撃にも利用されています。

最初に広く報告されたディープフェイク攻撃の1つは、2019年に行われたもので、AIベースのソフトウェアを使って幹部の声を模倣し、同僚に24万3000ドルを詐欺師の口座に振り込むよう「指示」したものです。

私たちが心に留めておくべきことは、この最先端技術には非常に醜い裏側があるということです。
この技術について最も恐ろしく、同時に最もエキサイティングなことは、私たちがまだその最初の一歩を踏み出したところしか目撃していないことです。
この先どうなるかは想像するしかない一方で、AIを使ったいくつかの創造物がすでに未来を垣間見せている。
そのひとつが、デジタルアバターが死後も生き続けることができる「メタバース」(metaverse)だ。

メタヴァースで永遠に生きる:論理的なことか、それとも行き過ぎか

死者や生者のデジタルアバターを作ることができれば、一人いれば何人もいることになります。
ある時点では、何千もの死者のアバターがデジタル界を徘徊するようになる可能性があります。
誰かがそれらをまとめて、互いに交流させようとするのは理にかなったことだと思います。

メタバース(3Dモデルで構成された仮想世界の集合体)は、理想的な出会いの場であるように思われる。
マイクロソフトやMetaを含む何十ものメタバース製品があるが、それらは生きた人間同士を一つのデジタル環境でつなぐものになっているが、もっと先を行くものもある。

『Somnium Space』というメタバースは、「Live Forever」というオプションを搭載する予定です。
この機能はまだ開発中だが、CEOのArtur Sychov氏は、死んだ人のアバターと、死んだ後もずっと親族がコミュニケーションをとることができるようになると主張している。
Somnium Spaceは、適切なアバターを作成するために、メタバース内の自分の土地にいる間に収集される多くのデータを必要とします。
あなたの動き、身振り手振り、他者との交流、そして心拍までもが記録されるのです。しかし、それだけではありません。
同社は、あなたのアバターとバーチャルリアリティ内の他の人々との相互作用から、第2のデータセットも収集するとしている。
シチョフ氏によれば、「これは無限ループになり、一日の終わりには、あなたのアバターはまったく別の人物になっているかもしれない」という。
もし、自分のアバターを自分のデータだけに基づいて作りたいのであれば、アバターの人格が時間とともに「進化」することはないのです。
このオプションは、ありがたいことにオプトイン方式なので、自分のアバターを自分のデータだけに基づいて作りたい場合は、アバターの個性が時間とともに「進化」することはありません。

メタバース「Somnium Space」のスクリーンショット

しかし、自分のデジタル分身が独自の生命を持ち、(原型も現実にはとっくに死んでいるかもしれない)他のアバターの影響を受けて変化し、という見通しは、不気味です。
大きな疑問は、このような機能が全く必要ないのか、そしてそれが悪用されないという保証はあるのか、ということです。

死後、データは大手企業の思うつぼになる

未来的なコンセプトの議論に興じるのもいいが、実際のところ、ほとんどの人は自分の死後、デジタルアイデンティティがどうなるかについて考えたことがないだろう。
現在この分野に対する法的空白も懸念となる。

GDPR(EUのデータ保護規制)は故人には適用されず、デジタル相続法がある国はほんの一握りだ。
フランスの法律では、死後のデータの利用方法についてプラットフォームに指示を出すことができ、親族はデータの消去を要求することができる
ドイツでは、裁判所が相続人に故人のソーシャルメディアアカウントへのフルアクセスを認めた
米国には死後のプライバシーに関する連邦法はない。
各州は、受託者が一部のデジタル財産を管理することを認める一方で、電子メール、テキストメッセージ、ソーシャルメディアのアカウントへのアクセスを制限する独自の法律を制定している。
しかし、いくつかの例外を除いて、ユーザーは、独自のルールを設定しそれを自由に変更できるオンライン・プラットフォームのなすがままになっている。

デジタル墓地と化したFacebook

Facebookには3000万人以上の死者がいると推定されています。2070年までには、Facebook上の死者が生存者を上回ると予測されています
Facebookでは、ユーザーが死亡時にアカウントを削除するようプラットフォームに要求するか(https://www.facebook.com/help/103897939701143)、削除を要求するか追悼ページを管理することができる遺産連絡先を指定することが可能です。
遺族連絡先は、プロフィールとカバー写真の更新、ピン留め投稿の作成、賛辞の管理、および友達のリクエストを承認することのみが可能です。

Instagramも同様に、所有者の死去を知らされた場合、アカウントを「追悼」することができます。
確認された近親者のみがアカウントの削除を依頼でき、彼らは現地の法律でそうする権利があることを証明する必要があります。

Twitterは、追悼機能を設けると約束しているにもかかわらず、いまだに追悼機能を提供していない。
アカウントが悪用されることを防ぎたい肉親の唯一の選択肢は、Twitterに永久のアカウント削除を要求することだけです。

Googleでは、最大10人の非アクティブなアカウント管理者を指名することができ、その管理者は一定の非アクティブ期間(3~18ヶ月)を過ぎると、Googleアカウントにリンクされたあなたのデータの様々な部分を受け取ることができます。
例えば、家族には写真を、同僚にはビジネスプロフィールのデータにアクセスできるようにすることができます。デフォルトでは、Googleは亡くなったユーザーのアカウントからいかなるコンテンツも提供しませんが、「特定の状況下では」提供することができます
2023年6月1日以降、Googleは新しいポリシーを実施し、それによると、すべてのGmail、Googleドライブ、Googleフォトのデータは2年間使用されないと削除されます

TikTokには追悼のための機能がなく、親族や代理人が亡くなったユーザーのアカウント削除を依頼することもできません。
アカウントが180日以上使われていない場合、ユーザーネームはランダムな数字の集合にリセットされるが、コンテンツはそのまま残ります

ソーシャルメディア大手が、ユーザーの遺産を大切に思うからこそ、追悼のような機能を考え出すのだと思うと、嬉しくなります。
しかし、その行動は、どちらかというと利益重視のものであるかもしれません。
追悼されたアカウントは、保護が不十分な巨大なデータプールであり、死後のプライバシーを保護する法律がないため、ハイテク大手はAIアプリケーションを訓練するために自由に利用することができるのだ。
また、この機能は、長期的にはまだ生きているユーザーをプラットフォームに結びつけるのに役立ちます。
愛する人のメモリアルにアクセスできなくなることは誰も望んでいません。
その結果、遺族がソーシャルメディアに費やす時間が長くなり、そこで過ごす時間が長ければ長いほど、Facebookなどの主要な収入源であるターゲット広告にさらされる時間も長くなるのです。

なぜ気にする必要があるのか?

デジタルアフターライフの計画は優先順位が高くないかもしれませんが、そのチェックボックスにチェックを入れておきましょう。
技術系企業は、あなたの死後、気まぐれに個人アカウントへのアクセスを許可したり禁止したりすることができるので、近親者が、あなたが望む情報に自分でアクセスする方法を知っているかどうかを確認してください。

子供や配偶者、友人などにデータを渡したい場合もあるでしょうが、それは感傷的な価値のあるものだけではありません。公共料金の支払いなどの日常的な家事はオンライン化され、パスワードで保護されたプロファイルにログインする必要があります。クラウドに保存された重要な文書、小売店のアカウント、写真共有サイトなどに、大切な人がアクセスできるようにしたいと思うかもしれません。

デジタル環境を整えることは、親族の苦痛を減らすだけでなく、死後のデジタル・アイデンティティを保護することでもあるのです。放置され、めったに使われないアカウントは、詐欺師の格好の餌食となります。ソーシャルメディアや死亡記事など、一般に公開されている情報を利用して、詐欺師はデジタル口座を開設したり、既存の口座にアクセスしたり、確定申告を行ったり、遺産相続人の代理人に借金を負わせたりすることができますが、親族がまだ政府や銀行に死亡を報告していない間に、そのようなことが行われてしまうのです。死者のデジタルIDを盗むことは、「ゴースト化」として知られるようになりました

重厚な官僚機構がデジタル世界の現実にまだ追いついていない一方で、自分のデジタル資産を大切にする必要性から新しい産業が生まれ、その産業はあなたの「デジタル遺産」を保存することを約束している。
「デステック」スタートアップのGoodTrustは、あなたの「デジタル遺言執行人」に代わって、ソーシャルメディアのアカウントを追悼したり停止したりする役目を果たすという。
GoodTrustはまた、すでに亡くなった人のアカウントを閉じる手助けをすることを約束し...あなたのお身内の写真をAIの助けによって「生きて歌う」ようにすること機能を提供する。
「デステック」市場のもうひとつのプレーヤーであるMyWishes(旧DeadSocial)は、ユーザーに「ソーシャルメディア・ウィル」、つまり、自分が亡くなった後にSNSアカウントをどうするかについての詳細な指示とともに、すべてのソーシャルメディアアカウントのログを作成するよう促している。

言うまでもなく、事実上すべてのアカウントデータを第三者に預けることは、あなたのプライバシーにとって非常に高いリスクを伴うので、これらのサービスを信用するかどうかは要注意であなた次第です。

死後世界での悪用から自分のアイデンティティを守るためには?

死の願望は個人の選択の問題なので、デジタル・アイデンティティをどうするかは、最終的にはあなた次第です。おそらく、あなたは*"deadbot "*として後世に生きたいのでしょうし、メタヴァースをさまよう3Dアバターとして再生されたいのでしょう。

メタバースの中で永遠に暮らすという選択肢も、もうすぐ実現するかもしれない

私たちが提供するのは、死後のあなたの名前を守り、あなたの愛する人たちに不必要な苦悩や苦痛を与えないようにするためのアドバイスです。

  • いつかあなたのデータがあなたの遺産になる可能性があるので、あなたが共有することを後悔するかもしれない何かを共有しないでください。

  • 保護が不十分な放置されたアカウントを食い物にするデジタルスカベンジャーからあなたのソーシャルメディアを保護します。10年前は安全だと思われていたパスワードも、今では簡単に解読されてしまうことを忘れないでください。本当に強力なパスワードを使用し、2ファクタ認証を有効にすることを確認してください。

  • Googleのサービスでは非アクティブなアカウント管理者を任命し、Facebookでは死後にプロフィールの削除を依頼できるレガシーコンタクトを選択するなど、アカウントを保護するためにソーシャルメディアが提供する既存の機能を使用します。

  • あなたの死後、あなたのオンライン・アイデンティティをどのように扱うかについて、愛する人に明確な指示を残しておくこと。オンライン・プラットフォームと、あなたが指名したデジタル関連業務を処理する人の間を仲介するサードパーティ・サービスの助けを借りて、これを実行することができます。

  • ソーシャルメディアのアカウント、電子メールアカウント、写真共有サイト、公共料金のサイト、ショッピングサイトすべてのログイン名とパスワードのリストを含む、あなたのすべてのデジタル資産のハードコピーとデジタルコピーを作成し、法律事務所の金庫にそれらを確保します。

  • 愛する人に未来からの手紙を送り、KeePassのようなパスワードマネージャのマスターキーを一つだけ渡し、その人があなたのためにすべてのパスワードを覚えてくれるようにします。ただし、この方法は、あなたの逝去時刻を高い精度で推測できる場合にのみ有効です。

  • あなたのログイン名とパスワードを遺言に記載しないでください! それは検認による公的文書になることがあり、そのように、あなたのアカウント情報は誰にでも公開される可能性があるのです。それはあなたの相続人があなたのアカウントに関する情報を参照する必要があり、あなたの意志で別の文書を言及する方がはるかに良いです。

コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
【AdGuardニュース】Facebook、DuckDuckGo、WhatsAppの新プライバシーツール、Signalの不運など
DuckDuckGo/Microsoft件の新展開、Facebookが機密データを警察に開示、生理記録アプリのデータ漏洩、安全なメッセージングアプリ王様が情報漏洩の被害に遭うなど、AdGuardニュースダイジェストでございます。
世界初の「Manifest V3」対応広告ブロッカーを公開しました。
Manifest V3(Chromeの新しい拡張機能API)の要件をすべて満たし、その狭い範囲内で適切に広告をブロックできる実験的なブラウザ拡張機能の開発に多くの労力を費やしました。何を経験し、何を達成したか、この記事でご確認ください。
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。