メニュー
日本語

InstagramとFacebook、EU向けに広告なし有料版を提供予定か

フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO(当時)がターゲット広告をオプトアウトする有料オプションについてほのめかしてから5年、この機能がEUのフェイスブックとインスタグラムのユーザーについに提供されそうになったと言われている

なぜMeta社はこんなに時間がかかったのか?
そもそも同社はこのオプションを導入したくてウズウズしていたわけではなく、どちらかというと導入なくてはならくなったようです。

『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙の報道によると、メタ社はEU圏でFacebookとInstagramの有料広告なし版を展開することを検討していて、そうすることによって欧州圏の規制当局をなだめる予定だという。

EUの画期的な個人情報保護法である「GDPR」が施行された2018年以来、EUの規制当局はメタを含むテック大手らの狙い続けている。
GDPRのおかげで、EUのユーザーはテック大手による個人情報の使用方法についてより大きな権限を持てようになった。

理想的な世界であれば、テック企業がユーザーのデータを収集し、そのデータから収益を上げるすべての事例において、ユーザーの同意を得ることがデフォルトで義務付けられただろう。
しかし、現実はそんなにナイーブなものはない。
現実には、規制当局がゆっくりと後押ししていて、メタと共同経営陣は規制などを抜け出そうとしたりしている。
以下は、Metaがどのようにして制約を逃れようとしていたかを簡単にまとめました。

メタ、規制当局と格闘...

GDPRが2018年5月25日に施行される直前、Metaは卑劣な手を使い、ユーザーデータの大部分を処理する法的根拠を、"ユーザーの同意"から"契約上の必要性"に切り替えた。
そうすることで、Metaはユーザーの個人的なウェブ閲覧履歴に基づく広告を表示することが、ユーザーとの接触を果たすために不可欠であると宣言したに等しい。
実際には、インスタグラムやフェイスブックを使いたければ、メタ社のデータ収集行為に従うしかないということという意味だった。

これはGDPRの精神に反していた。
GDPRは、個人データがサービスを提供するために絶対に必要でない限り、企業が個人データの処理を自社サービス利用の条件とすることを防止するはずのものであるからだ。

そして、フェイスブックの主な製品は(少なくとも書類上)、広告のために人々のデータをマイニングすることではなく、ソーシャルネットワーキングであったため、「契約上の必要性」という言い訳は最初からあまり意味がなかった。
そのため、プライバシー活動家のマックス・シュレムスは、メタが利用者から個人情報を絞り出すことを目的とした「強制同意」と呼ばれるアプローチを用いているとして、メタ社を提訴した。

「単純なんです。サービスに厳密に必要なものは、もう同意欄は必要ない。
それ以外のすべてものについては、ユーザーには"イエス"か"ノー"かという選択肢がなければならない」とシュレムスは2018年に書いている

その翌年、ドイツの競争監視機関であるBundeskartellamtは、Metaのデータ蓄積とプーリングに歯止めをかけようとした
同監視局は、メタ社が多数のサービス(WhatsApp、Instagram、Facebook)から得たユーザーに関するデータを、ユーザーの同意なしに組み合わせることを禁止した。

これとは別に、監視委員会はメタ社が「いいね!」ボタンや「トラッキング・ピクセル」と呼ばれる目に見えない埋め込み可能なコードを通じて、同意なしに第三者のウェブサイトからユーザーに関するデータを採取することも禁止した。
この決定をドイツ以外の規制当局らも参考にした場合、メタ社の広告販売モデル全体が沈没する恐れがあったため、マーク・ザッカーバーグの会社は速やかにこの裁定に異議を申し立て、長い法廷闘争が始まった。

この法廷闘争が繰り広げられている間、EUのデータ保護監視当局も黙ってはいなかった。
2023年1月、アイルランドのデータ保護委員会は、パーソナライズされた広告のためにEUユーザーのデータを処理する適切な法的根拠を欠いているとして、メタ社に4億1400万ドルの罰金を科した。
同委員会は、「フェイスブックとインスタグラムのサービスの一環として行動ターゲティング広告を配信していることに関して、メタ社に「契約」の法的根拠に依拠する権利はない」ということを発見し、広告のためにユーザーデータを処理する「契約上の必要性」を主張し続けることはGDPRに違反していると判断した。

この決定は多くの歯車を動かし、メタ社はデータ処理の法的根拠を再び変更し、今度は"正当な利益"に変更した。

しかし、これも長くは続かなかった。
その6ヵ月後、欧州連合(EU)の最高裁判所である欧州司法裁判所は、メタに間違いなく最も痛く、最も壊滅的な打撃を与えた。

2023年7月4日、ドイツ連邦裁判所とメタ社との間の長引く訴訟問題の裁定が下され、裁判所はドイツの競争当局に味方した。
この判決により、Bundeskatrtellamtは、多くのプラットフォームやサードパーティのウェブサイトを横断してユーザーを追跡することによって収集したユーザーデータをメタ社が結合することをブロックすることを許可した。
「センシティブなデータを公開する可能性のあるウェブサイトやアプリをユーザーが訪問したというだけでは、そのユーザーが自分のデータの公開許可を出しているということにはならない」と裁判所は述べている。
しかし、おそらく判決の最も重要な部分は、メタ社が広告ターゲティング用にユーザーデータを収集するために「正当な利益」を主張できなくなり、ユーザー同意なしでデータを収集できなくなったということである。

…そして、Metaが敗訴

EUのプライバシー監視委員会の裁定に勇気づけられたノルウェーのデータ保護規制当局は、真っ先にメタ社に裁定を突きつけた。
7月17日、同局はインスタグラムとフェイスブックでの行動ターゲティング広告を一時的に禁止し、同意なしにユーザーをプロファイリングしたとしてメタ社に多額の罰金を科した。
これについては少し前の記事をご覧ください。

EUのデジタル市場法(DMA)が施行され、行動ターゲティング広告ビジネスに対するさらなる法的挑戦に直面し、窮地に追い込まれたメタ社は、降参するしかなかった。

EUのデジタル市場法(DMA)の第5条
EUのデジタル市場法(DMA)は、データの組み合わせと個人データの相互利用を明示的に禁止している。この法律は2024年までに全面施行されることになっている。

8月1日、同社はユーザーデータ処理の法的根拠を「正当な利益」から「同意」に変更すると発表した。
メタ社の言うことをすべて額面通りに受け取るなら、ヨーロッパの人々はついに、広告のために追跡され、プロファイリングされることにノーと言える機会を得たということになる。

ジャーナル紙の報道が事実だとすれば、メタ社の次のステップは、完全に広告なしのオプションを導入することだ。そうすることで、Metaは、インスタグラムとフェイスブックのユーザーには個人情報に関して選択肢があることを見せて、EUの規制当局に納得させようとしている。
そのオプションはおそらく、トラッキングがさらに少ないものになる可能性があるだろう。

噂されているメタのFBとインスタの有料オプションは、見せかけか、それとも本当の予定か?

今のところ、Metaの噂される有料サービスに関するニュースを疑えずの受け取ることは不可能です。

EUで報道されている広告なしオプションについては、決定的な結論を出すにはあまりにも情報が少なすぎています。

『ジャーナル』紙は匿名の情報源を引用して、メタ社はEUで広告付きと広告なしの両方のサービスを提供すると報じた。
現在、メタ社が広告なしプランにいくら課金するつもりなのか、またいつそれを展開したいのかについての情報はない。

しかし、数字を見れれば確かに興味深い。
個々のユーザーのデータをマイニングすることで、Metaがどれだけの収益を得ているかが明らかになるからだ(サブスクリプション料が広告収入の損失を補うためのものだと仮定すればの話だが)。

しかし、過去にメタが広告なしの有料オプションの導入に消極的だったことは、広告収入をサブスクリプションで代替することは、不可能ではないにせよ、非常に困難であることを示唆しているのかもしれない。
そして、メタ社はこれを本当に望んでいるのではなく、ユーザーに広告なしのオプションを提供しようとしていることは、プライバシーの懸念に対する形だけのジェスチャーかもしれない。

広告トラッキングは、フェイスブック、そしてメタのビジネスモデルの中核を常に占めており、同社が完全にUターンするとは考えにくい。
今までの同社の歴史は、アップルであれ、規制当局であれ、誰かがそのトラッキング業務を制限しようとしたときに、システムを利用し、抜け穴を突くことにあった。

2018年、MetaがまだFacebookと呼ばれていた頃、そのグローバル副最高プライバシー責任者スティーブン・デッドマンは、フェイスブックの広告を車の走行を可能にする車輪に例え、車はフェイスブックそのものだと言った。
「車を買って、ホイールなしで欲しいと言っても意味がない。車輪の種類は選べるが、車輪は必要だ」と彼は言った。

メタ社がEU圏外でも広告なしオプションの導入を検討していることを示唆するものは何もないので、メタ社はそれを良いビジネス戦略とは考えていないだろう。

メタの広告ビジネスは今まさにルネッサンスを迎えており、ヨーロッパはメタにとって北米に次いで収益性の高い地域である(メタの広告ビジネスの約10%を占める)ため、欧州のマーケターで儲かろうと思っていただろう。
しかしその代わりに、プライバシー規制当局と格闘し、巨額の罰金の脅威の下で自社のトラッキング事業を縮小しなければならなくなっている。

規制当局による処罰の脅威が、メタ社がユーザーの知らないところでデータを搾取するのを止めるのに十分な抑止力になるかは、まだ答えが出ていない問題です。
そして、メタの闇パターンへの傾倒を考えると、規制当局とのつばぜり合いは、今のところ後者が勝ったように見えるかもしれないが、おそらくこれが最後ではないだろう。

この記事を気に入っていただけましたか?
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
App Store
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuard[デスクトップアプリ](/ja/products.html)のお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。

AdGuard Temp Mail β

匿名性とプライバシーを保護する、無料の捨てメアド(一時メールアドレス)ジェネレーター。メインのメールサービスに迷惑メールは届きません!
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7

AdGuard for Android TV

AdGuard for Android TV は、広告をブロックし、プライバシーを保護し、スマートテレビのファイアウォールとして機能する唯一のアプリです。Webの脅威に関する警告を受け取り、セキュアDNSを使用し、トラフィックを暗号化しましょう。セキュリティを向上して、広告なしでお気に入りの番組をお楽しみください!
ユーザーレビュー: 13689
星5つのうち4.7
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。