メニュー
日本語

Chrome、ゆっくりとCookie廃止へ 新たな広告プライバシーコントロール機能を導入

Chromeにおいてサードパーティ・クッキーを段階的に廃止するスケジュールを繰り返し延期してきたGoogleは、ついに最終的な日付を決めたようです。

最近のブログ記事で、2024年の第1四半期に世界中Chromeユーザーの1%に対してサードパーティ・クッキーを無効にするとGoogleは発表しました。

その前に、Googleは開発者に「サードパーティCookieのない世界で動作することがどのようなものかを有意義にプレビューする」機会を提供すると言います。

7月のChromeの次期バージョンのリリースとともにすべての開発者に対して始まるこのプレビューフェーズでは、Googleのプライバシーサンドボックスを構成するさまざまなAPIをテストすることができるようになります。
なかでも、主要なコンポーネントである「Topics API」もテストできます。

トピックスAPIは、Chromeにおけるインタレストベース(ユーザーの興味に基づく)広告の主要なツールとして、サードパーティCookieに取って代わるように設計されています。

Googleは、2023年第3四半期に、すべてのChromeユーザーがプライバシーサンドボックスAPIを一般的に利用できるようにする予定です

私たちはGoogleの Privacy Sandbox という取り組みについて今までたくさん書いてきました。
その主要な機能の概要については、私たちの記事(Googleは現在FLEDGE APIを「Protected Audience」に改名したことに注意してください)を参照してください。

サイトができるだけスムーズに“クッキーレス”の世界に移行できるように、2023年の最後の3ヶ月間、Googleは開発者に「設定可能割合のユーザーに対し、Chromeのサードパーティ・クッキーの廃止をシミュレートできる機能」を提供します。
言い換えれば、開発者が、Chromeのサードパーティ・クッキーを受け取らないユーザーの割合を選択できるため、クッキーなしでどれだけターゲット広告が機能するのかをテストできるのです。

サードパーティークッキーとは何か、そしてサードパーティークッキーに関するChromeのこれまでの歴史について、簡単な要約はこちら:

ウェブサイトを訪問すると、小さなファイルや追跡コードがブラウザに送信されることがあります。これは「Cookie」と呼ばれます。

一部の Cookie は、閲覧中のウェブサイトによって作成されます。
これらはファーストパーティ Cookie と呼ばれ、ウェブサイトがユーザーの設定やログイン情報を記憶するのに役立ちます。

その他のクッキーは、ユーザーが訪問しているウェブサイト以外のウェブサイトによって作成されるクッキーです。広告主が広告を表示するさまざまなウェブサイトでユーザーを追跡できるようにするため、サードパーティ・クッキーまたは「トラッキング・クッキー」と呼ばれます。

当然、多くの人は、サードパーティークッキーに基づくトラッキングを、非常に侵入的でプライバシーを侵害するものであると考えています。

そのため、Firefox、Safari、Brave、Torを含むほとんどのブラウザではすでに、サードパーティCookieをブロックするというのが基本設定となっています。

しかし、世界で最も人気のあるブラウザであるChromeは、いまだにそうしていません。
Chromeは、代替手段ができるまでサードパーティクッキー廃止のを遅らせています。
その最初に提案されたサードパーティ・クッキーの代替案であったFLoCは、大きな反発に直面し、定着しませんでした
そして昨年、Googleは代わりに Topics を提案しました。

私たちAdGuardや、Mozilla、AppleのWebKit、Brave、W3C Technical Architecture Group(TAG)(World Wide Web Consortiumの特別作業グループ)を含む他の多くの業界関係者は、Web上の迷惑な追跡やプロファイリングの問題に対する解決策としては不十分だとTopicsを批判してきました
要するに、Topicsは小規模な個々のサイトがユーザーを特定するのを防ぐことはできても、(Google自体のように)複数のサービスを扱う大企業が特定・追跡するのを止めることはできないのです。
さらに悪いことに、サードパーティーのクッキーに代わる“プライバシーに配慮した”とされるこの新しい代替手段は、実際にはグーグルの広告独占をより強化させるかもしれません。

批判やブラウザの限定的普及というリスクにもかかわらず、GoogleはTopics APIの実装を進めることにしました。

Chromeの新しい広告プライバシーコントロールのプレビュー

Privacy Sandboxの展開はまだ始まったばかりですが、一部のChromeユーザーはすでに、ブラウザのTopicsへの段階的な移行を反映した、新広告プライバシー設定にアクセスすることができます。

Googleは、この新しいインターフェースを少数のChromeユーザーでテストしていると述べていますが、テスト対象でないユーザーも、Chrome Canary というデベロッパー向け版で新設定を試すことができます。

【2023年5月中旬時点のChrome Canaryでの状態】

Chrome Canary で「Settings」(設定) → 「Privacy and securtiy」(プライバシーとセキュリテ)」でこの「Ad privacy」(広告のプライバシー)という新設定が見つかるはずです。

Googleは、Chrome Canaryで新しい広告プライバシーコントロールを提示しました。

「Ad privacy」(広告のプライバシー)をクリックすると、「Topics」「Site-suggested ads」「Ad measurement」(トピックス、サイト提案型広告、広告測定)がデフォルトでオンになっていることがわかります。

Chrome Canaryの新しい広告プライバシーインターフェイスでTopicsをオフにすることが可能

これらの設定をクリックし、トグルをオフにすることでオフにできます。
Topicsの場合、この機能を完全にオフにしたり、Chromeが興味のあると判断した特定のトピックだけをサイトとの共有から除外したりすることができます。
こうすることで、そのトピックに基づいてパーソナライズされた広告が配信されることがなくなります。

また、Chromeにサイトと共有させたくないトピックを削除することもできます

【2023年5月30日アップデート時点の状態】

現在では、通常のPC版 Google Chrome にも、

右上の「︙」→「設定」→「セキュリティとプライバシー」→「プライバシーサンドボックス

で、試用できる設定という形で現れています。

Chromeの設定でプライバシーサンドボックス機能の試用が可能に *border

そちらで「プライバシーサンドボックス」試用機能をオン・オフにすることができます。

プライバシーサンドボックスの試用版機能 *border

なかでも、「ブラウザベースの広告のパーソナライズ」という設定が、サードパーティCookieの代替となるTopics(興味 / 関心)に基づいているようです。

「ブラウザベースの広告のパーソナライズ」設定 *border

どのサービスでもそうですが、トラッキングから身を守るために、Google Chromeで利用可能なプライバシーコントロール設定をすべて使用しておくことをお勧めします。

ただし、Beta表記の通り、Google はこの新しいユーザーコントロール設定をまだテスト中なので、最終的な広告プライバシー設定は、安定版では異なる文言・形ものになるかもしれません。

それに、これらのオプトアウトが実際にどの程度機能するのか、また、その結果、インタレストベース広告がまったく表示されなくなるのかどうかを判断するのは、まだ時期尚早というところです。

私たちは状況を注意深く観察しており、GoogleがTopicsの展開を進める際には、またお知らせします。

いずれにせよ、AdGuard をご利用の場合、AdGuard はすでに Topics API をブロックするようにしていますので、Googleの新しいトラッキング方法によるプライバシーへの潜在的な影響について心配する必要はないでしょう。

この記事を気に入っていただけましたか?

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
App Store
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。

AdGuard Temp Mail β

匿名性とプライバシーを保護する、無料の捨てメアド(一時メールアドレス)ジェネレーター。メインのメールサービスに迷惑メールは届きません!
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7

AdGuard for Android TV

AdGuard for Android TV は、広告をブロックし、プライバシーを保護し、スマートテレビのファイアウォールとして機能する唯一のアプリです。Webの脅威に関する警告を受け取り、セキュアDNSを使用し、トラフィックを暗号化しましょう。セキュリティを向上して、広告なしでお気に入りの番組をお楽しみください!
ユーザーレビュー: 13857
星5つのうち4.7
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。