メニュー
日本語

【AdGuardニュース】Appleがこっそり追跡、Microsoftに対する集団訴訟、Signalのストーリー機能、など

AdGuardのニュースダイジェストです。
Appleのプライバシーオプトアウトは機能していないようで、AIを学習させるために自分たちのコードを使用したとしてプログラマーはMicrosoftを提訴、SignalはStoriesを再発明、Siriは「ヘイ」をなくすかもしれない、Googleは独自のVPNのデスクトップ版を公開。

GitHubユーザーによると、MicrosoftとパートナーがAIを訓練させるためにGitHubユーザーたちの仕事を盗んだ

GitHubの所有者であるMicrosoftとそのパートナーであるOpen AIが、オープンソースライセンスの条件に違反していると、GitHubのユーザーは非難している。
集団訴訟では、ユーザーたちのコードでAIを搭載したコーディングアシスタント「CoPilot」を学習させることによって、両社が「オープンソース作成者の作物から不当に利益を得る」と主張されています
原告を代理する法律事務所は、この訴訟は「人工知能システムから生じる技術産業における知的財産権侵害との戦いにおける最初の大きな一歩」であると述べた。
OpenAIは、そのCoPilotツールが「変形的公正利用」の定義を満たすと主張し、CoPilotの出力の99%は「学習データに一致しない」と主張している。

最近の記事で説明したように、AIのトレーニングに関する規則や規制は存在しない。
現時点では、AIを搭載したツールが、インターネット上で偶然見つけた何テラバイトもの個人情報や著作権のあるコンテンツをごちそうになることを止めるものは何にもありません。
OpenAIやStability AIなどのような企業は、現在、コンテンツ制作者に許可を求めず、彼らの作物を基本的に自社製品の一部にしているのです。

私たちは、AIがこの世界に多くの良いことをもたらすと信じていますが、ユーザーが無許可でAIのトレーニング教材の一部にならないよう、明確なオプトアウト方法の導入が必要です。
今のところ、AIはプライバシーに対する深刻な脅威となっており、何かしないとなくならないでしょう。

プライバシー設定をオンにしても、アップルはあなたを追跡し続ける

Appleのネイティブアプリでどのパーソナライゼーションオプションにチェックを入れたとしても、Appleはあなたについてそのまま同じ量のデータを採取することが、ソフトウェア会社Myskのセキュリティ研究者によって明らかにされました。

研究者たちは、iPhone向けのApple独自アプリを多数調査し、その大半(App Store、Apple Music、Apple TV、Appleブック、Apple株価)が、ユーザーがiPhone Analyticsをオフにしても、リアルタイムで詳細な使用データを収集し続けることを発見しました

研究者たちは、パーソナライズされた広告、パーソナライズされた「おすすめ」、利用データの共有、分析など、「考えられるすべてのオプションをオフにした」のです。
しかし、Appleがデータを収集する方法という点では何も変わらなかったと彼らは主張している。

「オプトアウトやパーソナライズオプションをオフにしても、アプリが送信していた詳細な解析の量は減らなかった」とセキュリティ研究者のTommy Mysk氏は米Gizmodoに語っています。
調査されたアプリのほとんどは、"一貫したID番号"を共有していると言われており、AppleはAppleエコシステムの部分にわたって、そのID番号を使ってユーザーを追跡することができる可能性があります。

Appleは以前から、データ収集方法について率直に話さないということで批判にさらされてきました。
昨年から、アップルはサードパーティー製アプリに対し、ユーザーを追跡する許可を求めるよう要求している。
しかし、自社のApple製アプリはこの要求の対象外となっている。
それは、アップルの追跡は自社のエコシステム内にとどまり、App Storeのポリシーによれば、追跡とはみなされないからだ。

先月、私たちはAppleの広告ビジネスが、サードパーティトラッキングの取り締まりによっていかに金銭的な利益を得る立場にあるかについて、詳しい記事を書きました

Signal、エンドツーエンドで暗号化されたStoriesをローンチ

セキュア・メッセージング・アプリの Signal が、独自の Stories の展開を開始し、Android と iOS のユーザーに提供を始めている。

Signal の Stories は、デザインと機能の両方において、Instagram の「ストーリズ」と驚くほどよく似ている。

ユーザーは、Instagramや他のSNSが既に採用している機能と同様に、Signal Storiesを通じて画像、動画、テキストを共有することができます。
また、SignalのStoriesは24時間経過すると自動的に消滅します。

Signal、独自のストーリーズ系機能を発表

しかし、プライバシーを第一に考えるメッセンジャーであるSignalは、ストーリーもよりプライベートなものにした。
Signalによると、ストーリーはエンドツーエンドで暗号化され、広告もなく、ユーザーはストーリー閲覧を完全に拒否することができるようになるという。

自分のストーリーが誰に見えるかも、ユーザーが決めることができます。

Signalにはいくつかの共有オプションがあり、例えば同僚など特定のグループとストーリーを共有したり、Signal上のすべての連絡先に送信したり、チャットした相手だけに送信したりすることができる。
Instagramとは異なり、ユーザーはランダムな人のストーリーを見ることはできない。

Signalは、この新機能は「フォロワーを増やしたり、エンゲージメントのためにコンテンツを増幅させたり」することではなく、プライベートなコミュニケーションを円滑にするためのものだと述べている。
ストーリー系機能を使ったり興味のある人は、プライバシーに配慮し広告のないSignal Storiesを試してみる価値があるかもしれません。

Google、限定VPNサービスをデスクトップに拡大

Google独自のVPNサービスが、厳選された20十ヶ国のMacとWindowsに登場した。
このVPNアプリは、月額9.99ドルまたは年額99.99ドルをクラウドストレージに支払うプレミアムGoogle One加入者にのみ提供される予定。
VPNは同時に6台のデバイスで使用できる。

Google One VPNは、あなたのIPアドレスを隠し、公衆Wi-Fi経由での傍受から個人情報を保護することを約束します。
ただし、自分の住んでいる地域のIPアドレスを割り当てるので、地域制限のあるコンテンツにはアクセスできない。

Googleは自社のVPNサービスを信頼できると言っているが、果たしてそうだろうか?

Googleは、サービスを向上させるために必要な「最低限のログ」を除き「VPN接続を使用してユーザーのブラウジング活動を追跡、記録、販売することはない」としています。
しかし、ストレージ契約とセットになっているVPNを使うのは便利かもしれないが、Googleにプライバシーの保護を任せることを強くお勧めすることはできません。
結局のところ、同社の主なビジネスはターゲット広告の販売であり、そのためには膨大な量のユーザーデータを収集する必要があるのです。

Apple、'Hey Siri!'から'Hey'を取り除くかもしれない

Appleは、音声アシスタントを起動させる定型の「Hey Siri!」(ヘイシリ)というキャッチフレーズは、十分にシンプルではないということで、ユーザーは2単語で苦労しないように、現在「Hey」を取り除きたいと考えているようです。

Bloombergによれば、アップルはすでに“数カ月間”この変更に取り組んでおり、来年か再来年には導入したいとしている。
ロボットにとっては長いフレーズのほうが認識しやすいため、このタスクはかなりの難題であることが報告されている。
この変更には、「相当量のAIトレーニングと基礎的なエンジニアリング作業」が必要になるだろうと、ブルームバーグは報じている。

Siriを呼び出すときの「ヘイシリ」がもうすぐなくなるかもしれない

写真: Omid Armin/Unsplash

ウェイクフレーズを短くすることで、Apple社は、単に「Alexa」(アレクサ)という言葉で呼び出せるAmazon社のAlexaアシスタントに追いつきたいらしい。

そして、イノベーションの追求は賞賛されるべきだが、この「ヘイ」の省きの影響でSiriの誤起動はさらに増すかもしれないという懸念に火をつけている。
Siri(とその他のスマートアシスタント)は、ランダムな言葉をキャッチフレーズと誤認識して起動することで有名です。
さらに、Siriは一度起動すると、あなたの音声データを記録し、場合によっては解読のためにAppleの業者に送ることもある。

この記事を気に入っていただけましたか?

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
App Store
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。

AdGuard Temp Mail β

匿名性とプライバシーを保護する、無料の捨てメアド(一時メールアドレス)ジェネレーター。メインのメールサービスに迷惑メールは届きません!
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7

AdGuard for Android TV

AdGuard for Android TV は、広告をブロックし、プライバシーを保護し、スマートテレビのファイアウォールとして機能する唯一のアプリです。Webの脅威に関する警告を受け取り、セキュアDNSを使用し、トラフィックを暗号化しましょう。セキュリティを向上して、広告なしでお気に入りの番組をお楽しみください!
ユーザーレビュー: 13871
星5つのうち4.7
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。