メニュー
日本語

テック大手はあなたからお金を借りている。その金額は?

データ(特に個人情報)を貴重な資源とみなす見方が徐々に浸透しつつある。

データは「新しい金」であるという考え方は、すでに世界で最も厳しいプライバシーおよびセキュリティ法である一般データ保護規則(EUのGDPR)やカリフォルニア州プライバシー法などのデータ保護法の制定の作成につながっている。

プライバシー保護とデータ共有の問題が、注目を集めるようになりました。
半数以上のアメリカ人(57%)とイギリス人(56%)が、今、オンラインを利用する際のデータプライバシーについて心配している
それは当然です。
抑制しようとするあらゆる試みにもかかわず、個人情報を貪り食って好きなように再利用するテック企業は、かつてないほどの利益を上げています。

「データは金」と言われますが、どれほどの金なのか?

ビッグテックは、ユーザーの注目を売ることで大金を稼いでいる。
2020年、Googleの親会社であるAlphabetは、1830億ドルの収益を上げた。
そのうち80%以上がオンライン広告によるものです。
その1年後、世界経済がまだパンデミックによる低迷から立ち直っていないとき、Googleは繁栄を続け、41%増の2570億ドルの収益を報告した
Googleの広告(検索とYouTubeの両方)は、そのうちの2094億ドルを占めた。

Facebookも記録を塗り替えている。
昨年、Metaは初めて1000億ドルの節目を超え、1180億ドルを稼いだ。
そのうちの1150億ドルは、広告によるものです。

この数字には誰もが頭を抱えますが、個々のユーザーのデータがどれほどの価値があるのかを計るのは難しいものです。
確かに、データは目に見えるものではなく、あちこちに散らばっていることが多いので、値札をつけるのは難しい。

しかし、データ経済には需要と供給のルールが適用されます。
そこで、1つだけ大きな注意点があります。
ユーザーは、テック企業のサービスを利用するという怪しげな特権のために、自分のデータを無料で提供しているのです。
しかし、この物々交換は公正なのか?私たちは土地をガラス玉と交換しているのではないか?

自分のデータを現金に換えることができる

昔から、「物には、誰かが喜んで買うだけの価値がある」という言葉があります。特に、売るという行為が自分の時間や労力を必要としないのであれば、なおさらです。

個人情報の本当の価値を知るために、すでに個人情報をマネタイズできるサービスを簡単に見てみよう。これらのサービスは、ユーザーの健康データ、ショッピングや閲覧の履歴にアクセスすることと引き換えに、受動的な収入を約束している。データに対する好みは異なるかもしれないが、いずれも同じ前提のもとに運営されている。

買う」データはマーケティング・リサーチやターゲット広告に利用され、「売る」データはギフトカードや割引、現金で報酬を得ることができる。

企業は市場調査や広告のためにユーザーデータを収集する

写真: Carlos Muza/Unsplash

「健康追跡プラットフォーム」Evidationは、ユーザーがプラットフォームに接続すると、「歩数、睡眠、調査、その他」に対して報酬を支払う。
Evidationは、データが要求されるたびに「毎回」同意を求めると主張している。その要求を許可することで、ユーザーは同社とそのパートナーに、異なるデバイスで追跡し、広告でターゲティングする許可を与える。
ユーザーは、ポイントを受け取ることによってお金を得ることができます。
ランニングなどの「変動する活動」に対して1日最大80ポイント、「食事記録や健康に関するツイート」などの「固定する活動」に対して1日最大6ポイントを獲得できる(https://help.evidation.com/hc/en-us/articles/360008058913-How-does-our-point-system-work-)。ユーザーは、10,000ポイント(10ドル換算)を獲得した後に、キャッシュアウトすることができます。

世界有数のマーケティングリサーチ会社であるNielsenは、自社のアプリやコンピュータソフトをインストールすると、年間最大50ドルのリワードポイントを支払っている。
報酬は現金化するか、ギフトカードに交換することができる。
Nielsenは、「人口統計データ」(年齢、職業)、「行動データ」(オンライン活動)、「嗜好データ」(好きなコンテンツ)と呼ばれる3つのカテゴリーの情報を収集しています。
ユーザーが特別にオプトアウトしない限り、同社はこのデータを、Facebook、Google、Roku TVを含む第三者と共有することができます。

事実上何もしないでも稼げる金額は、共有するデータの量に左右され、当然のことながら、データが多ければ多いほど稼げる。例えば、Monetha appをダウンロードした人は、「選ばれた」パートナー・ストアに自分のプロフィール情報へのアクセスを許可することによって、買い物中にポイントを獲得することができます。
報酬の大きさは、買い物客がどれだけお金を使うか、また、どれだけプロフィールを充実させるかに依存する

すべてのサービスが、利用することでどれだけのお金を稼ぐことができるかについて透明性を持っているわけではない。
ユーザーがお金と引き換えにトラフィックを共有できるHoneygainは、平均支払額は多くの要因に依存し、国によって異なる場合があると述べています。2021年では、23ドル(フランス、トルコ)から48ドル(デンマーク)までで、1回の支払い額が最も多かったのは9,401ドルでした。

それはアプリにとどまらない。LazybucksというChrome拡張機能は、Facebookアカウントを広告主に"貸し出し"することでユーザーに報酬を支払う
ユーザーがすべきことは、アカウントを拡張機能にリンクさせることだけである。
この方法で稼ぐことができる金額に上限はありませんが、暗い裏側もあります:広告主は、誤解を招く広告を発射したり、違法なものを宣伝したり、他の規則を破ったりすることができます。
あなたは決して知らない。

より高度なソリューションのいくつかは、まだ作業中です。
プライバシー愛好家によって設立されたLetAloneは、人々が技術大手から個人データの制御を取り戻すことを望んでいます。
消費者が自分のデータを「分散型データウォレット」を通じて共有することを可能にする無料アプリを発表する予定だ。
LetAloneは、ユーザーが自分のデータから平均して年間450ドルの利益を得ることを期待している

Empire strikes back

フェイスブックはデータ市場での支配的な地位を手放さないだろう

写真: Greg Bulla/Unsplash

これらの受動的な収入の「機会」のいくつかは、個人データを収集し搾取するが、ユーザーに一銭も支払わないソーシャルメディアの巨人とはうまくいかないかもしれないと思うのであれば、その通りである。
これらのアプリや拡張機能が大手企業の収益に大きな影響を与えることはないだろうが(少なくとも近い将来は)、その手口はやはり技術大手と衝突することになる。
Chromeの有料データ収集拡張機能であるUpVoiceの場合、それは対決に至った。

UpVoiceは、その"パネリスト"がFacebook, LinkedIn, Twitter, Amazon, and YouTubeで時間を過ごすだけで、年間75ドル以上を稼ぐことができると言っていた。このエクステンションは、「パネリスト」が見た広告のデータを収集し、その代わりにギフトカードに交換できるポイントを与えていた。
この計画は、UpVoiceの開発元であるBrandTotal社が、Facebookから「不正なデータ収集」で訴えられるまでは、確かにうまくいっていたのです。
巨大ハイテク企業との長引く法廷闘争に敗れた直後、UpVoiceは閉鎖された
BrandTotalは、フェイスブックは裁判を起こすことで広告の独占にしがみつこうとしているだけと主張したが、判事はメタに味方した。
Quod licet Iovi, non licet bovi、つまり木星に許されることは牛には許されない、ということらしいです。

自分のデータを売りたい気持ちはあるかもしれないが、そうすることはお勧めしない。これらのサービスはプライバシーを重視しているように見えますが、あまりにも多くのデータを収集しているため、信頼に値しないのです。

計算してみよう

ユーザーのデータがどれだけの価値を持つのか、測り知ることは難しい

写真: iSawRed/Unsplash

このように、データの価値は各社各様です。さらに、彼らが求めるデータも異なります。つまり、一人のユーザーのデータの価値を見極めようとする試みは、ほとんど動いていないようです。今こそ、基本的な計算を行うべき時なのかもしれません。

イーロン・マスクとTwitterの不運な契約を覚えていますか?Twitterの2021年の収益の89%は広告から生じているので(50億ドルのうち45億ドル)、Twitterの儲けは、それが持つ貨幣化可能な日次アクティブユーザー(mDAU)]の数に大きく依存すると考えてよいでしょう
なぜマスクがTwitter上のスパムボットの正確な割合を知ることが重要だったかというと、ボットに売ることはできないので、彼らの「個人」データはマネタイズできないからなのです!

Twitterが広告サービスに課す価格は、広告を露出できるユーザー数にかかっている。非常に粗い試算かもしれませんが、Twitterを信じ、実際に2021年第4四半期のmDAUが2億1400万人だったとしましょう。
Twitterはその間、広告だけで14億1300万ドルを稼いだことになり、1人のユーザーが四半期に7ドル、1年に約$30をもたらしたことになります。

マスク氏は、Twitterが2億2900万mDAUだった4月に、SNSプラットフォームの現金440億ドルでの買収を提案した。
もしこの取引が成立していたら、Musk氏はTwitterのユニークな人間1人あたり約190ドルを支払っていたことになる。
この計算はあくまで概算なので、塩漬けにしておいてください。

Facebook、Instagram、Messenger、WhatsAppの親会社であるMetaについても詳しく見てみましょう。Facebookの月間アクティブユーザー数は、2021年12月に29億人となり、通年の広告収入は1149億ドルである。
ユーザー数が年間を通じて変動することを差し引くと、1人のユーザーのデータがメタにもたらすのは、年間約39ドルという結論になる。

YouTubeの広告収入は2021年に288億ドルに膨らみ、ほぼ倍増しています。
26億人以上のユーザーが月に1回以上YouTubeを訪問していると推定されています。
したがって、それぞれが平均して11ドルをYouTubeにもたらす。

30ドル、あるいは80ドルというのは、たいした金額ではないように思われますよね?この取引は、Twitter、Facebook、YouTubeだけではないことを念頭に置いておく必要があります。
平均的な人は約8つのソーシャルメディアアカウントを保持している
技術に詳しい若い人を例にとれば、その数はもっと多いだろう。30ドルに例えば10を掛ければ、1年で300ドルになります。つまり、アカウント数が増えれば増えるほど、無料で提供されるデータ量が増え、すでに巨額となっているアドテクノロジーの利益を一気に押し上げることになるのです。

それでもまだ大金には見えない?
しかも、これまでのところ、ユーザー1人あたりの収益額を試算してきましたが、巨大な広告インフラを支えるためにハイテク企業が費やしているお金は無視されています。
これらの経費は、純利益を計算する前に取り除かれる。
例えば、アルファベットは広告収入の増加とともに、売上原価と営業費用の増加も報告し、2021年には合わせて1789億ドルに達している。
営業費用には、研究開発費、マーケティングやサポートスタッフの報酬、法務費用等が含まれます。
収益コストには、「主にGoogleネットワークのパートナーに、そのプロパティに表示される広告に対して支払われる金額」のほか、データセンターやコンテンツ取得に関連する経費が含まれる。

つまり、ハイテク企業にとっては、1人のユーザーのデータが、私たちが試算したよりもはるかに多くの費用を要する可能性があるということです。

触れることはできないが、重要なもの

個人情報の中には、共有した瞬間はあまり意味がなくても、かなりの価値を持つものがあります。ソーシャルメディアに流した時点で、それは商品として再パッケージ化され、データマーケットに出回る。しかし、実際の市場と違うのは、そのデータの元の所有者である私たちは、そのデータがどうなるかをコントロールできず、何の補償も得られないということです。

アドテクノロジーの行き過ぎた力を抑制することを目的としたプライバシー法は、この状況を救ってはいるが、それほど多くはない。テクノロジー・プラットフォームは、常に新しい追跡方法と広告パーソナライゼーションを考え出している。
また、ユーザーが自分が追跡されていることを全く知らないようにし、オプトアウトの考えが頭に浮かばないようにしているのです。

要するに、私たちのデータは、無断もしくは私たちの希望に反して、商品化されつつあるのです。
ちょっと大げさかもしれないが、目の前で強盗されるようなものだ。
しかし、被害者であるSNSユーザーは、警察には行かず、このような状態を現状として受け入れているのです。
今、それを変える時がきたのかもしれません。

この記事を気に入っていただけましたか?

AdGuard for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard ブラウザ拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
App Store
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。

AdGuard Temp Mail β

匿名性とプライバシーを保護する、無料の捨てメアド(一時メールアドレス)ジェネレーター。メインのメールサービスに迷惑メールは届きません!
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7

AdGuard for Android TV

AdGuard for Android TV は、広告をブロックし、プライバシーを保護し、スマートテレビのファイアウォールとして機能する唯一のアプリです。Webの脅威に関する警告を受け取り、セキュアDNSを使用し、トラフィックを暗号化しましょう。セキュリティを向上して、広告なしでお気に入りの番組をお楽しみください!
ユーザーレビュー: 13840
星5つのうち4.7
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。