メニュー
日本語

スマートTV、強力な広告ツールになってしまう

スマートテレビ技術について語る前に、スマートテレビがなかった時代のテレビを思い出してみましょう。

2000年代初頭、お気に入りの番組が放映され、クライマックスに向かって盛り上がり、ハラハラドキドキ・・・・・・。
チャンネルを何度も切り替えて、無言で罵倒する以外、文字通りどうすることもできないという、無力感と腹立たしさを感じる時もありましたよね。

ただの映像ボックスではなく、スマートなデータ収集機

2000年代後半、ユーザーフレンドリーなスマートテレビの出現は、新鮮な空気のように感じられました。
視聴者が好きなものを好きなときにストリーミング再生し、音楽を再生し、ウェブブラウジングまでできるようになったのです。
NetflixやHuluなどのストリーミングアプリをインストールするだけで(ほとんどのスマートテレビにはすでにアプリがプリインストールされています)、邪魔なものや広告を最小限に抑えながら、お気に入りのコンテンツを楽しむことができました......おっと、待ってください。

スマートTVは、自由にカスタマイズ可能でシームレスな視聴体験を約束して、ほとんどすべての家庭に浸透したかもしれないが、本質的には、先代テレビと大差はないのである。
テレビメーカーは当初から、ユーザーデータを収集して広告をパーソナライズし、時には視聴者の画面に直接配信するよう、テレビを調整してきた。そのために、テレビメーカーはさまざまなツールを使ってユーザーの行動を追跡し、プライバシーを傷つけてきた。

スマートテレビは、あなたのデータを収集するのが好きです

PCやスマートフォンでは広告ブロッカーを使って広告を消すことができますが、スマートテレビではそうはいきません。
しかし、スマートテレビでもうるさい広告を除去できるソリューションがいくつか用意されています。
例えば、DNSサーバーを変更したり、AdGuard Homeのようなネットワーク全体用ソフトウェアを使用すれば、すべてのデバイスで広告とトラッキングをブロックすることができます。
しかし、先を急がず、まずは問題そのものを詳しく見てみましょう。

適例:Vizio

カリフォルニア州に本拠を置くVizio社は、米国における市場シェアで最大のスマートTVベンダーの1つであり、サムスンに次いで、TCLやLGと同程度である。
Wikipediaのページによると、同社はテレビ、サウンドバーの設計と販売だけでなく、視聴者データ、広告の販売も行っている

最近では、ヴィジオは生放送のテレビに「ジャンプ広告」を表示することで見出しを飾った。
この広告バナーはコメディ番組のプレミアエピソードの終わり頃に表示され、ユーザーにオンデマンドストリーミングサービスに「ジャンプ」して視聴を続けるように促すものだった。
Vizioは、このポップアップは"リニアTVとストリーミングサービスの間のギャップを埋めるためにデザインされた"と述べている

「大したことではない、たまに広告を見るのは悪いことではない」と主張する人もいるかもしれません。

しかし、我々は悪化の始まりを目にしているかもしれない。

Vizioは、それが広告統合において他のブランドやコンテンツプロバイダーと協力していると述べた。
つまり、より多くの広告を覚悟しておいたほうがいいです。

さらに、ユーザープライバシーに関して、Vizioの実績は、あまり輝かしいものではないという。

汚された記録

2017年に戻って、Vizioは220万ドルを支払って、知らないうちに、あるいは同意なしに何百万人もの顧客のデータを収集していたという告発を解決した。
米国政府によると、同社は旧モデルに遠隔操作で監視ソフトをインストールする後付けまで行っていた。

その仕組みは次のようなものだった。
まず、Vizio社は画面上のピクセルを選んで収集し、それを既存のコンテンツデータベースと照合して、ユーザーがいつ、何を見ていたかを割り出す。
こうして、「毎日1,000億のデータポイント」を収集した。

そして、Vizio社は、消費者の視聴履歴を「広告主などに」販売することで、そのデータを現金化した。Vizioは、視聴データに「特別な人口統計学的情報」を容易に付加することによって、第三者がユーザーを特定することを事実上可能にしたのです。
つまり、Vizioはその消費者のIPアドレスをデータ集計者と共有し、集計者はそのIPアドレスが属する個人または世帯を見つけることができたということです。

和解の一環として、Vizioは消費者の追跡を開始する前に、消費者の明示的な同意を求めることに同意したが、それ以外はほとんど変わっていない。

スマートテレビが提供するデータハーベスティング機能を利用する企業を見るたびに、衝撃と驚きを装うことができます。
しかし、スマートテレビはもう10年もこの坂道を下ってきており、引き返すつもりもなさそうというのが現実です。

そしてまたまた

スマートテレビ技術の初期のパイオニアの1つであるSamsungは、2010年代半ばにヤフーとの提携の一環として、ポップアップ広告の表示を開始しました。
場合によっては、ポップアップが番組の途中に表示されるホームビデオなど、ユーザー自身のコンテンツに挿入されると報じられたこともあった。

サムスンはその昔、プライバシー関連のスキャンダルに直面したことがある。
サムスンの旧版のプライバシーポリシーでは、個人情報やその他の機密情報を含むユーザーの話し言葉が記録され、音声コントロールが有効な場合第三者に送信される可能性があるという警告があった
同じく老舗のパナソニックは、2012年からポップアップバナー広告を表示しています

サムスンもパナソニックも有名企業かもしれませんが、スマートテレビ市場は、テレビを自社生産していない企業も含めて、誰もが利益を得るチャンスを逃したくないと思うほど有利な市場なのです。

スマートTV技術の台頭は、スマートメディアプレーヤーや、HDMI入力に接続すれば非スマートTVをスマートTVに変えることができるオーバーザトップ機器への関心を呼び起こした。
そのようなデバイスの例としては、AndroidベースのNvidia Shield TVメディアプレーヤー、Xiaomi Mi TV Stick、Google Chromecastメディアプレーヤー、Appleのセットトップボックス、Rokuメディアプレーヤーがあります。

後者は、スマートテレビの広告が抑制されなければ、どこまで行けるかの申し子になりました。

適例:Roku

6,000万人の月間アクティブユーザーを持つ米国最大のTVオペレーティングシステムであるRokuは、最近、世界有数の小売業者であるWalmartとの「初のパートナーシップ」を発表しました。
この提携により、Rokuを搭載したスマートTVの視聴者は、画面上の広告から直接商品を購入することができるようになります。
これまでリモコンで行っていたカード情報の入力は不要になり、「OK」ボタンを押すだけ。
視聴者は「OK」を2回押すだけで、まず仮想チェックアウトに進み、次に注文をする。
支払いに関する詳細は、Rokuが独自の決済プラットフォームから入力することになる。

Roku、Walmartと提携する

どのタイミングで「ショッパブル広告」が表示されるかは不明ですが、どうやらウォルマートの判断に委ねられるようです:

「ウォルマートは、顧客の行動を評価し、エンターテインメントの時間を含め、顧客が買い物をしたい場所や方法に合わせてコマースを提供する能力において、他の追随を許さない存在です。」

このようなショッピングモデルには、アマゾンの音声アシスタント「アレクサ」が悪名高いものになったのと同様、明らかなセキュリティリスクが伴います。
Alexaを使って子供がたくさんのおもちゃを買うことができたのなら、なぜRokuに同じことが起きてもおかしくない
だって、注文をするには2回クリックすればいいだけなので。

それに、テレビボックスが、あなたの同意なしに本格的な電子商取引ツールに変わってきているという事実だけでも、私たちは不安を覚えます。
そして、これに賛成する人がいます

Rokuの広大な広告武器に新たな追加があったのも驚くべき出来事ではありません。
RokuはTV広告ビジネスの先駆者であり、その顧客は長い間、マッチングCMの上にインタラクティブなポップアップを見ることに慣れていたのだ。

しかし、今年初め、同社は次の大きな一歩を踏み出すことを決意したかのように見えた。
それは、Redditのユーザーが、全く関係のないスポーツ中継の最中に、Rokuがベッドメーカーのポップアップを表示していると苦情を言ったことから始まりました。
この投稿が広まった後、Rokuは広告は解決された"バグ"であったと主張した
追加のコメントは提供されませんでしたので、今、新しい追加機能の試運転だったのではないかと推測するしかありません。

あなたのテレビは何を知っていて、他に誰がそれを知っているのでしょう?

スマートテレビは、ACR(Automatic Content Recognition)と呼ばれる内蔵技術を使って、フラットスクリーンからあなたの視聴習慣に関する情報を抽出します。
この技術により、テレビはスクリーン上で再生されているコンテンツ、プロバイダー名、ケーブル、放送、番組、コマーシャルに関するデータを収集することができます。
テレビメーカーは、あなたがある日、どの番組をどのくらいの時間見たか、どのチャンネルを見たか、コンテンツを生中継で見たか、後で見たか、などを知ることができます。

ACRという言葉に聞き覚えがあるとすれば、それは2017年にデータ収集のスキャンダルで悪評の域に達したVizioのせいである。

視聴履歴に加えて、スマートテレビはIPアドレスを含むデバイス識別子を収集することができます。
そして、リストは完全とは程遠く、例えば、Rokuは、「インターネットにアクセスするために使用するブラウザとデバイスに関する情報」(同社サービスを含むが限定ではない)、Wi-Fiネットワーク名と接続データ、「同じネットワークに接続している他のデバイスに関する情報」を受け取ることがあると述べています。
個人を特定することはできませんが、Rokuは、受け取った機器情報に基づいて、「一般的な位置情報とインターネットサービスプロバイダ」を推測することがあると述べています。
Vizioの場合、「世帯の人口統計データ」と[消費者がオンラインで何を購入し、スマートテレビと同じIPアドレスを共有するデバイス上で他の活動を行うかについてのデータ]の助けを借りて、映像データをさらにフルにすることができます

Vizioによれば、ACRを通じて収集された情報は、分析会社、メディア複合企業および広告主と共有される可能性があるとのことです。
Rokuは、Rokuを通じて利用できるパートナーサービスと"異なる目的のために"(あなたのコンテンツをあなたに合わせたり広告をパーソナライズするのためなど)、情報を共有していると述べています。

テレビが安いほど、プライバシーも弱くなる

特大のスマートテレビが決して高価ではないことを不思議に思ったことがあると思います。
Vizioの最新の65インチ4Kモデルは500ドル以下で購入でき、これはかなりお買い得ですね
テレビを売る側が突然寛大になった理由は、利他主義ではない。
テレビメーカーが機器のコストを削減し、同時に画質を向上させるためには、広告収入への依存度を高めるしかないからである。

これは、ほぼ秘密にされていません。
RokuのCEOであるAnthony Woodは、2018年当時、自社が広告事業であり、ハードウェア事業ではないと認めている
他の企業も、声高に語らないまでも、この信条に則って生きていることは間違いないだろう。

スマートTVから個人情報を守る方法

最も抜本的で確実な解決策は、スマートテレビをインターネットから切り離すか、機能するCRTテレビを近くのスクラップ置き場やEbayで探すことでしょう。

不要になった古いブラウン管テレビ

ブルーレイで映画を見たり、HDMIケーブルでパソコンとテレビをつないでストリーミングをすることに抵抗がなければ、そのような方法を検討するのもよいでしょう。

しかし、昔のような時代に戻りたくないのであれば、おそらくACRを無効にするのがよりベターな選択でしょう

例えば、Vizioのテレビを初めて起動すると、自動コンテンツ認識を有効にするオプションが与えられます。
Vizioと広告主があなたの視聴履歴に自由にアクセスできるようにしたい場合を除き、無効にしておくのがベストです。
すでにACRに同意している場合は、設定でオプトアウトすることができます。

ACRの設定はメニューの奥深くに埋もれていることがありますが、主要なスマートTVブランドのすべてでこの機能をオフにすることが可能です

ただし、ACRを無効にしても、スマートテレビは十分な知恵を絞って、あなたの位置情報や使用しているアプリなどの一部のデータを収集する可能性があることに注意する必要があります。

もう1つの方法は、スマートテレビのDNSサーバー設定を変更して、広告やトラッカーをブロックすることです。
無料で使えて設定も簡単なAdGuardのパブリックDNSサーバーのいずれかを使用することができます。

提供 YouTube/hardwin82

より高度で包括的なソリューションをお求めの場合は、ご自身のAGuard Homeサーバーを立ち上げて、ご自宅のすべてのデバイスをカバーし、追跡ドメインを「ブラックホール」へ再ルーティングすることも可能です。

コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。
【AdGuardニュース】クッキー, Google, Amazon, Twitter漏洩, 無許可監視など
大手通信事業者は新しい追跡ツールをテストし、ChromeはサードパーティのCookieに固執し、Twitterは侵入され、Googleは学校で歓迎されず、スマートカメラはユーザーを密告、など。
【AdGuard DNS 2.0】通信コントロールが新レベルに
AdGuard DNS v2.0のご紹介です。このサービスは初登場の2016年から大きく変わりました。簡単なセットアップと、インターネットトラフィックを管理するための幅広い機能を提供できるようになりました。詳しくはぜひこの記事をご覧ください。
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。