メニュー
日本語

App StoreとGoogle Playの支配は、アプリ開発者とユーザーを苦しめている。最新の被害者はTelegram

AppleとGoogleは、App StoreとGoogle Play Storeという「壁に囲まれた庭園」を育み、開発者はストアのルールに縛られ、法外な手数料を払い、裏で働く強力な審査員に怯えながら生活しなければならない。
これらの庭の壁の高さは様々で、Appleの壁はGoogleの壁よりはるかに高いですが、どちらも登るのは困難です。

これらのほぼ自己完結したシステムに挑戦する多くの試みがありました。
あるものは、小さな地域特有の譲歩をもたらし、あるものは、賭けが高すぎたので開発者が諦め、あるものは、Epic Gamesがゲーム開発者がiOSとAndroid用のFortniteにサードパーティの支払いオプションを仕込んで、反訴したときのように、AppleとGoogleによる報復を誘発することがありました。

Apple App StoreとGoogle Play ストアの支配は、開発者だけでなく、エンドユーザーも苦しめている。
開発者がストア手数料を考慮しなければならないためアプリに高いお金を払わなければならない、開発者が任意の規則に違反したため一部のアプリをダウンロードできない、アプリが提供するすべての機能を利用できなくなる(Appleのエコシステムの最新の犠牲者になったTelegramがその例)など、エンドユーザは気付かないうちに大手テック企業に偏った世界の巻き添えになっています。

『夢の破壊者』(The Destroyer of Dreams)

Telegramは、アプリストアの背後にあるテック大手(Telegramの場合はApple)に有利なシステムの最新の犠牲者になった。
テレグラムがアップル社経由ではない有料投稿を導入した直後、アップル社はその利益の30%を要求した。
TelegramのCEOであるPavel Durovは、Telegramで作品を収益化しようとするコンテンツ制作者は、支払いを処理するためにサードパーティのボットを使い始めたと述べている。
ドゥロフによれば、そうすることで、コンテンツクリエイターたちは画像、動画、あるいはテキストの投稿に対して、購読者が支払った金額の「100%近く」を受け取ることができていたという。

Telegramは、ストアから追放されるリスクを冒すよりも、iOS版でこの機能を無効にするにしました。
「これは、何兆ドルもの独占企業が、自らのコンテンツを収益化しようとする何百万人ものユーザーを犠牲にして、いかにその市場支配力を乱用するかを示すもう一つの例だ」とDurovは書いている。
テレグラム創設者は、Appleが「さらに夢を壊し、もっと起業家をつぶしていく」前に行動を起こすよう、EU、インド、そして世界中の規制当局に対して促した。

Telegramは、App Storeのルールのため、新機能を停止せざるを得なかった
写真: Alexander Grey/Unsplash

Appleは、App Storeを通じて年間100万ドル以上の収入を得た開発者に、有料アプリとアプリ内課金の30%の手数料を課している。
それはかつて、収益に関係なくすべてのApp Store搭載会社のデフォルトの税金だった。
2020年11月、アップルは年収100万ドル未満の開発者に対し、その手数料を30%から15%に引き下げた
Appleはサードパーティのアプリストアやサイドロードアプリを認めていないため、iOS開発者はApp Storeにアプリを載せてApp Store規則に縛られるしかないのである。
Appleは、サイドローディングに関する制限を緩和することは「iPhoneのセキュリティを破壊する」と主張している。

Telegramのケースは、一般的な傾向を示している。
いざというとき、開発者は、エコシステムの中心にある企業と直接対決するよりも、手を引く可能性が高いのである。
成功する可能性は低い。
アップル、グーグル、エピック・ゲームズ間の長引く法廷闘争は、開発者がテック大手に固執し、支払いを拒否していく場合に何が起こり得るかを示す訓話となっている。

Epicな法廷闘争

2020年8月、世界で最も人気のあるゲームブランドであるEpic Gamesは、AppleとGoogleのアプリエコシステムに対する「独占」を覆すための計画「Project Liberty」を始動させた。
『Fortnite』の開発元であるEpic Gamesは、iOSとAndroid向けのFortniteアプリに、ユーザーがV-Bucksというゲーム内通貨をEpicから直接購入できるようにするアップデートを忍ばせて、その計画を実現しました。

ユーザーは、Apple App StoreやGoogle Play StoreでもV-Bucksを購入することができましたが、20%多く支払わなければなりませんでした。
当然ながら、これはAppleとGoogleの双方にとって好ましいことではありませんでした。
新しい支払い方法が導入されたのと同じ日に、AppleとGoogleは、プラットフォームの規則に違反しているとして、それぞれのストアからFortnineを削除しました。

Epicは、AppleとGoogleが独占禁止法に違反していると主張し、2つの別々の訴訟を起こしました。Appleは、Epicが「Appleを使って私腹を肥やそう」としていると非難してEpicを反訴し、Googleもそれを追随した。

昨年9月、米国の裁判所は、10件の申し出のうち9件でAppleに有利な判決を下し、Appleに大きく味方した。
判事は、この訴訟の文脈ではAppleは独占企業ではないとし、30%の手数料を徴収し続け、ユーザーがサードパーティのストアにアクセスすることを拒否し続ける白紙委任状を与えたようなものだった。
その上で、裁判所はEpicに対し、所有権使用料と利子で合計600万ドルをAppleに支払うよう命じた。
ただし、Appleは、開発者がApp Store内に外部の支払いオプションへのリンクを挿入することを許可することも命じられた。
この判決は現在、AppleとEpicの両社によって控訴されている。

Epic GamesはGoogleとAppleに挑戦したが、ささやかな成功を収めたに過ぎない
写真: Joshua Hoehne on Unsplash

Google対Epicの裁判はまだ続いている。
長く続いている法的な武勇伝の最新の展開として、Epic社はGoogle社を、ビジネス上のライバルが独自のアプリストアを立ち上げないように金を支払ったと非難した。
Epicとデートアプリ開発者のMatchは、Googleが「トップアプリ開発者との秘密取引に10億ドル」をばらまいたと主張した。
Googleはそれを否定し、単に「新しいコンテンツや更新されたコンテンツをリリースする際に、Google Playユーザーに特典や早期アクセスを開発者が提供するよう、開発者にインセンティブを与えている」と主張している。

Epicは望んでいたことをすべて達成したわけではないかもしれませんが、AppleおよびGoogleとの知名度の高い法廷闘争は、疑わしいアプリストアの慣行にさらに光を当て、規制当局からの注目も集めることになりました。

嵐が吹き荒れる

Epicの告発は、過去2年間に米国当局がGoogleに対して起こした一連の反トラスト法違反訴訟での主張と呼応しています。
そのような訴訟の1つで、米国の各州の司法長官は、Googleが「潜在的な競合アプリストアを標的にした」と非難しました。
この訴訟では特に、グーグルが人気開発者に金を払うことで、グーグルのプレイストアに代わるサムスンアプリストアを潰そうとした、さらにはサムスン自体も潰そうとしたと主張している。

Appleとは異なり、Googleはサードパーティーストアとサイドローディングを許可している
つまり、ほとんどのAndroid端末にプリインストールされているGoogle Playストアの他に、ユーザーは代替アプリストアをインストールし、そこからアプリをダウンロードすることができるのです。
Androidの代替アプリストアとしては、Amazon Appstore、Samsung Galaxy Apps、Huawei AppGallery、F-Droidなどがよく知られています。
後者は、無料かつオープンソースのアプリに焦点を当て、広告もトラッキングもないのが特徴です。

Googleがユーザーに代替ストアの利用を認めていることを考えると、同社に対する反トラスト法違反の主張はより微妙であり、より揺らいでいるようです。
同時に、Googleは、自社のGoogle Playストアで開発者が利用できる支払い方法を制限している。
App Storeと同様、Google Play Storeでは、開発者の最初の年間収益100万ドルに対して15%の手数料が課され、収益が年間100万ドルを超えると30%の手数料が課され続ける。
書籍を提供するアプリなど、特定のカテゴリのアプリは10%という低料金を支払うことで済む。
2022年6月1日、GoogleはGoogle Playの課金システムの利用を義務化した。
Googleは、「代替のアプリ内課金システムを使用しているアプリは、Paymentsポリシーに準拠するためにそのようなシステムを削除する必要がある」と述べているが、ポリシーの実施は非常に選択的で、アプリの国やカテゴリによって、一部の開発者に影響を与え、他の開発者は免除されている。
そのため、Googleは韓国ではポリシーを実施せず、インドでは反トラスト法の命令を受けて無期限で停止しました

Googleは結局、非ゲームアプリの開発者がユーザーにサードパーティの支払いオプションを提供することをインド、オーストラリア、インドネシア、日本、欧州経済領域で許可したが、米国では許可しなかった
グーグルがゲームアプリにそのようなこと許可しなかった理由は、おそらくゲームアプリは大金をもたらしてくれるからだ。
2020年、ゲームアプリは全世界のGoogle Playアプリの収益の83%を占めている

GoogleもAppleも、自分たちが課す高額な手数料は、比類のないレベルのセキュリティによって正当化されると主張しています。
この費用は、開発者ツールの構築、不正行為の検出、アプリにマルウェアがないことの確認、その他安全に使用するための費用に充てられると彼らは言う。
しかし、この主張には説得力がない。堅牢な審査やモデレーションプロセスがあるはずなのに、悪質なアプリが定期的App StoreやGoogle Playストアに入ってきてしまうのです。
これらの悪質なアプリの中には、ユーザーデータを盗むことができるものさえあります。

独立系アプリストアはアプリを審査するためのリソースが少ない一方で、AppleとGoogleは、確実ではない審査サービスに対して過剰に課金しているのではないかという疑問があります。

Googleもアプリストアの独占を利用した
写真: Pawel Czerwinski on Unsplash

GoogleとAppleはまだアプリ市場の巨人のように見えるかもしれないが、隠せれた欠点もある。
Googleは今、数多くの訴訟をかわしていかなければならない。
米司法省は、Apple社に対する反トラスト法訴訟も検討していると伝えられている
今年3月、EUは、GoogleとAppleのアプリストアなどでのビジネスのやり方を一変させる可能性のある法律に大筋で合意した。
デジタル市場法(DMA)と呼ばれるこの法律は、11月1日に発効し、2023年5月から適用される予定だ。
DMAの下、大手ハイテク企業は、EUで事業を継続したい場合、「開発者が代替のアプリ内決済システムを使用できるようにするか、エンドユーザーが代替のアプリストアをダウンロードできるようにする」ことを認めなければならなくなる。
しかし、アプリストアの問題はこれだけにとどまりません。

不明瞭な審査プロセス

おそらく、もうお察しでしょう。
GoogleとAppleの開発者に対する(誤った)扱いについて、私たち自身が彼らに恨みを抱いていなければ、これほどまでに怒りを爆発させることはなかったでしょう。

GoogleとAppleは、自分たちの世界では事実上の独占企業であり、ストアの審査ポリシーで裁判官、陪審員、死刑執行人を演じているのです。
ある人は、彼らは私企業であり、彼らの壁に囲まれた庭園で成長しようとするアプリケーションに対して好きなようにする権利があると主張するかもしれません。しかし、このシステムは不公正の臭いがし、イノベーションを阻害し、ユーザーに不利益をもたらす。

Googleは2014年に、曖昧に表現されたストアルールのひとつに違反したという理由で、AdGuardをPlayストアから削除しました
このルールは、Googleがそう望みさえすれば、間違いなく多くのアプリをストアから削除するために引き伸ばすことができるだろう。
しかし、1つだけ確かなことは、AdGuardのようなネットワークレベルの広告ブロッカーは、Googleがユーザーからお金を稼ぐ能力を妨害していただろう、ということです。

アプリストアのモデレーションポリシーの問題は、それが曖昧で解釈の余地があるだけでなく、一貫性のない形で施行されることです。Appleが*「他のアプリのパフォーマンスや機能に干渉すること」を禁止するポリシーを施行することを決めた後、2017年にiOS向けAdGuardアプリのシステム全体の広告ブロック機能を手放さなければなりませんでした。
このポリシーはまったく新しいものではなく、AppleがSafari以外の広告ブロッカーに対してそれを振り回すことにするまで休眠状態であったようです。
Appleが2018年に非VPNアプリがVPNプロファイルを使用することを禁止した後、私たちはこのアプリを現在の形で中止し、Safariでの広告ブロックの改善に注力しなければなりませんでした...
ただAppleは方針を転換してVPNトンネルを構成するためのAPIの使用に関する制限を緩和しています。
確かに、私たちはAppleから今後の方針変更について何の警告も受けていない。

そして、このプロセスのファンでないのは、私たちだけでは到底ありません。
すでに述べたDurovの苦情によると、Telegramは「技術独占企業がすべてのモバイルアプリに課した不明瞭な『審査プロセス』の影響で、タイムリーなアップデートをプッシュできない」ことが多い。
時にはアップデートが数週間審査プロセスに引っかかり、あまり返答がない、と彼は述べている。
Telegramのような大企業が苦しむのであれば、小さなアプリはもっと苦しんでいるはずだ。Durov氏が指摘するように。単に士気を下げるだけでなく、世界中の何十万ものモバイルアプリに直接的な金銭的損失を与えているのです」

小さな市場が道を切り開く

アップルやグーグルは、規制の嵐を切り抜けたいのであれば、アプリストアに対する影響力をある程度放棄しなければならないだろう。実際、いくつかの国の規制当局は、すでにハイテク大手を後手に回らせることに成功している。

今年、韓国では、GoogleとAppleが開発者に自社独自の決済システムを使用することを強制することを禁止する法律が承認された
両社は現在、国内でのアプリ内課金にサードパーティの決済システムを使用することを認めている
オランダでは、Apple社が、オランダの反トラスト当局から500万ユーロ(約560万円)の罰金を科された後、地元のデートアプリが別の課金方式を使うことを許可している。アップルはまた、Netflixのような日本の「リーダーアプリ」に、App Store以外の支払い方法によるサインアップを含めることを認めることに合意した日本の規制当局が同社に対する調査を打ち切るのと引き換えに

アップルとグーグルのアプリ配信・決済モデルには、より多くの国から非難を浴びることで亀裂が入り始めている。
しかし、大手ハイテク企業は戦わずして屈することはなく、間違いなく、あらゆる手段を使って弾丸をかわすだろう。例えば、アップルが代替決済手段を認めざるを得なかった韓国では、同社は第三者プロバイダーが処理したすべてのアプリ販売に26%の手数料を課している
つまり、App Storeで15%の軽減税率の適用を受ける韓国のアプリ開発者は、代替支払方法に切り替えた場合、ほぼ2倍の金額を支払うことになるのです。

何かしなければならない

要約すると、アプリストアを扱う場合、今にも爆発しそうな火薬庫の上に座っているようなものです。GoogleとAppleは、直接的または間接的に代替手段を抑制しながら、市場での支配力を享受しています。アプリ開発者にとっては、長引く審査プロセス、高額な手数料、ストアのルールを施行する際のAppleとGoogleの透明性の低さなどを意味することが多い。また、広告ブロック機能を持つアプリなど、一部のカテゴリのアプリが技術大手の脅威とみなされ、彼らからの支持を失い、再び許可されなくなる可能性があることを意味する。
例えば、Android用AdGuardアプリは手動でのみダウンロード可能である理由は、Googleがネットワークレベルの広告ブロッカーのGoogle Play経由での配布を禁止しているためです。

個々の企業がこのシステムに挑戦することは失敗する運命にあり、AppleとGoogleを抑制するためには、互いに協力し合う規制当局に委ねられることになる。
この2社の覇権により被害を被っているのは、アプリ開発者だけではない。
ユーザーが、最も苦しんでいるのです。
App StoreやGoogle Playの審査に通らなかったために、せっかくのアプリをインストールすることができないのです。また、アプリストアが開発者から徴収する手数料を負担しなければならず、開発者はそれを価格に反映させなければならない。

権力の統合を減らすことは、健全な競争をもたらし、イノベーションを促進し、ユーザーに利益をもたらすばかりです。

この記事を気に入っていただけましたか?
コメントをダウンロードされますと利用規約とポリシーに同意したことになります。

AdGuard
for Windows

AdGuard for Windowsは、単なる広告ブロッカーではなく、広告をブロックし、危険なサイトへのアクセスを制御し、ページの読み込みを高速化し、不適切なコンテンツから子供を保護する、多目的ツールです。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard
for Mac

AdGuardはmacOSの仕様を念頭に設計されたユニークな広告ブロッカーです。 ブラウザやアプリで広告を取り除くだけでなく、個人情報追跡、フィッシング、詐欺から端末を守ります。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuard
for Android

AdGuard for Androidは、Android搭載端末に最適なソリューションです。 他のほとんどの広告ブロッカーと違って、root権限を必要とせず、アプリでのフィルタリング、アプリ管理など、幅広い機能を提供しています。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard
for iOS

一番効果的なSafari用広告ブロッカー。ポップアップ広告を除去し、ページの読み込みを高速化し、個人情報を保護します。手動要素ブロックツールと柔軟にカスタマイズ可能な設定により、ニーズにぴったり合ったフィルタリングを楽しみいただけます。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard拡張機能

AdGuardは、Webページ上のすあらゆる広告を効果的にブロックします。また最速で軽量な広告ブロック拡張機能です!是非AdGuardを使って広告のない高速で安全なブラウジングをお楽しみください。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7

AdGuard for Safari

Appleが新しいSDKの使用を開発者全員に強制し始めてから、Safari用の広告ブロック拡張機能は苦境に立たされています。AdGuard拡張機能は、Safari用の高品質な広告ブロック機能を復活させることがミッションです。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7
App Store
からダウンロード
ダウンロード
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard Home

AdGuard Home は、広告とトラッキング(追跡)をブロックするネットワーク全体用ソフトウェアです。 セットアップを完成すると、全ての家庭内デバイスをカバーし、クライアント側のソフトウェアさえ必要ありません。 Internet-Of-Thingsや接続するデバイスの登場と伴って、ネットワーク全体を制御することがますます重要になってきています。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7

AdGuardコンテンツブロッカー

AdGuard Content Blockerは、コンテンツブロッカーテクノロジーをサポートするモバイルブラウザー(Samsung Internet、Yandex.Browser)のすべての種類の広告を排除します。 Android for AdGuardよりも制限されていますが、無料で簡単にインストールでき、広告のブロック品質も高いです。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
詳細

AdGuardアシスタント

“AdGuardデスクトップアプリのお手伝い役”ブラウザー拡張機能。カスタム要素のブロック、Webサイトのホワイトリストへの登録、報告の送信などといった機能に直接ブラウザーからアクセスできるようにします。
ユーザーレビュー: 19452
星5つのうち4.7
Chrome用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Firefox用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Edge用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Opera用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Yandex用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
インストール
ダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
Safari用アシスタント これは現在お使いのブラウザですか?
お使いのブラウザが見つからない場合は、AdGuard拡張機能の設定にある旧レガシーアシスタント版を試してみてください。
AdGuardをダウンロード中です AdGuardをインストールするには、矢印が指してるファイルをクリックしてください 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!
以下のQRコードをスキャンすることでモバイル端末にもAdGuardをインストールできます。