2019年の振り返り

一年をを振り返るのっていいですよねー。ゆっくりお茶でも飲みながら過去1年間に経験したことを思い出したり、笑い話にしたり。「私たち」と言うときは、AdGuardチームだけでなくユーザーの皆さんも意味します。

AdGuardに何が起こっても、ユーザー様もその影響を体験するからです。

2019年は、さまざまな良いことも悪いこともありましたが、良いことのほうが多かったです。

ビッグリリース、AdGuardアニバーサリー、マニフェストv3の件...語るべきことがたくさんあるので、すぐに始めましょう。

1月24日

2019年は大まかなスタートを切った。今年の最初の記事は、Google Chromeの提案された拡張プラットフォーム変更に関するAdGuardのCTO、Andrey Meshkov氏によるコメントです。これらの変更は、基本的に「Manifest v3」として知られるようになったものです。ChromeAPIに対する一連の変更で、他の多くの拡張機能に加えて、すべての拡張機能ベースの広告ブロッカーを損なう恐れがありました。

一年を通して話題になっていました。話がどんどん進むにつれて、それについてさらに2つの記事を公開しました。 5月31日に別のコメントをリリースし、11月15日にさらに詳しく技術的な側面を説明しています。

この状況はまだ終わっていなく、2020年にもさらなる発展があるでしょう。

3月6日

AdGuardブラウザ拡張機能v3.0で、2019年の最初の大リリースを出しました。UIが完全に変更され、ステルスモードが追加されました(以前はAdGuard for Windowsアプリにしかなかったもの)。

AdGuardブラウザ拡張機能バージョン3.0

今ではすべてのAdGuardユーザーに馴染みのあるフィルターグループも初めて導入しました。全体的にも、これは間違いなく、AdGuardブラウザ拡張機能の歴史の中でも最重要な更新です。

3月21日

わずか数週間後、同様な変更がAndroidアプリに 。なんとバージョン番号も「Android用AdGuard 3.0」と、拡張機能と同じでした。

AdGuard for Androidバージョン3.0

このアプリバージョンも、プライバシーを保護するためのステルスモードモジュールを備えていました。デザインが劇的に変更され、待望のダークテーマも追加された。もちろん、他の変更もありました。記事をご覧になれば、簡単にご確認できます。

4月22日

すべてのAdGuard製品はプライバシーを重視しています。もちろんのこと、AdGuardウェブサイトもそうでなかったらおかしいです。

4月に、AdGuardマイ・アカウントに2要素認証(または2FA)を追加しました。2FAは、通常のログイン/パスワードのペアに加えて、ユーザーがログインするための追加の証拠を必要とする認証方法です。

マイ・アカウント設定で2FAをオンにできます

これは任意オプションですが、オンラインプライバシーを重視する場合は有効にすることを強くお勧めします。

4月24日

Appleが、従来のブラウザ拡張機能をサポートしないSafariベータ版を発表したわずか2日後。

ちょっと恐ろしいところでしたが、AdGuard for Safariを開発することでこのシチュエーションを最大限に活かすことができました。現在、App StoreのSafari用AdGuardは他ブラウザのAdGuardブラウザ拡張とほぼ同じくらい強力です。

5月30日

この日は今でも鮮明に覚えています。これはおそらく、AdGuardの歴史の中でも最もリリースが多かった日です。みてみてください:

  • Mac用AdGuard v2.0には、新しいUI、CoreLibsフィルタリングエンジンとの統合、AdGuard Extra拡張機能、およびステルスモードが追加されました。

  • Android用AdGuard v3.1はキラー機能を提供できませんでしたが、開発者は“宿題”をうまくこなし、v3.0で見落とされていたあらゆる種類のバグやその他の不快なものを修正しました。

  • Windows用AdGuard v7.0は、おそらくMac用AdGuard v2.0よりもさらに大きなアップデートでした。新しく導入されたものは?先ずはもちろん、新デザイン:

AdGuard for Windows v7.0はダークテーマを追加

自動クラッシュレポート、巨大なCoreLibsアップデート、AdGuard Extra拡張機能...たくさんの便利な機能が追加されました。詳細は記事にあります :)

しかし、なぜ私たちは1日で3つの大きなアップデートで自分自身とユーザーを拷問したのでしょうか?翌日、この質問に対する答えがもたらされました...

5月31日

それは、6月1日以降になっていれば、「Hello, world!」さえリリースできなくなっていたからです。

AdGuard 10周年の準備をしていました!そのような日は特別なアプローチを必要とし、私たちはあなたとこの日を共有するために最善を尽くしました。
大きなセール、Andrey Meshkov氏(AdGuardの共同設立者)によるレター、そして私たち独自で開発した非常にリアルなゲームを用意しました!

そう、ゲームを作りましたよ

ところで、このゲームはまだプレイ可能です!ただし、他の人よりも優れているという満足感を除いて、賞品を獲得することはもうできません。

キャンペーンはあちこちで少々の問題がありましたが、そのような規模のプロジェクトを実行しようとすると仕方ありません。
私たちはその結果に非常に満足しており、皆さんもそうであったことを願っています。もしご参加いただいていたら、ぜひコメント欄でこの日のご感想を書いてください!

6月10日

記念日の後、10日間過ぎたところで、別の大きなリリースを出すことができました:AdGuard v3.0 for iOS。そこで行われた変更の量は本当に印象的で、恥ずかしがる必要もなくちょっと自慢しちゃいます。

まず、ルール数の制限が50,000から250,000に増加。まさに5倍!

そしてついに「DNSプライバシー」を追加しました。iOSユーザーがAGでカスタムDNS設定を設定し、DNSフィルターを使用してSafari以外のアプリやブラウザーで広告をブロックできるようになりました。この機能がアプリの寿命にとってどれほど重要であるかを誇張することは困難です。その他に、ダークモードも追加しました。

広告ブロックもスタイルよくブロック

ここでは記事全体をコピー&ペーストしたくないので、詳細を振替たい場合は記事をチェックしてください。

6月11日

ほぼ6か月間の開発の後、Safari用AdGuard v1.3を公開する準備が整いました。
このアップデートにより、AdGuard for SafariはAdGuardの(Appleブラウザの新しいバージョンでは使用できなくなった)Safariブラウザ拡張機能のちゃんとした後継製品として強固になりました。

v1.3では、CSS、JavaScriptルールなどの高度なブロックルールのサポートを追加しました。そして、新しいSafari制限の下でこれを行う最初のブロッカーでさえありました!

7月23日

1か月間程度、特になにも起きませんでした。

が、突然、AppleはVPNベースのiOSアプリのガイドラインを変更し、今回はAdGuard Proを蘇らせるほどブロッカーにとっていい方向に。

AdGuard Proはコンテンツブロッカーアプリなので、イケる感じ

iOS向けAdGuard Proの詳細については、リンク先の記事をご覧ください。手短に言えば、これらのガイドラインの変更は、以前は立ち入り禁止だった長年苦しんでいるアプリのアップデートが再び許可されたことを示しています。

私たちのiOSチームは、2019年の残りをiOS用の通常のAdGuardアプリの強化に費やしましたが、2020年はAdGuard Proにとって画期的な年になるはずです。

8月16日

AdGuard v2.1 for Macの夏の終わりのアップデートは、あなたの心を吹き飛ばすことはなかったでしょうが、そうではありませんでした想定されていません。
これは単なる「品質向上アップデート」であり、CoreLibのいくつかの改善があり、大きな変更があったとしてもごくわずかです。とにかく、AdGuard 2019カレンダーで位置を占めており、私たちはそれを無視するつもりはありません。

8月20日

Android用AdGuard v3.2は、機能満載であったにもかかわらず、記録的な速さで開発されました。残りについては記事を読むことができます:

  • 機能発見:この機能やあの機能が何のためにあるかわからない場合

祖先は大陸を発見していたりして、私たち現代人はアプリ機能を発見する

  • ユーザースクリプトのサポート:AdGuard for Windowsのように!

  • DNSユーザーフィルター:通常のユーザーフィルターに似ていますが、DNS用

  • カスタムホストファイルのサポート:ホストファイルは人気ですからね。

9月12日

この日は、Windows用AdGuard v7.2のリリースによってマークされました。これはいわゆる「日常茶飯事」アップデートであり、いくつかの厄介なバグに対処し、CoreLibsに取り組み、インストーラーを再設計しました。

AdGuard for Windowsの新インストーラー

このインストーラーには、独自のクラッシュレポートツールも備えました。【ネタバレ】後ほど、このインストーラーは最も不思議なクラッシュのいくつかを捕らえるのに役に立ちました。

9月16日

AdGuardには、ユーザーの個人データを改ざんする怪しいブラウザ拡張機能とモバイルアプリを暴露した歴史があります。、およびこの例、およびさらにこちら

今回は、偽の広告ブロック拡張機能をいくつか暴露しました。これらの2つのアドオンには、かつて1.6百万以上の「毎週アクティブなユーザー」がいました。損害を推定することは困難ですが、私たちの推定によると、毎月数百万ドルである可能性もあります。

本リサーチのおかげで、両方の拡張機能は、記事の公開から数日後にGoogleによってブロックされました。

9月20日

それまでに、AdGuard for SafariはAdGuard製品ファミリーの本格的なメンバーとしての地位をマークし、バージョン1.5アップデートはそれをさらに固めただけです。現在、最大300,000ルールを同時に使用できます(以前のバージョンでは50,000でした)。新しい「コンテンツブロッカー」画面も導入しました。

必要な情報全部一箇所に

AdGuardの設定にあり、どのコンテンツブロッカーが有効になっているか、現在使用されているフィルター、およびそれぞれが5万ルール制限にどれだけ近づいているかに関するすべての詳細を提供します。

9月23日

そこから、iOS用AdGuard v3.1のリリースの時間でした。 AG for Safariと同様に、新しい「コンテンツブロッカー」画面を追加して管理できるように。また、まったく新しいコンテンツブロッカーである「セキュリティ」も追加しました。

Safari設定でコンテンツブロッカーをオンにする方法(念のため)

言及すべきもう1つの変更点は、「コンテンツブロッカーアフィニティ」により、フィルタリングの品質が向上したことです。基本的に、異なるコンテンツブロッカーのルールが連携して機能するようになりました。

10月4日

9月27日に、広告ブロック業界の主要なプレーヤーはアムステルダムで開催されたAd Blocker Dev Summit 2019で会い、知識を共有し、コミュニティを強化しました。AdGuardは、Eyeo、Adblock Plus、Google、Brave、Opera、Cliqz、他企業、大学、独立した広告ブロックコミュニティの代表者などとともに参加しました。

AndreyとDaria見つけられます?

かなりスケジュールがうまっており、Chrome拡張機能のロードマップとマニフェストV3、広告ブロックの歴史と未来、広告ブロックの機械学習技術、勝利した法的戦い、そして今後の予定、広告ブロッカーと迂回会社間の軍拡競争、新しいWebの収益化の方法と、その他の興味深いトピックについて語り合いました。

私たち自身の目で見ると、広告をブロックするコミュニティは確かにコミュニティです。サミットは、私たちの誰もが自分でやることを夢見ていた以上に多くのことができることを証明し、2020年のサミットに参加することを楽しみにしています。

10月25日

この日、AdGuardは新しいライセンスシステムに移行しました。

どういう意味?

主な変更点は、選択できるライセンスの種類が減ったことです。

よくなったの?

多くの人、特に以前にAdGuardに慣れていない人にとって、複数のオプション(スタンダート、モバイル、プレミアム、1デバイス、1+1デバイスなど)をナビゲートするのが難しかったのです...
なので、2つのライセンスタイプを残しました:パーソナル(任意の3つのデバイス)とファミリー(任意の9つのデバイス)。

11月20日

最近、いわゆる偽装トラッカー、および広告ブロッカーがそれらについて何もできないということについて、インターネット上でかなり多くの話題がありました。
広告ブロッカーを回避する方法は確かにシンプルでエレガントでした。

しかし、その方法は無敵ではありませんでした。この記事では、行動方針を説明しましたが、それ以来、すでに多くのことを実施しています。偽装トラッカーが完全に倒されたと言えるようになるまで、それほど時間はかかりません。

11月27日

Mac用AdGuard v2.2は、どのような側面から見ても、「ナイスだね」以外はなにも言えないアップデートでした。カスタムユーザースクリプトの待望のサポートを含む、いくつかの新機能を搭載。

最高の拡張機能は自分で選ぶ拡張機能

ボンネットの下にはいくつかの機能強化も。スクリプトレットと新しい修飾子の両方により、フィルタリングの品質が向上。えっ、あなたもそれらが何であるかを知らないのですか?でしたら、記事を読んでくださいね!

12月18日

年末に向けて、AdGuard DNSの公式リリースから1年を迎えました。ベータ段階を考慮してずっと長い間存在していましたが、とにかくこの日は特別な気分でした。 AdGuard DNSは曖昧な仕掛けとして始まりましたが、今日ではAdGuard DNSなしのAdGuardモバイルアプリは想像できません。
AdGuardアプリについて知らない多くの人々も、AdGuard DNSサーバーを使用するようにスマホやルーターを構成しています。

なんという一年でした! これらの数字を見てください:

AdGuard DNS: 2018 vs 2019

この記事の形式では、それについてすべてを説明することはできませんので、興味がある場合は上記のリンクに進んでください。記事内にはAdGuard DNSの歴史があり、おもしろい統計とインフォグラフィック、さらには将来の展望もあります。

12月24日

正直なところ、Mac用AdGuard v2.3については、2020年に引きずり込みたくなく、今すぐに対処したかったものがあったからリリースしました。

12月25日

AdGuard v7.3 for Windowsでも同様の話だと思うかもしれませんが、違います。全体で70を超える修正/改善、およびいくつかの非常に重要な修正により、Windowsアプリは2019年を締めくくりました。
たとえば、個人アカウントをリンクする新しいオプション:

AG for Windowsをマイ・アカウントとリンクして認証する

スクリプトレットやその他の面白い言葉についてはすでに知っているでしょう。全体として、おそらくあなたが今年手に入れた最高のChristmastギフトではありませんでしたが、悪くもなかったですよね。

12月26日

製品アップデートの三連を完了するには、Android用AdGuard v3.3をキューに入れます。別名:年の最後の更新。フィルタリング機能を強化するための一連の対策には、さまざまなUIの変更(新しいオンボーディングプロセスなど)が伴いました。

新バージョンのオンボーディングスクリーン

プレミアム機能を有効にする2つの新しい方法も追加:adguard.comマイ・アカウント経由とSNS経由。

12月31日

この祝福された日(またはむしろその前の祝福された日)は、この記事を書く日でした。(笑)

本記事をお楽しみいただいていれば幸いです。


2019年のAdGuard関連のお気に入りの瞬間は何でしたか?コメント欄でお知らせください!

2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。

Valery Yanovsky
2019年12月31日
コメント欄はDisqusにより提供されています。コメントをダウンロードするとDisqusの利用規約に同意したことになります。
AdGuardのダウンロードが開始しています! 矢印をクリックするとインストーラが開きます。 AdGuardをダウンロード頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウでAdGuardを「Applications」フォルダにドラッグで移動させてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます! 「開く」を選択し、「OK」をクリックして、ファイルがダウンロードされるのをお待ちください。 ダウンロードが終了し開きましたウィンドウで「インストール」をクリックしてください。 AdGuardをダウンロードして頂きありがとうございます!